2020年9月27日

肌色休暇一日目~幕開け 12

  一度イッたくらいじゃカッパさまは許してくださいませんでした。
 イッているのがわかっているのに、お姉さまに操られたカッパさまは、私のマゾマンコへの出挿りを止めてはくださいませんでした。
 たてつづけに二度、三度、結局合計4回もイカされてしまいました。

 はしたない声を抑えるのも困難になっていたので、最後のほうは手ぬぐいで猿轡をされ、それを噛み締めながらてイキ果てました。
 その時間、旅荘のお庭にいたかたなら間違いなく、私のあられもない喘ぎ声を耳にされたはずです。

「可愛かったわよ。呼吸が落ち着いたら、お部屋に戻りましょう」

 浴槽の縁に腕と顎を乗せ、息だけをハアハア荒げぐったりしている私の上半身を、お姉さまが背後からお優しく抱いてくださっています。
 まだドキドキ跳ねている私の胸を、お姉さまの両腕がやんわり包んでくださっています。
 背中に当たっているお姉さまの硬くなったニップルが心地よく、いつまでもこうしていたい気持ち。

 しばらくそうしているうちにドキドキも鎮まってきて、お姉さまに促されて浴槽を出ました。
 幾分弱まったかな、くらいの残暑の陽差しの中、紛れもない屋外で全裸のふたり。
 お姉さまが先にサクサクと全身の水滴をバスタオルで拭われ、それから私のからだも拭いてくださいました。

 バスタオルのザラついた感触が肌を擦るたび、ゾクゾクッと官能がぶり返します。
 やだっ、たてつづけのオーガズムで、最近よく陥るイキ癖の状態になっちゃったみたい…

「なに肌に触られるたびにビクンビクン感じているの?ひょっとしてもう、どMモードに入っちゃった?」

 お姉さまは私のイキ癖状態を、どMモードとお呼びになります。

「は、はい…なんだかメチャクチャにして欲しい気分です…」

 今の気持ちを正直に告げ、媚びるようにお姉さまを見てしまいます。

「まだ着いたばっかりじゃない?早過ぎ。それに、あたしとふたりきりでメチャクチャにされても、直子には刺激が足りないのではなくて?直子は、辱められる姿を誰かに視られてこそ乱れるヘンタイさんなのだから」

 お部屋への引き戸が開けられ、私の肩を抱いて室内へと押し込まれるお姉さま。
 お部屋に入ると引き戸をピシャリと閉められ、スタスタと冷蔵庫のほうへと向かわれました。

「ほら、これでも飲んで少し落ち着きなさい。まだ陽があるうちに、お庭や館内も散策してみたいじゃない?」

 冷蔵庫から取り出されたスポーツドリンクを手渡してくださいました。
 キャップを捻ってゴクゴクっと一口。
 
 ふーっ。
 冷たい液体が喉からお腹へと染み渡り、性的ではない心地良さ。
 少しだけ理性が戻り、あらためて室内を見回します。

 座卓の上では、私とお姉さまのスマホ、それにハンディビデオカメラが仲良く並んで充電中。
 電車のあいだ中、私の中に埋まっていたローターも、フェイスタオルの上に無造作に置かれています。
 その横に、私を存分に悦ばせてくださったカッパさまがお仲間入りして甲羅干し。
 箪笥のそばでは、お姉さまが全裸のままで、ご自分のバッグ内を物色中。

 考えてみると、ベッドルームならともかく日中の普通の室内でふたりとも全裸、という状況も、あまり記憶にありません。
 こちらへ突き出されている形の良いお尻を眺めながら、温泉旅行に来ている、というありがたみを実感します。

 お隣の、おそらく寝室なのであろう畳のお部屋との襖が開け放たれ、太い木の立派な柱が一本剥き出しとなっています。
 途端に以前見たことのある純日本風な緊縛写真を思い出し、あの柱にあられもない姿で縛リ付けらてみれたい、と思ってしまいます。
 縄を掛ける梁もあるし、後ろ手縛りで片足だけ大きく吊り上げられて…

 目を瞑ってそんな妄想にふけってから目を開けたら、お姉さまはいつの間にか下着姿。
 それも上はスポーツブラみたいな形、下は男性用のボクサーショーツみたいないでたち。
 薄いベージュの布地でお姉さまの宝物が隠されしまいました。

