2022年5月8日

肌色休暇二日目~いけにえの賛美 18

 薄闇の中にボーッと浮かび上がるパソコンモニターの青白い光の向こうで、あるじさまがうつむきがちにキーボードを打たれています。
 私が縛り付けられた柱からはノートパソコンの天板の陰となるので、そのご表情までわかりませんが、キーボードを叩かれる音のリズミカルさで物語が着々と紡がれているのであろうことはわかります。

 電マの頭に取り付けられた軟体動物のような触手にマゾマンコをつらぬかれたまま、完全放置状態な私。
 左側からキーボードを叩かれるパタパタという微かな音。
 右側からはリーリーリーと軽やかに晩夏を告げる虫さんたちの声。
 そして本当に時折、思い出したように足下のボウルを打つ、ポタッという恥ずかしい水音…
 拷問具がいつ動き出すのか、ゾクゾク、ソワソワ、ムラムラ怯えている私。

 じっとしていると両乳首を苛むクリップの疼痛が、皮膚の内側で増大してきます。
 膣穴を圧迫するだけな異物感ももどかしい…

 ああんっ、あるじさま、早くスイッチを入れてくださらないかな…
 入れられた途端に恥ずかしい嬌声をあげてしまいそう…
 あっ、でも、ガラス戸まで開けっ放しだから、私の恥ずかしい淫ら声がお庭にまで響いちゃう…

 そんなことを考えつつ、あるじさまのほうを物欲しげに窺いながら5分くらい過ぎた後…
 股間にあてがわれた異物が突然、唸り始めました。

 ンヴゥーーーーーーーーーーーーーーーーーッ…

 低い唸り声と一緒に下腹部が振動に包まれます。
 それも、いきなり、立っていられないほどに激しく。

「はぁぅーっんっ!!」

 ひと声いなないてからは、もう制御不能。
 膣壁に満遍なくへばりついたグミのかたまりみたいな触手が、てんでばらばらにウネウネ震えて膣穴の奥底から全身を揺さぶってきます。
 恥丘を覆うゼリーのような凹凸に、腫れたクリトリスが高速で擦られています。

「あうっ、あんっ、あっ、はうっ、あんっ、あーっ…」

 急激に昂ぶる私。
 柱に縛り付けられているのでしゃがみ込む事も出来ず、前屈み気味になると乳房から二の腕を這う縄が一層素肌に食い込み、不自由なからだがクネクネ身悶えて乳首の鈴がでたらめにリンリン高鳴っています。

「あぁんっ、はぁんっ、ふぅんっ、ひぃっ、ふふぅっ、いいっ、いひぃっ…」

 吸う、吐く、の呼吸すべてが、淫らなヨガり声になってしまっています。
 股の裂け目から快感の粒々がどんどんジワジワ全身へと広がり、脳へとせり上がってきます。

「あんっ、いいっ、ふーんっ、あっ、あっ、あっ、だめっ…」

「いいっ、ああっ、あるじぃ、あるじぃさまぁっ、んーっ、いいっ、いってもぉ、イってもよろしぃっ、んっ…」

 いつものクセで、私を責め立ててくださるかたにお許しを乞う私。

「いっても、んんっ、ああんんっ、もうっ、イッてもよろしぃでしょーかあぁぁぁーッ!!!」

 あるじさまのほうへ顔を向けて必死の懇願をするも、あるじさまはお顔も上げてくださらず、だけどお許しの無いままあっさりイッてしまった私。
 からだ中がガクンガクン震えて体内に火花が駆け巡り頭の中は真っ白に…

