2012年1月14日

ピアノにまつわるエトセトラ 25


「えっ!?あ、いやああんっ!」
突然、視界を塞がれてしまったゆうこ先生が、不安げなお声をあげました。
「うふふ。先生?こうやって目隠しされちゃうと、なんだかすっごくドキドキしてきちゃうでしょう?次にどこに何をされるか、わからないですものね?」
ゆうこ先生の耳元に口許を近づけてささやくように言いながら、左手でゆうこ先生の背中を背骨の線に沿ってスーッと撫ぜました。
「あーんっ!ぅふーんっ」

このシチュエーションは、私がもっともされてみたいことのひとつでした。
ひとりえっちでは絶対に叶わない、パートナーがいなければ出来ないプレイ。
あの夏の日に、やよい先生の前で失禁するほど感じてしまった目隠しイヤリングプレイの強烈な快感を、私はずっと忘れられずにいました。

「それにしても先生の肌、本当にキレイですねー。真っ白でスベスベ」
ゆうこ先生の背中にまわした手のひらを腋の下のほうへコチョコチョとくすぐるように滑らせながら、やがて右のおっぱいの下まで移動させました。
「本当にキレイなおっぱい。たっぷんとしてて、下おっぱいの丸みがポッテリしてて・・・」
おっぱいの下から持ち上げるみたいに手のひらで包み、やんわりとモミモミ。
「んふぅーっ」
ゆうこ先生の淫らなお声。
揉んでる私も、フワフワムニュムニュのやわらかい感触がすっごく気持ちいいー。
揉んでお肉が歪むたびに、突き出ている乳首が別の生き物のようにうねうねと身をよじらせていました。

「でも先生は、このキレイなからだを乱暴に扱って欲しいのですよね?たとえばこんなふうに」
言うと同時に、左手では右おっぱいをやんわりと揉みしだきながら、右手で左おっぱいの乳首をギューッとつまみ、キュッと強くひねり上げました。
「あっつぅ!いったぁいっいっ、うっう~~~んっ!」
ひときわ大きなゆうこ先生の嬌声がお部屋に響いて、私の指から逃げるように、ゆうこ先生の上半身が弓なりに大きく後ろへ反りました。
それに伴って腰が浮き上がり、両膝もいっそう大きく広がって、パックリとお口を開けた無毛なアソコを私に突き出してくるような姿勢になりました。

「だめですよ先生、そんなにオマンコを私のほうに突き出してきても、まだまだそこは虐めてあげませんよ?」
「まずは先生のお好きな洗濯バサミで、このキレイなからだをキレイに飾ってさしあげますから」
毛布の上に散らばっているステンレス製の洗濯バサミを拾い、ゆうこ先生の右脇腹の皮膚を無造作につまみました。
「はい、一個目」
「はあんっ!」
ゆうこ先生の口許がへの字に歪み、色っぽいため息が洩れました。
「すごい数の洗濯バサミですね?これ全部つけても大丈夫なのですか?」
「ああんっ!は、はいぃ、ゆうこは痛いのが気持ちいいんですぅ。たくさんつけてくださいぃ」

脇腹や腋の下、お腹、そしておっぱいを次々に挟んでいきました。
ゆうこ先生は、洗濯バサミがひとつ、肌にぶら下がるたびに、あんあん、って切ない喘ぎ声をあげて身悶えていました。
毛布の上の洗濯バサミがあらかたなくなったとき、ゆうこ先生の上半身は洗濯バサミだらけになっていました。

「うわー。すごい格好になっちゃいましたねー」
全部で30個くらい。
ゆうこ先生の上半身のいたるところで銀色の洗濯バサミがユラユラ揺れていました。
左右のおっぱいは、わざと乳首だけは挟まず、乳首をまあるく囲むようにそれぞれ5つの洗濯バサミで飾りました。

