2011年10月9日

ピアノにまつわるエトセトラ 03

 やよい先生からの課題、ミーチャンさん作の輪っかに洗濯バサミをいくつかぶら下げた装置をアソコに付けてオナニーしているところを自画録りしなさい、をデジタルカメラの動画モードで提出してから約一週間後、私は、思いがけないプレゼントを受け取りました。
 私自身、記憶の片隅に置き忘れたまま、忘れ去りそうだったあの夏の日の証拠品。
 それは、あまりにもあからさまな、恥辱にまみれた被虐と羞恥の結晶でした。

 輪っかに洗濯バサミの課題自体も、かなり恥ずかしくて屈辱的な体験でした。
 夏に経験したやよい先生とのプレイの中でも、強烈な印象が残っているミーチャンさん作の悪魔のオモチャ。
 それは、靴下とか小さな下着類を干すときに使う、丸いリングに洗濯バサミがいくつもぶら下がっている洗濯物干しを、二まわりくらい小さくして吊るす部分を省いた形状の器具でした。

 今回、送ってきてくれたそれは少し改良されていて、リングは直径20センチくらいの赤いプラスティック。
 やよい先生が使ったのは、そこに普通のプラステイック洗濯バサミが6つ、等間隔にまあるくぶら下がっていましたが、今回のは洗濯バサミが4つ。
 リングの右側と左側に、時計の文字盤で言うと2時、4時、8時、10時の位置に短かいゴムで左右対称にぶら下がっていました。
 洗濯バサミ自体もよくあるやつではなく、金属製で、挟む部分の面積が広く、その部分には柔らかめな滑り止めゴムが貼ってありました。

 送られてきた荷物の底にこの器具をみつけた瞬間、私のアソコがヌルンと緩みました。
 そして、これを付けてオナニーしているところを自画録りせよ、というメール課題を読み、もういてもたってもいられないほどからだが疼いてしまいました。
 この器具を付けると、アソコの穴がパックリ開かれたまま固定されてしまい、恥ずかしい部分の何もかも、奥の奥までが見事に晒されてしまうのです。
 そんな姿を自分で録画して、やよい先生と、必然的に一緒に見るであろうミーチャンさんに提出しなければいけないのです。
 これ以上の恥ずかしい課題があるでしょうか。

 録画までするとなると準備もいろいろ必要ですし、時間もかかりそう。
 ゆっくり誰にも邪魔されない日に行ないたいと思いました。
 幸い、このところ毎週土曜日の午後は、お家に誰もいない時間を過ごすことが出来ていました。
 母は彫金のお教室、篠原さん親娘も、ともちゃんがスイミングスクールに通い始めたので、午後の1時から6時くらいまでは、いつも私一人でお留守番状態でした。
 迷わず、その週の土曜日に決行することにしました。

 土曜日の午後1時半、母たちを送り出して一息ついた後、私は自分のお部屋に閉じこもりました。
 見事な秋晴れの日で、雲ひとつ無く晴れ渡った清々しい午後でした。
 課題をいただいた日から、ヒマさえあれば実行の段取りを考えていましたから、やることは全部シミュレーション出来ていました。
 前の日にピアノレッスンでゆうこ先生にお会いしてもいたので、ムラムラのテンションはどんどん上がっていました。

 お部屋に入って、窓という窓のカーテンを全開にしました。
 秋晴れのやわらかい陽射しがお部屋中に入り込み、いっそう明るくなりました。
 私よりも背の高い、一番大きい窓際の1メートルくらい手前にレジャーシートを敷き、防水クッションカバーを付けたクッションを2つ置きました。
 この防水カバーは、100円ショップと隣接したペットショップで買うともなしにワンちゃんの首輪や引き綱を見ていたとき、偶然みつけたペット用のものでした。
 少しお高かったけれど思わず買ってしまいました。
 私のえっちなおシルやよだれを、ちゃんとクッションまで染み込まないようにはじいてくれていて、重宝していました。