 一瞬意識が飛んだ、と思う間も無く容赦無く股間を刺激してくる振動で現実に戻されます。
 より腫れ上がったクリトリスが、より敏感になって…

「あっ、あんっ、もうっ、またっ、いいっ、いいーっ、もうっ、あーーーッ!!!」

 全身を細かく痙攣させてイキ果てた、と思ったらまたすぐに…

「あ、あ、あんっ、いやっ、また、またっ、またっ、またぁーーーーッ!!!」

 イキ癖がついてしまったら、今度こそ完全に制御不能。
 だって電マさまはそ知らぬお顔で、決して許してくださらないから…
 ずっと激しく震えっ放しだから…

「あっ!またっ、あんっ!またイクっ!ごめんなさいっ!またイクゥゥゥゥーッ!!!」

「いやっ!もうっ!もうだめっ!あっ、あっ、あぁぁぁぁーーッ!!!」

 自分でもびっくりするほどの大きな淫声をあげてイキつづけます。
 だらしなく開いた口からはよだれダラダラ。
 足下から聞こえている音がピチャピチャに変わっています。

「いやーっ!許してッ!もうっ!ゆるしてくださいーーッ!だめっ!もうだめっ!ンンンンーーーッ!!!」

「あーっ!いやっ!もうっ!こわれちゃう!なおこのこわれちゃうっ!またっ!だめェーーーーッ!!!」

 絶え間なく襲い来るオーガズムの大波小波に翻弄されるだけの私。
 ギュッと目を瞑り、自分がどこにいるのかも忘れ、思いつくままの懇願を声にします。
 普段ならうっとり酔い痴れちゃう絶頂時の快感が、耐え忍ぶものに変わってきています。

「あうっ、あうっ、あうっ、あうっ、あうーっ、んんんんーーーッ!!!」

 なんで私は、こんなことをされなければいけないのだろう…
 気持ちいいのなんてとっくに通り越して、今の状態はまさしく拷問…

「あっ!いやっ!もうっ!許してッ!だめっ!あんッ、いやーーーーッ!!!」

 だけどこれは私が望んで飛び込んだ窮地。
 自分でからだを柱に縛り付け、何をされても抵抗出来ない状態にしたのは自分。
 そんないやらしいことばかり考えているマゾ牝には、罰が下って当然。

 振動に蹂躙されつづけてどんよりした頭に、そんなとりとめのない悔恨が浮かびます。
 内腿やふくらはぎがビチョビチョに濡れている気がします。
 もう声を出すことにも疲れ果て、快楽の波と同じリズムの唸り声と鼻息を洩らすだけ。

「んーふぅッ!んーふぅッ!んーふぅッ!んーぐぅッ!んふぐぅーーーーッ!!!」

 頭の中が真っ白になり、意識がスーッと遠のいていきました。
 プツンと途切れる寸前に、自分の下半身だけが別の生き物のようにガクガク前後に揺れているのが見えました。

***

 鼻腔をくすぐる甘ったるい刺激臭を感じて目が覚めました。
 えっ?何っ?ここどこ?えっ?…
 目覚めたときのお約束な軽いパニックはすぐ終わり、私の眼前に名塚先生。

 私は背中を柱に預け、お尻を畳の上に置いて両脚を投げ出して、全裸で座っていました。
 バストの縄も股縄も乳首のクリップも股間の拷問具もメイドカチューシャも、全部外されています。
 更にピチピチレオタードも脱がされ、ツインテールも解かれて、私が身に着けているのはいつもの赤い首輪だけ。

「起きたな。さすがに若いマゾ牝は回復が早い」

 名塚先生、いえ、ご口調はまだあるじさまっぽいかな、が私の傍らにしゃがみ込まれ、私の鼻先に小さなグラスを突きつけていらっしゃいました。
 昼間にジョセフィーヌさまと広場にお散歩に行ったときにも嗅いだ果実系の甘い香り、ブランデーの香りです。
 ただ、あるじさまが持たれているグラスの中身は、水で薄めていない原液みたい。

「ほら、これをクイッと飲み干せばいくらかシャキっとするだろう」

 そうおっしゃてグラスの縁を私の唇にあてがってくださるあるじさま。
 グラスが傾き、口内から喉、胃の腑へとトロリとした液体が滑り落ちていきます。
 体内に入った途端にカッと燃えるように全身の細胞がザワついて、五感が戻った感じ。

