2012年1月7日

ピアノにまつわるエトセトラ 24

バッチーン!
「ああーんっ!」
ビッターンッ!
「ううふーーんっ!」
「先生!そんなに嬉しがってばかりじゃダメじゃないですか?ちゃんと言われた通りに言ってください、先生の恥ずかしい本心を」

バッチーン!
「ああぁ、はいぃ、ゆ、ゆうこのオマンコ、見てくださいぃーーっ!」
パチーン!
「うううっ!ゆうこのいやらしいオマンコ、もっともっともっとよーく見てーっ!」
バッチーンッ!
「もっと、もっと強くぶってー!おツユがしたったってるオマンコ、奥まで覗いてーっ!」
毛布に押し付けたゆうこ先生の唇から放たれる、くぐもったいやらしい心の叫び。

ゆうこ先生の真っ白なお尻がみるみるピンク色に染まっていきました。
ぶたれるたびに、ゆうこ先生は身をよじらせて、それでもアソコを拡げている両手だけは離さず、いやらしい願望を大声で口走っていました。
叩いているうちに、私もどんどんコーフンしてきて、ピンク色の粘膜をひくつかせながらダラダラよだれを垂らすゆうこ先生のアソコ同様に、私のアソコからもおツユがじわじわ滲み出ていました。

途中までは数を数えていたのですが、コーフンしてわからなくなり、私の好きなだけ叩きました。
30発くらい?
ゆうこ先生のお尻はまっかっか。
私の右手のひらもヒリヒリビンビンしていました。
ゆうこ先生は叩かれただけでも小さくイってしまったようで、途中、ビクンビクンって小さく全身が痙攣していました。

「ハアハアハア、先生?ぶたれてるときにイきましたね?イクのは私の許可をとってからじゃなきゃダメじゃないですか?」
「ハアハアハア、ごめんなさい・・・森下さんのお仕置きがあんまりに気持ち良くって・・・」
アソコを拡げている両手はまだ離さず、毛布に押し付けているお顔を捻じるようにこちらに向けて、ゆうこ先生が答えました。
両方の内腿に、かたつむりが這ったようなテラテラ光る筋が幾本も走っています。

ゆうこ先生は、オシッコをがまんしてるときみたいな情けない苦悶の表情で私を見つめました。
イった満足感と、でもまだ欲求不満っていうおねだり感が入り混じっているような、どすけべ丸出しなお顔でした。

「しばらくそのままの格好でいてください」
言い残して私は、キッチンに向かいました。
自分の手もヒリヒリしていましたが、ゆうこ先生のお尻は、見ただけでもすごく熱そうに全体が赤く腫れ上がって痛々しい感じでした。
もともとのお肌がまっ白いからなおさら。
なので、いったん濡れタオルで冷やしてあげようと思ったんです。

水道のお水を出しっぱなしにして自分の手を冷やした後、手近にあったタオルを濡らして絞り、ゆうこ先生のもとに戻りました。
その途中で、さっきゆうこ先生が向こうのお部屋から持ってきた小さな紙袋が、椅子の上に置いてあるのが目に入りました。
たぶん、と思いながら中を覗くとやっぱり、私にも身に覚えがある、洗濯バサミを筆頭としたえっちなことに使えそうなお道具や器具が乱雑にぎっしり入っていました。

私は、その紙袋を片手に持って、もう片方の手で濡れタオルをゆうこ先生のまだ突き上げているお尻にピタッとあてがいました。
「あああーーーっ!冷たくて気持ちいいですぅぅ」
ゆうこ先生が心底気持ちよさそうなお声を出して身をよじらせ、やっとアソコから両手を離して毛布につきました。

「この袋の中にえっちっぽいお道具がたくさん入っていますね?」
私は、袋の中に手を入れて、どんなものが入っているのか確認しつつ、ゆうこ先生に聞きました。
「あ、は、はいぃ・・・」
「こういうものを使って、私に苛めて欲しいのですね?」
「はい、そうです・・・」
「わかりました。もう四つん這いはいいですから、毛布の上に座ってください。両手は頭の後ろです」
「はい・・・」