「お姉さま?それって…」
「うん。温泉なら浴衣、と思って持ってきたのよ、和装用の下着。わかっていると思うけれど、直子の分は無いわよ」

 お姉さまがニヤニヤ笑いで近づいてこられました。

「本来着物とか浴衣って素肌の上に下着無しで直に着るものだしね。裸コート大好き人間の直子が浴衣の下に下着なんてありえないでしょ?」
「ちなみに直子が今日着ていた服一式、ワンピも下着も前結びシャツもデニムパンツも、今、洗濯してくれているから明日の朝まで返ってこないわ」

「えっ?いつの間に?」
「キサラギさんを呼んだのよ、直子を露天風呂に締め出した後に。チップ渡すの忘れちゃったから」
「袖の下って、着いた途端に渡しておかないと意味ないじゃない?」
「呼ぶ口実でランドリーサービスを頼んだの。直子がサカって汚したショーツとパンツは渡す前に洗面で軽く水洗いしておいたから安心なさい」

「だから、この宿に宿泊中、直子が着てもいい服はその浴衣一枚だけ。もしくは全裸ね」
「あたしが着終えたら直子に着付けしてあげるから、ちょっとそのまま待っていなさい」

 お姉さまがご自分で選ばれた紫色寄りの青い浴衣の入ったビニール袋を破り、取り出されます。
 その脇には私の水色浴衣のビニール袋。

 そそくさと袖を通されたお姉さまは、慣れたお手つきで前を合わせられ、手際よくウエストに帯を巻きつけます。
 温泉浴衣ですから幅広のちゃんとした帯ではなく、細い一本帯。
 それでも器用に巻きつけた帯に帯の端を何度かくぐらせ、ウエストの左前に羽を開いたトンボさんが上を向いてぶら下がるみたいな、綺麗な帯締め姿になられました。

「どう?」

 浴衣を着終えられ、ちょっとお胸を反らして気取られたポーズをお取りになるお姉さま。
 スレンダーなおからだのラインに沿って真っ直ぐに伸びる浴衣の生地。
 適度に開いた襟元、ほどよく覗く細い足首。
 落ち着いた青色もよくお似合いで、全体的にスラッとシャープで粋な浴衣美人さま。

「ス、ステキです、お姉さま!ステキ過ぎます」

 思わず上ずった声でのお返事になってしまいます。

「ありがと。直子にも着せてあげるから、こっちへいらっしゃい」

 水色浴衣のビニール袋をお手に取り、座卓から離れて引き戸前の広めなスペースに移動されるお姉さま。
 全裸の私も喜んでお姉さまの御許へ。
 ビニール袋を破って浴衣を取り出され広げられたお姉さまのお顔が束の間、おや?という具合に曇りました。

「あたしに背中向けて立っていて」

 ご指示通りに露天風呂のほうへ顔を向けて立ちます。
 ほどなく両肩にパサッと布地が掛かり前合わせが胸を覆ったので、そそくさと両腕を袖に通します。

「ああ、やっぱり…」

 お独り言のようなお姉さまのお声。
 私も羽織った瞬間に気がつきました。

 私が羽織っている水色浴衣、裾が余って床面まで落ちてしまっているんです。
 つまり丈が長過ぎる。
 お姉さまの浴衣姿を見て、同じサイズだったら私が着たらくるぶしまですっぽり隠れちゃうかな、なんて思ってはいたのですが、それどころではない余りよう。

「これじゃあ、おひきずりさんになっちゃうわね。明らかにサイズ違い。取り替えてもらわくちゃダメね」

 後ろ襟が背後から引っ張られ、スルスルっと私のからだから去っていく水色浴衣。
 あっという間に全裸に逆戻り。
 お姉さまのほうへ振り向くと、水色浴衣の裏地側を丹念に調べられています。

「ほらやっぱり、TLって書いてある。キサラギさんに言って取り替えてもらいましょう」

 水色浴衣を素早く軽くたたんで座卓のビニールの上に置き、館内電話の受話器をお取りになるお姉さま。
 あの、えっとお姉さま?ということは私、キサラギさまを全裸のままお迎えしなくちゃ、ですか?
 しばらく鳴りを潜めていたマゾ性がキュンキュン戦慄き始めました。

「すぐ来てくれるって。よかったじゃない?キサラギさんにハダカ視てもらえて」

 受話器を置いたお姉さまがニヤニヤ笑いで近づいてこられます。
 ぶつかるほどの距離まで対面して、お姉さまの右手のひらが私の両腿の付け根を覆いました。
 声を出す暇もなく薬指だけが直角に立てられ、粘膜穴にズブリと差し込まれました。