 ただ、そのあまりに強烈な刺激にケホケホっとむせてしまった私に、すかさず別のお水の入ったグラスを渡してくださる、お優しいあるじさま。
 冷たいお水が喉を滑るに任せてゴクゴクゴク、ふぅーっと一息つくと同時に、からだがポカポカ火照り始めました。

「おまえは本当にいい声出してイクんだねえ。おかげでわたくしも捗って捗って、予定していたよりも随分先まで進んだよ」

 空になった私のグラスに、あるじさまが水差しからおかわりをついでくださいます。
 それもゴクゴク、一息で飲み干す私。

「あれだけ喘いでいたのだから、そりゃあ喉も渇くだろうねえ。小一時間くらいのあいだに二十回以上はイッてたんじゃないか?」

 あるじさまの呆れたようなお言葉が羞恥を呼び、それに伴う肌の火照りで両乳首に血液が集まり、皮膚感覚の敏感さまで舞い戻ってきます。
 私から少し離れられたあるじさまの右手が、スーッと私の右乳房を撫でました。

「ぁふぅーーんッ!」

 自分でもびっくりするくらい大きくていやらしい吐息が自分の口から零れます。

「おまえの縄を解いてやっていたときも、気を失っているようなのに今みたいにいやらしい息吐いて、クネクネ身悶えていたな。張形を抜いたときも、尻の穴までヒクヒク蠢いていた」

 そう言われてみれば目覚める寸前まで、何て言ったらいいのか、凄くマゾ牝好みな、もの凄くえっちに陵辱される夢を見ていたような気もします。

「ほら、もう立てるだろう?ちょっと立ち上がってイリカワに出てごらん」

「えっ?ど、どこにですか?」

「入側だよ。若い子にはわからないか。庭側の廊下のことだ」

 苦笑いされながらあるじさまが教えてくださいます。
 よろよろと立ち上がった私は、まだガラス戸を開け放したままなお庭側の板の間に、そっと足を踏み入れます。

 網戸から室内よりほんの少しだけ冷たい空気が全裸の素肌を撫ぜて、火照っているからだに気持ちいい。
 んーーっと背伸びをしてからふと足下を見ると、板の間に置かれた白いボウル。

「それがおまえの淫乱なおまんこから延々と垂れ流されたドスケベ汁だ。張形を抜くとき、潮も勢い良く溢れ出ていたがな。それに臭いから言って小便も少なからず混ざっているだろうな」

 直径60センチはあろうかというボウルの白い底を満遍なく、少し泡立って透明度も低めな粘性ぽい液体が、水深1~2センチくらい溜まっています。
 これ全部、私のマゾマンコから分泌されちゃったんだ…
 喩えようのない恥ずかしさがゾワゾワっと全身に駆け巡ります。

「おまえは本当にどうしようもないドマゾ牝なんだな。さっきあれだけイキ果てたクセに、こんなものを見てまたサカリ始めてマゾ臭さをプンプンさせている。辱めを受けたくて仕方ないんだろうねえ」

 心底呆れ果てたというお顔で裸の私をジロジロ眺められるあるじさま。
 その蔑まれたご様子に私のマゾセンサーがまた、性懲りもなくウズウズ。

「でもわたくしは明日、人と約束があるから午前中に寺田と出かけなくてはならない。原稿も進んだことだし、今夜は早めに眠ることにする。だからその前にわたくしの寝酒につきあってくれると嬉しい」

 あるじさまが名塚先生にお戻りつつあるみたい。

「片付けはわたくしがやっておくから、あなたは汗を流していらっしゃい。外風呂の場所は知っているわよね?」

 たおやかなご口調、どうやら完全にお戻りになられた名塚先生。

「あ、はい…」

「悪いけれど、その洗面器も一緒に持って行ってお風呂で綺麗に洗ってきてくださると助かるわ」

 そうおっしゃってニッコリ笑われます。
 ご本心なのか辱めなのか、どうにも量りかねてしまいます。

「そこにある履物、どれでも使ってちょうだい。なるべく早く戻ってきてくださると嬉しいわ」

 おっしゃりながら網戸をスルスルっと開けてくださった名塚先生に、あ、はいっ、とお返事し、自分の恥ずかしい液体が溜まったボウルを両手で持ち上げます。
 やだ、思っていたよりちょっと重い…ずいぶん出しちゃったんだ…
 考えた途端に恥ずかしさがぶり返します。