「ほらー、こうすると気持ちいいでしょう?」
私は、ゆうこ先生の肌にぶら下がっている洗濯バサミの柄の部分だけに触れるように両手のひらを上下して、たくさんの洗濯バサミを盛大に揺らしてあげました。
「むううっ!んうふぅーんっ・・・」
ゆうこ先生がクネクネからだをよじらせて身悶えます。
アイマスクの上の眉間に深いシワが寄って、お口が真一文字になって、すっごく淫らな、でも美しいお顔。

「でも、これだけではまだ不満足ですよね?だって一番いやらしいところが、まだ虐められていないのですもの」
言いながら、ゆうこ先生の尖りきった右乳首を指先でピンッと強く弾きました。
「あっ!だめっ!」
乳首を弾かれた途端に、ゆうこ先生が小声で呻き、からだがピクンと硬直しました。
「あーー。先生、ダメですよー。また小さくイっちゃったでしょう?ちゃんと私の許可を取ってくださいねー。もうイっちゃだめですよ?がまんしてください」
そう言いつつ、今度は左乳首をピンッ。
「うふんっ!」
ゆうこ先生のからだが再びピクンって硬直し、股間から内腿へヌメリと透明な液体が滑り落ちました。

「すっごく敏感になっちゃってますねー、先生?」
「あーん、早く、早くここにも痛いのをくださいぃ」
「ここって、どこですか?」
「ゆうこのいやらしい乳首ですぅ。いやらしくボッキしている乳首を早く虐めてくださいぃ」
ゆうこ先生が胸を突き出しておねだりしてきました。
「やれやれ、本当にえっちヘンタイ先生ですねえ。この鎖付きのやつがいいんですか?」
「はい。それで挟んで、ゆうこの乳首がちぎれちゃうくらい引っ張ってくださいぃ」

細いけれどけっこう重たい鎖で繋がれた乳首クリップで、まず右の乳首を挟みました。
「あああーーっ!」
ゆうこ先生がひときわ高く呻きました。
クリップの挟む力はかなりきつめで、指でつまんだゆうこ先生の乳首は硬くて熱くて、私はゆうこ先生が感じているであろうその痛みを想像して、ゾクゾク感じてしまいます。

左の乳首にも取り付けた後、左手で支えていた鎖の束を手放しました。
重力に引っ張られ、二つの乳首を支点にして鎖が下向きの半円状に、重たそうに垂れ下がりました。
鎖の重みで乳首もお辞儀をするように下向きに引っ張られます。
「ああんーーーぅぅぅっんんんんー」
ゆうこ先生は、唇を一直線にして歯を食いしばって痛みに耐えているみたいでした。

「どうですか先生?かなり痛いんじゃないですか?」
「あああ、い、いたいですうぅ、けどぉ、ゆうこはこれが、大好きなんですぅ・・・」
「そうですか。それならもっともっとサービスしてあげましょう」

私は、垂れ下がった鎖に手を添えて重力を消し、ゆうこ先生の乳首の位置まで鎖を戻してあげました。
引っ張られていた乳首への張力も失われて元に戻り、ゆうこ先生のお顔も少し緩みました。
間髪を入れず、鎖から手を離しました。
ジャラッ。
「あああんんんんーーっううううっ」
鎖が勢い良く落下して、再び乳首がグイッと引っ張られました。
ゆうこ先生の眉間にも、再び深いシワが戻りました。

私は、鎖を持ち上げては離しを何度も何度もくりかえしました。
そのたびにゆうこ先生の乳首は引っ張られては緩み、眉間のシワが現れては消え、ゆうこ先生のからだ全体が徐々にピンク色に汗ばんでいきました。
私は、そんなゆうこ先生の変化を見ながら、ゾクゾクコーフンして、どんどんサディスティックな気分になっていきました。

「先生の乳首も下に引っ張られるばっかりじゃ可哀想ですよね?引っ張られて垂れ下がってばかりじゃ、先生のかっこいいおっぱいの形も崩れちゃいそうだし」
「今度は上に持ち上げてあげましょう、バストアップ大作戦です」
私は、ふと思いついたアイデアを実行してみることにしました。