「はぅんっ!」
「またこんなに濡らしちゃって。マゾマンコもずいぶん熱くなっているわよ?」

「キサラギさんが来る、って聞いただけで、こんなに興奮しちゃっているの?本当、浮気者なんだから」
「どうする?服従ポーズでお迎えする?それとも待受画像のポーズがいいかしら」
「でも直子は恥ずかしがりたいのよね?なんなら精一杯隠していてもいいわよ。それで直子が興奮出来るのなら」

 イジワルなお顔で膣穴をクチュクチュ虐めながらの、お姉さまからのお言葉責め。
 後頭部に両手を当てて、アウアウ喘ぐ私。
 そのとき、コンコン、と玄関扉をノックする音。
 
 お姉さまの右手がスッと下腹部から離れたとき、お姉さまの薬指と私の膣穴のあいだにか細い糸がススーっと引き、プツンと切れました。
 その指をご自分のお口でジュルルっと舐め取ったお姉さまが、はーいっ、どうぞぉ、と大きなお声でお応えされました。

「このたびはお手数をお掛けしてしまい、申し訳御座いません」

 平身低頭なご風情のキサラギさまが風呂敷包みを抱えて座卓前へ。
 あれ?背後にもうおひとかたいらっしゃる…

「ごめんなさいね。お見せする浴衣を選ぶとき、係の者がそのお色だけサイズを取り違えてしまったようですの」
「ここ最近は、ありがたいことに外国人のお客様も増えてまいりまして、背の高い女性の外国人様用に丈の長いサイズを導入してから、まだ日が浅いものでして…」

 キサラギさまにつづいてお部屋へ入ってこられたのは、レモンイエローの付け下げがエレガントな女将さまでした。
 女将さまはキサラギさまの斜め後ろにスッとお立ちになり、まっすぐに私を見つめています。

 私は玄関が開く音を聞いた瞬間に、ヴィーナスの誕生ポーズを取っていました。
 すなわち、右腕でバストを庇い、左手で股間を隠す羞じらいのポーズ。
 お部屋に人が訪れてくるのがわかっていたのに全裸で待っていたのですから、今更羞じらいも何もないのですが。

「あらあら、直子さまは裸のまんまでしたのね。本当にごめんなさいねぇ」

 女将さまが薄い笑みを浮かべたお顔で私におっしゃいます。
 その視線が舐めるように、私の頭の天辺から爪先までを幾度か往復しました。
 股間を押さえている左手のひらの指先近辺が、ヌルっと潤みました。

「いいんですよ。バスでもご説明したように、この子はそういう子ですから」

 お姉さまがご愉快そうにフォローにならないフォロー。

「やはりトールサイズでした。Mサイズの保管ラックに何かの拍子でトールサイズが紛れ込んでしまったようです。申し訳ございません」
「わかりました。二度とこんな間違いが起こらないように、戻ったらすぐ、保管庫内の全色全サイズを点検し直してください」

 キサラギさまと女将さまの緊張をはらまれた遣り取りの後、キサラギさまがご持参された風呂敷包みを解かれました。
 中には同じ水色の浴衣が入ったビニール袋。

「念の為、MサイズとSサイズをお持ちしました」

 キサラギさまが座卓の上に並べられ、女将さまが私とお姉さまを交互に見遣ります。

「渡辺さま、のお姉さまがお召しになられているのは、Mサイズですよね?」
「あ、はい。たぶん…」

 女将さまに尋ねられ、お姉さまが自信なさげなお答え。
 キサラギさまがスタスタっとお姉さまへ歩み寄られます。

「失礼いたします。少し身を屈めていただいて、襟足をお見せいただけますか?」

 キサラギさまにおっしゃられ、お姉さまが少し前屈みになられて後ろ髪を上げて手で押さえ、お綺麗なうなじをキサラギさまに差し出します。
 お姉さまの後ろ襟に手を差し入れ、お姉さまの横からつま先立ちで襟足を覗き込まれるキサラギさま。
 やがて、Mサイズでした、というキサラギさまのお声が聞こえました。

「ごめんなさいね。浴衣の衣紋にサイズ表記が見えてしまうのは無粋ですから、タグの裏側に小さく書いてありますの。お召しになられていなければ、掛衿の裏にもあるのですけれど」
「それにしても、お姉さまの着こなしはお見事ですわ。どなたかに習われたのですか?」