 お部屋の灯りでぼんやり見えるウッドデッキに並んだサンダルのうち、白っぽく目立つ一揃いをつっかけ、ウッドデッキに降り立ちます。
 両手で捧げ持つように自分の淫らな分泌液が溜まったボウルを持ち、タオルも着替えも持たずな素っ裸で。

 お空には満点のお星さまたち。
 闇の中にぼんやり、昼間吊るされた立木が見えます。
 あの辺りまで歩いて行って左側を見れば目隠しの木立、それ沿いに建物のほうへと寄ったところに、あのシースルーバスルームがあるはずです。

 脳内シミュレーションを終え芝生に降り立ったところで、右前方からワンッと一声。
 ほどなくタッタッタと近づく足音はジョセフィーヌさま。

「あんっ!」

 私の足下にまとわりつくように戯れつかれ、ときどき私の剥き出しのお尻をぺろりと舐めてこられます。
 両手で持っているボウルがグラリと傾き、危うく自分の恥ずかしい液体を自分のからだに浴びせそうになります。

「あぁんっ、ごめんね。今は遊んであげられないの…」

 内腿と内腿のあいだを狙ったように舌を伸ばしてこられるジョセフィーヌさまから逃げるように、早足で立木にたどり着くと、左斜め前方、暗闇の中でボーッと光を放つバスルームが視認できました。
 どなたかが電気を点けてくださったのかな…?
 
 これだけの立派なお屋敷ですから、各施設の電気のオンオフくらい邸内からコントロール出来るのだろうな、とさして不思議にも思わず、その灯りを目指して歩を進めました。
 ジョセフィーヌさまも私がバスルームに向かっていると気づかれたのでしょう、急におとなしくなられ、私の右側にぴったり寄り添いエスコートしてくださるようについてこられます。

 無事バスルームに着き、ボウルをいったん地面に置いて、横開きのガラス戸を開きます。
 再びボウルを持ち、私が中へ入ろうとすると、扉の手前一メートルくらいの芝生にちょこんと座られたジョセフィーヌさまが小さくワンッと吠えられ、名残惜しそうに見送ってくださいました。

 このバスルームを使わせていただくのは今日だけでもう三回目ですから、勝手知ったる他人のお家という感じでタオルやソープをお借りし、首輪を外してさっさと浴室へ。
 
 ぬるま湯シャワーを流しっぱにして、まずはボウルの洗浄。
 恥ずかしい液体を排水口に流してから、スポンジでボウルの底面をゴシゴシ。
 高い位置に固定したシャワーの真下で作業していますから、あっという間に私もびしょ濡れ。

 シャンプーとトリートメントをちゃちゃっと済ませて髪の毛を頭上にまとめてから、ゆっくりと熱いシャワーをからだに浴びます。
 ソープを泡立てて全身を撫ぜていると、リラックスと一緒にあらためて今日一日の出来事が思い出されます。

 私今日一日で、どれだけイッちゃったんだろう…
 広場で吊るされ、お庭で吊るされ、あるじさまに虐められて、寺田さま、中村さまから辱められ、ジョセフィーヌさまにももてあそばれて…

 あるじさまは、もう今夜はおやすみになられるとおっしゃっていたけれど、私はお姉さまとのお部屋に戻って一緒に寝られるのかな?
 それにしてもさっきの電マ責めは凄かったな、本当に壊れちゃうかと思った…でも、無慈悲な拷問っていう感じが凄くヨかった…
 あ、そうだ、明日の朝もほぼ裸で、ジョセフィーヌさまとお散歩に行かなければいけないんだった…

 反芻しているうちに性懲りもなくムラムラも芽吹き、思わず両手を所定の位置に滑らせたくなってしまうのですから、困ったものです。
 いけないいけないとシャワーを冷水にして自分を律し、ボウルを携えて脱衣所に戻ります。