 それから愛用の姿見を、窓からの光が反射したり逆光にならないような位置に置き、鏡の中がキレイに映せて、なおかつ鏡にデジタルカメラが映り込まないように工夫してセットしました。
 モニター部分が外に開く形式のカメラだったので、意外とすんなり出来ました。
 デジタルカメラを固定するのは、前の日に母から借りた三脚。
 ゆうこ先生とレッスンしている写真を撮りたいから、と言って、シャッターの延長コードとともに昨日から借り受けていました。

 テストの意味でその場にしゃがみ、穿いていたスカートをまくってショーツの三角部分を鏡に映しつつ、カメラの角度を微調節しました。
 カメラを動画モードにして、シャッターの延長スイッチを押してみます。
 M字開脚のまま、ゆっくりショーツをずり下げていきました。
三週間くらい前の剃毛課題でツルツルにした私の土手に、ポツポツと密度薄く新しいヘアが芽吹き始めているのが、姿見の鏡に映っています。
 土手を指で撫ぜると、かすかにチクチクするくらい。
 遠目ならまだまだぜんぜんパイパンです。

 延長シャッターを操作して録画を切ってから、ショーツを両膝に引っ掛けたまま立ち上がり、今録画した動画を確認してみます。
 位置はバッチリ、明るさもおっけー。
 デジカメの小さなモニターの中に、自らの手でショーツを下ろしていく私の下半身がガサゴソという臨場感溢れる衣擦れの音とともに、鮮明に記録されていました。
 鼻から下部分くらいからしゃがみ込んだ全身がキレイに録れています。
 裸になればおっぱいはもろに映るでしょうし、もう少し身を屈めれば顔全体も映っちゃいそう。
 自分主演のはしたない動画を見ながら、どんどんムラムラが昂ぶってきていました。
 着ていたものをすべて、そそくさと脱ぎ捨てました。

 今日の妄想は、榊ゆかりシリーズの最新作。

 今年の1月から書きつづけている榊ゆかりシリーズの妄想執筆オナニーのことは、以前、やよい先生とのお電話中、何かの拍子でポツリと洩らしてしまい、すごく興味を持たれて、そのお話をスグ送ってくるようにご命令されました。
 自信作を何篇かメールで送ったら、すっごく褒められて、今後も何かお話を書くたびに送るようにご命令されました。
 そして、やよい先生は、百合草やよい、の本名で、榊ゆかりシリーズへのご出演を快諾してくださいました。
 ついで、と言っては失礼ですが、ミーチャンさんからも、水野美衣子、の本名でドM隷女としてぜひ出演させて欲しい、って頼まれていました。

 百合草やよいさま経営のレズビアンバーで働くことになったゆかりは、カウンターの中でやよいさまがお召しになっていたお気に入りの真っ白なドレスに、誤まって赤ワインを盛大にこぼしてしまうというヘマをしてしまいました。
 やよいさまのドレスは大層お高く、やよいさまは怒り心頭で、どう謝っても許してもらえませんし、すぐに弁償するなんて絶対無理。
 そこで、ドSのやよいさまは、ご自分のご趣味と実益を兼ねて、弁償代を稼ぐために常連さんをたくさん呼んで、秘密のショーを見せることを企画しました。
 そのショーとは、ビアンでSなお客さまばかりで満員のバーカウンター上でゆかりが全裸になり、やよいさまに謝りながらの自虐オナニーをご覧いただく、というものでした。
 お客さまにすべてを見ていただくために、あの輪っか器具でアソコを大きく広げた格好での公開オナニーショー。

 裸になった私は、まず自分のおっぱいを、大好きな上下からロープで絞り込む形にキツク縛りました。
 日頃の練習の成果もあり、この頃の私はかなりスムースに麻縄を扱えるようになっていました。
 この後もいろいろしなければならないので、二の腕ごとは縛れませんが、二つのおっぱいが無残に歪んで乳首がピンと飛び出すように、ロープのブラジャーみたいな形に縛り上げました。
「ああんっ!」
 疼くからだがどんどん敏感になってきて、知らず知らずにえっちな声が洩れ始めます。