 女将さまが嬉しそうにお姉さまへお尋ねになります。

「あ、いえ、あたしも一応アパレル関係を仕事にしていますので、和装も一通りのことは学校や独学で」
「ああ、服飾関係っておっしゃっていましたっけ。それにしても、帯はお綺麗な元禄結びですし、衣紋抜きもちゃんとお作りになられていて、さすがですわ」

「お褒めいただいてありがとうございます。この子の浴衣も、少しくらいの余りだったら、おはしょり作ればいけるかな、とも思ったのですが」
「いえいえ、浴衣帯でこの余分な長さでおはしょり作るのは、わたくしどもにも無理です。ご迷惑をお掛けしてしまって、本当に申し訳ございません」

 女将さまとお姉さまの、私にはチンプンカンプンな和装談義が終わり、再びみなさまの視線が私に集まります。

「お姉さまでこの着丈でしたら、直子さまにはSサイズのほうが可愛らしいでしょう。キサラギ、着付けして差し上げなさい」
「かしこまりました」

 女将さまのご指示でキサラギさまがビニール袋をお開けになり、水色浴衣をお広げになります。
 それを小脇に抱え私の背後へ回られるキサラギさま。
 私のすぐ目の前には、お姉さまと女将さまが並ばれて、私の裸身をじっと見つめています。

 純和風な木と畳のお座敷で、粋な和装のお綺麗な女性お三かたに囲まれた全裸の私。
 またもや以前見たSM緊縛写真の一コマが脳裏によみがえります。

「それではお嬢さま、着付けをさせていただきますので、両腕をだらんと左右に下げてお立ちください」

 いきなり、お嬢さま、と呼ばれて面食らったのも束の間、おっしゃられた内容はお言葉責めそのもの、自ら手をどけて、目の前の方々に何もかもをお見せなさい、という私へのご命令。
 ヴィーナスの誕生を禁じられてしまいました。
 目前のおふたかた、とくに女将さまのほうがググっとお顔を突き出されるようにお身を乗り出されてこられます。

 今の私は、普通の全裸ではありません。
 ふたつの乳首と股間の割れスジを、否が応にも視線を惹きつけたいみたいに日焼けさせられた全裸。
 広めの乳輪と尖りきった乳首、無毛の恥丘と割れスジ、腫れ上がった肉芽に嫌でも目がいってしまう、それらの部分だけをピンポイントに青白く焼け残した日焼け跡。
 
 首周りの首輪状の日焼け跡も含めて、この全裸では、どんな言い訳も出来ないのです。
 私が視られたがりのマゾ女であるという事実に対して。
 
 それらを遂に、私のヘンタイ性癖をご存知ではない第三者さまにお披露目しなくてはなりません。
 それもこんなにお綺麗でエレガントな若女将さま、きり乃さまの至近距離ご面前で。

 まずゆっくりと左腕を、両乳房から外します。
 女将さまのお口が、あらまあ、の形に動かれ、痛いほどの視線が精一杯背伸びする両乳首に注がれます。

 それから今度は、マゾマンコを覆っていた右手をそっと外しました。
 覆っているあいだ中、下腹部でどんどん高まる熱気を手のひらに感じていました。
 指先が離れたとき、糸が幾筋か引いた気がします。

 私は、お言いつけ通り両腕を左右にだらんと垂らし、生まれたままの姿で女将さまの前に立っています。
 女将さまの視線は吸い寄せられるように私の股間へと移り、じっと視つめられた後、傍らのお姉さまに何やらコソコソ耳打ちされています。
 ハイジニーナ、という単語が聞こえた気がします。
 
 破顔一笑、ご愉快そうな笑顔のお姉さま。
 私は恥ずかしくってたまりません。

 なのにキサラギさまは、なかなか浴衣を羽織らせてはくださいません。
 絶対ワザとです。
 私の肩越しから女将さまをご覧になり、女将さまがご満足されるまで、私の裸を晒し者にされるおつもりなのでしょう。

 実際には10数秒くらいだったでしょうか。
 私が両腕を垂らしてから、私には永遠にも感じられる恥辱の時間が過ぎた後、唐突に両肩に布の感触がありました。

 それからは あれよあれよ。
 キサラギさまにご操縦されて、右を向いたり左を向いたり、両腕を上げたりグルっと回ったり。
 あっという間にお姉さまと同じくらい綺麗に、浴衣を着せられていました。