 バスタオルで髪の水気を丹念に拭った後、フェイスタオルを頭に巻いてから全身を拭います。
 シャワーしながらその部分を揉むようにマッサージもしていたのですが、両方の二の腕外側にまだくっきりと縄目の痕が残っています。
 そんなにきつく縛っちゃっていたんだ…とその痛々しい凸凹を指でそっと撫ぜたり。

 首輪を嵌め終えて少し迷いましたがバスタオルは巻かずに籠に戻して、そのまま戻ることにします。
 白いボウルに液体はもう入っていないので縁を右手で持ち、全裸のまま芝生に出ました。
 ジョセフィーヌさまのお姿が見えないのは、おそらく待っているのもご退屈になられ、ご自分の寝床へと戻られたのでしょう。

 夜も更けてお星さまたちがたくさん一層キラキラ瞬き、虫さんたちの音も増えた気がします。
 木立のところまで戻ったところでボウルを芝生に置き、両手をお空に大きく広げてンーーッて深呼吸。
 暑くもなく寒くもなく、すべて剥き出しの素肌に当たるそよ風が心地いい。

 何も着ていない状態に慣れ過ぎちゃったかな…
 この旅行のおかげで私、裸族になっちゃいそう…
 あ、でも東京でもこの季節は、お家でもオフィスでもほとんど裸で過ごしてたっけか…

 そんなしょーもないことを思いながら、ウッドデッキまでたどり着くと、網戸越しのガラス戸の向こう側がなんだかお賑やかそうな状態になっていました。

 網戸を滑らせガラス戸をそっと開けると…

「あっ、帰ってきた」
「やだっあの子、お風呂からそのまま真っ裸で戻ってきたんだー」
「本当、根っからの見せたがり露出狂マゾ女なんだねー」
「これは明日の遠征も大いに期待できそうじゃん…」

 一斉にかまびすしい嬌声を浴びせかけられます。
 名塚先生は座卓を方向転換されここからはお背中しか見えませんが、右回りに寺田さま、五十嵐さま、お姉さま、中村さまが車座になって畳の上のお座布団にお座りになられ、その中央の空間には何本かのお酒類らしきボトルとおつまみらしき大皿。
 どうやらひと足お先にご宴会を始められていたみたいです。

 恐る恐る板の間に上がり、今更ですがおっぱいと股間をぎこちなく隠しつつ、開けっ放しの障子戸をくぐってお座敷へ。
 みなさまご就寝の準備なのでしょう、オシャレなスェットやジャージをお召しの中、またもやひとりだけ全裸なCFNF状態。
 五十嵐さまが小さなデジカメを私に向けられ、盛んにシャッターをお切りになられています。

「お風呂お疲れー。ほら、オナ子はここにお座りなさい」

 中村さまがからかうみたいにおっしゃって立ち上がられ、お姉さまの右横にお座布団で席を作ってくださいます。
 五十嵐さまとお姉さまに挟まれ、一メートルくらいの空間越しに名塚先生とほぼ差し向かいの位置です。

「お屋敷中に響き渡っていた直子のヨガり声がぷっつり止んだから、そろそろ救出の頃合いかなと思って先生を訪ねたのよ。あたしもイガちゃんもまだちゃんと先生にご挨拶していなかったしぃ」

 お姉さまがご説明くださいますが、少しだけ呂律が怪しいご様子。
 あらためてみなさまのお顔を見遣ると、どなたもほんのり桜色。

「それで来てみたら直子はお風呂に行ってて、先生がこの後少しナイトキャップにもつきあってもらうおつもりっておっしゃったから、それなら我々もご相伴、ってなったの」
「直子が戻ってくるの遅いから、今までの直子の恥ずかしいあれやこれやをサカナにしてたら、ずいぶん盛り上がちゃった」

 とても愉しそうなお姉さまのお顔にホッと安堵すると同時に、なぜだかマゾ的なドキドキも高鳴ってしまう私でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