 おっぱいの次は両脚。
 鏡前のクッションの上にしゃがみ込み、まず左脚から、折りたたんだ膝が戻れないように、太腿の上からロープを脛に回して左脚を一くくりに縛り上げました。
 右脚も同様にすると、両脚とも膝でUの字にたたまれた形になり、もはや立ち上がることは出来ません。
 お尻をついて座り、両膝を左右に180度広げると、アソコのスジも左右に分かれて、くぱぁと口を開けます。
 でも、今日はこの口を、器具で更に押し広げなければならないのです。

 その前にいつものアクセサリー。
ロープに絞られて肌全体をひきつらせた可哀相なおっぱいの頂点で、ツンと飛び出して存在を誇示している、いやらしい乳首。
 その充血してコリコリになったスケベな突起に、木製の洗濯バサミを噛みつかせます。
「うっ!つぅーっ!」
 少し前までは、こんな痛みには絶対耐えられないと思っていた激痛が、最近では陶酔するほどの快感に変わっていました。
「いっ!つぅぅんっ!」
 右、左と噛みつかせ、さらに両手で左右の洗濯バサミの柄を乱暴に揺らします。
「あーーんっ!」
 乳首が上へ下へひっぱられ、ちぎれそうな感覚とおっぱい全体にジワジワ広がる疼痛。
「うっふうぅーんっ!」
 痛いはずなのに、なぜだか悦びに満ちた、誰かに甘えるようなため息が洩れてしまいます。

 ひとしきり乳首を虐めたら、いよいよ悪魔のオモチャの出番です。
 鏡の前で両膝を大きく開きました。
 アソコの中は、これからされる恥辱な仕打ちの期待に打ち震え、ビショビショのヌルヌル大洪水でした。

 早くもビチャビチャに濡れてしまった右手の指先で、赤いリングに結び付けられた洗濯バサミの一つを掴みました。
 つづいて、私のアソコの割れスジの向かって右上部分、穴に近い土手部分のヌルヌルな皮膚を左指先で引っぱるように一つまみし、つまんだ皮膚を右手の洗濯バサミに噛みつかせました。
「あぁーんっ!」
 鈍い疼痛とともに、敏感になっているアソコ周辺を甘美な刺激が襲います。
 つづいて、さっきの洗濯バサミとは180度反対側の洗濯バサミを、穴の左下部分へ。
「いやんっ!」
 鏡に映った私のアソコは、普通に膝を開いていたときとは大違い、露骨に2ヶ所の皮膚を引っぱられて、いびつな形に変形し、穴の面積も広がっていました。
 アソコのまわり2ヶ所から鈍い疼痛を受けている私の穴は、しきりに粘膜をよじらせて、もっともっととせがんでいるよう。
 ヌルヌルなよだれがお尻の穴のほうへしきりに垂れていき、私の両手の指先は、すでにフニャフニャふやけ始めていました。

「んんーっ!」
 左上部分を洗濯バサミに噛ませると、穴の上半分が大きく半楕円形に広がりました。
 ピンク色にテラテラ光るクリトリスが肥大して完全に露出。
 それを隠していた鞘は不自然に左右から引っぱられて皮が痛々しく引きつっています。
「いやーっ!」
 右下部分が噛まれたとき、私の穴はラグビーボールが太ったみたいな見事な楕円形にパックリと口を開けていました。
 大陰唇と小陰唇が肉襞もろとも均等に引っぱられて左右にそれぞれキレイな曲線模様を描き、その中央でヌラヌラ濡れそぼった鮮やかなピンク色が幾層も重なった、見るからに卑猥な穴が奥へ奥へと誘うようにヌメヌメ蠢いています。

 その穴の頂上に冠のように飾られた、プックリとしてツヤツヤ輝く快楽の象徴たる肉の核。
 穴の中は、濡れそぼっているのにすごく熱そうで、目をこらせば漂う湯気さえ見えてきそうでした。
 その穴の少し下には、惑星に対する衛星のような縮尺で、小じんまりとヒクついているお尻の穴。

 それらのすべてが私の目の前の鏡に、隠すところなく鮮明に映っていました。
 まるで、みんなここをもっとよーく見てっ!って注目を集めたいがために施されたような、キレイな赤色の輪っかに縁取られて。


ピアノにまつわるエトセトラ 04

0 件のコメント:

コメントを投稿