 お姉さまは、と見ると、女将さまと何やらくだけたご様子でご談笑中。
 おふたりがときどき私のほうをチラ見されるのは、たぶん私の性癖について、お姉さまが面白おかしくご説明されているのでしょう。

「お姉さまとお揃いに、帯は元禄結びにしておきました。もし解いたら、いつでも呼んでくださいましね。もちろん、お姉さまに頼まれてもかまいませんが」

 キサラギさまがお優しくおっしゃってくださり、スタスタと座卓のほうへ戻られ、間違ったほうの水色浴衣をお綺麗な正座姿でたたみ始めます。

「あら、終わったのね。いいじゃない。やっぱりSサイズで正解ね。丈もぴったり、可愛らしいこと」

 女将さまが嬉しそうなお顔で私に近づいてこられます。
 今度の浴衣の丈はくるぶしの上、脛も少し見えちゃうくらい短いので、少し子供っぽいかな、とも思うのですが。

「やだ、直子ったら、浴衣着ても乳首の位置、ちゃんと丸わかりじゃない。本当に元気のいいド淫乱乳首だこと」

 お姉さまに呆れられたお顔でご指摘され、自分の胸元に目を落とすと…
 確かに左右のその位置に、水色の布地を突き破らんばかりに、尖りきった乳首が自己主張していました。
 瞬く間に全身がカーッと羞恥色に染まります。

「まあまあ、色っぽくっていいじゃない?直子ちゃんも和服は素肌に着たいタイプなのよのね?わたくしもそうなの」

 女将さまが助け舟?を出してくださいます。
 さま、から、ちゃん付けに呼び方が変わったのは、打ち解けてくださった、と理解して良いのでしょうか。
 女将さまもキサラギさまも、到着した当初とはずいぶんご対応がくだけられた気がします。

「わたくしも和装のときは下着類は一切、身に着けないの。今だってそうよ。襦袢は着ているけれどね。そのほうが身が引き締まるの」
 
 女将さまがお胸を張るように、シナを作られたポーズを取られます。
 もちろん女将さまのニップルの位置はわかりません。

「そうそう直子ちゃん、早速差し上げたこけしも使ってくださったのね?どうだった?」

 女将さまの視線が座卓の上のローターのお隣のカッパさまを見遣り、ご興味津々なお顔で再び私に戻ります。

「あ、いえ、あの、えっと、あ、ありがとうございますっ」

 何てお答えしていいかわからず、しどろもどろな私。

「そう。あれよりも一回り太いのもあるのよ。お使いになられたい?」
「あ、いえ、あの、あれで結構です。あ、いえ、あれが、あれでちょうどいいです…」
「そう。お役に立てたようで、良かったわ」

 ひょっとしたら女将さまって、すごくえっちなかたなのかもしれません。

「とにかくこのたびは、余計なお手間をお取らせしてしまいまして、本当に申し訳ございませんでした。この後もどうぞ、ごゆっくりお寛ぎくださいませ」

 責任者のお顔に戻られた女将さまがキサラギさまともども深々とお辞儀され、お戻りのご準備。

「そう言えばおふたり、裏の野外露天風呂にはもうお入りになられました?」

 玄関口までおふたりをお見送りに出て、女将さまがこちらを振り返ってのお一言。
 お姉さまとふたり、フルフル首を左右に振ります。

「ぜひお入りになってくださいませ。手前味噌になりますが周りの景色が見事で広くて、本当に気持ち良いんですのよ。まだ4時過ぎですし、暗くなるまで間もありますし」
「まったりとお肌に絡みつくような泉質で、直子ちゃんのお気に召すこと間違いないの」
「他にお客様がいらっしゃなければビデオ撮影されても結構ですのよ。直子ちゃんのお綺麗過ぎるパイパンに、晩夏の緑がとても良く映えると思いますし、きっとあのこけしも悦びます」

 恥ずかし過ぎるご助言を残され、女将さまとキサラギさまがお部屋を出ていかれました。


2 件のコメント:

  1. お久しぶりです。「鵺の調教室」の鵺です。久し振りに小説を更新して、見て回るうちに、直子さんも未だに書いているようで、嬉しく思いました。羞恥責めは大好きなので、続けて欲しいと思います。またよろしくお願いします。

    返信削除
  2. 鵺さま
    コメントありがとうございます。鵺さまのブログにリンクを張らせていただきました。
    こちらこそよろしくお願いいたします。
    直子

    返信削除