垂れ下がっていた鎖を浮かせて胸の位置まで戻しました。
「先生、ちょっと前屈みになってうつむいてもらえます?」
ゆうこ先生が素直に言われた通りの姿になったので、私は鎖の中央部分を一つに束ねて、ゆうこ先生が着けているワンちゃんの赤い首輪の前部分に付いているリングにくぐらせました。
それから、乳首とリングを結ぶ鎖が少しだけたわんだ形になるように調節してから、余った鎖を束ねてリングに結び付けました。

「はい。先生、いいですよ。姿勢を直してください」
ゆうこ先生がゆっくりと前傾姿勢を直していくにつれて、首輪のリングにつながれて左右に分かれた鎖がそれぞれピンと張っていき、クリップがつまんでいる乳首もそれぞれググーッと上に引っ張られてきました。
「あああーーーっ、いやーーっぁぁっっ!」
言っている内容とは裏腹な、ゆうこ先生の嬉しそうなお声。

ゆうこ先生がすっかり上体を起こしたときには、鎖がこれ以上ないほどピーンと張りつめてクリップの先の乳首を引っ張り、おっぱい全体が上向きに吊り上げられた格好になっていました。
「ああん、森下さんのいじわるぅ~」
まっすぐ前向きになると、けっこう痛いのでしょう、ゆうこ先生は、お顔を上げようとしてはうつむきをくりかえして、うーうー身悶えていました。
そのたびに左右の乳首が、今度は上向きに伸びたり縮んだり。

「ほら。これなら先生がいやらしく身悶えるたびに、乳首がグングン引っ張られて、マゾな先生にうってつけでしょう?」
ゆうこ先生の腋の下をコチョコチョくすぐってみると、ゆうこ先生が身をよじって後ろ向きにのけぞり、鎖に繋がった乳首からおっぱい全体がありえないほどグイーッと上向きにひっぱられました。
「ああああー。乳首が、乳首がちぎれちゃうぅぅぅぅ」
ゆうこ先生は立て膝のまま上半身だけをクネクネよじって、私のくすぐりの魔の手から逃れようとしています。
屈んだりのけぞったりするたびに、たわわなおっぱいが乳首を支点にタプタプユサユサと暴れまわっていました。

「ねえ先生、これだけ乳首が上に引っ張られてたら、お口を開けて舌を伸ばせば、ご自分の乳首、舐められるんじゃないですか?」
私が冗談ぽく言うと、ゆうこ先生は早速お口を開けて舌を思いっきり突き出し、ご自分の乳首を舐めようとし始めました。
でも、乳首を舐めようとうつむくと、おっぱいを吊り上げる張力も弱まってしまい乳首が上のほうに来なくて、うまく届かないようでした。
それでもしばらくの間、ゆうこ先生はトライしていました。

美しいお顔を歪ませて、大きくお口を開けてよだれが垂れるのもかまわず、舌をレロレロさせているゆうこ先生。
その、なんと言うか、ヘンタイさん丸出しなすけべであさましくも淫らなお姿を見ていたら、私の苛めたいメーターもグングン上がっていきました。

「くすぐるだけじゃ、刺激が足りないですか?だったらこんなのはどうでしょう?」
サディスティックな気分に酔い痴れている私に、躊躇はありませんでした。
ゆうこ先生の右脇腹にランダムに6個くらいぶら下がっている洗濯バサミの一番上の一つに、右手の人差し指を軽くあてがいます。
そのまま右腕全体を一気に下へと振り下ろし、洗濯バサミの群れを勢い良くなぎ払いました。


ピアノにまつわるエトセトラ 26

1 件のコメント:

  1.  いつも相互リンクでお世話になっております。この度「新・SM小説書庫」は新サイトに移行する事になりましたので、時間が取れる時に変更して頂けると幸いです。
    (旧アドレス)http://remotecon.blog122.fc2.com/
    (新アドレス)http://blog.livedoor.jp/nattolove-001/
    (新RSS)http://blog.livedoor.jp/nattolove-001/index.rdf

    「新・SM小説書庫」管理人 二次元世界の調教師

    返信削除