ゆうこ先生がゆっくりとからだを起こし、私の真正面に正座してから、両手を組んで頭の後ろにまわしました。
胸が張られ、ゆうこ先生のたわわなおっぱいがわたしのほうへこれみよがしに突き出されました。
相変わらずビンビンッて精一杯尖っている大きく充血した2つの乳首。
ああ、早くこのえっちな乳首を洗濯バサミでギュッと挟んで、ゆうこ先生の痛みに歪むお顔が見たい・・・

私の心の中にサディスティックな欲望とマゾヒスティックな期待感とがないまぜになって溢れていました。
ゆうこ先生が感じるであろう痛みに私の体も共鳴して、キュンって快感が下半身から全身をつらぬきました。
ゆうこ先生はじーっとそんな私を見つめていて、そのお顔には、いやらしい期待に満ちた淫らな笑みが満面に浮かんでいました。

「この短い鎖で繋がっているのは手枷とかですよね?それに洗濯バサミがこんなにたくさん・・・あ、これは何だろう?」
私は、ゆうこ先生が座っている目の前の毛布に袋の中身をぶちまけて、ひとつひとつ手に取りながら、ゆうこ先生に使い方を質問しました。
ゆうこ先生は、恥ずかしそうに、でもそれ以上にすっごく嬉しそうに、使い方を教えてくれました。

「わかりました。それで先生は、こういうお道具を使って、ご自分でオナニーしているのを私に見られるのと、私がゆうこ先生を動けなくしていろいろ苛めるのと、どっちがいいですか?」
「ゆうこは、森下さんに苛められたいです。ゆうこは、どんなに痛くされてもがまん出来ます。みじめな格好で森下さんにされるがまま、になりたいんです・・・」
ゆうこ先生が待ちきれないみたいに上半身を乗り出してきて、上目遣いで私に訴えかけてきました。
「そうですか。それならお望み通り、そうしてあげましょう」

数分後、私の目の前に両手足の自由を奪われたゆうこ先生の美しい肉体が、艶かしくも無防備に晒されていました。
正座の格好から立て膝にさせて両腕を後ろにまわし、右手首を右足首に、左手首を左足首に、長さ10センチに満たないくらいの短い鎖で繋がった黒い革の拘束具で繋いだ格好。
いかにしなやかなゆうこ先生のからだと言っても、立て膝のままでは後ろにまわした手首が足首にまでは届きません。
必然的に腰を落とすことになり、それにつれて両膝が左右に大きく開きます。

腰砕けで毛布にへたり込んだような格好だったゆうこ先生は、やがて両腕がいっぱいに伸びきるくらいまで腰を浮かせてから、上半身を少し反らし気味にしておっぱいを私のほうへ突き出し、期待に満ちた瞳を私に投げかけてきました。
ご自分の意志で左右それぞれ、足首を掴んでいるようです。
腰を浮かせた分、両腿の交わり部分と毛布に20センチくらいの空間が出来ました。
正面からは割れ始めまでしか見えませんが、おそらくパックリと開いているであろう濡れそぼったアソコから、ポタポタえっちな蜜をじかに毛布へ垂れしたたらせていました。

「面白そうなものをたくさんお持ちなんですね?先生。これはワンちゃんの首輪ですよね?」
赤い革の無骨な首輪をゆうこ先生の目の前で振ってみせます。
「はい・・・それを着けられると、ゆうこは完全にそれを着けてくれた人の奴隷になります。もう絶対にその人には逆らえなくなります」
「そうなんですか?それなら、私が着けてあげましょう」

ゆうこ先生の背後にまわり、ベルト式の首輪を着けてあげました。
華奢なゆうこ先生の首なので、一番きつい位置まで絞っても首周りに2、3センチくらいの余裕があるようです。
「うわー、すっごくヘンタイさんらしくなりましたねー。本当はもっときつーく嵌めてもらいたいのでしょう?」
「はい、でもゆうこの首は細いから・・・」
首輪の正面にあたるところには、鎖をひっかけるためでしょう、直径3センチくらいの金属リングがぶら下がっていました。

「それにこれ。私、えっちなビデオとかでなら見たことありましたが、本当に持っている人がこんなに身近にいたなんて、思っても見ませんでした」
それは、よく欧米のSM画像とかで見る、鎖で繋がった乳首クリップでした。
細いけれどけっこう重い長さ50センチくらいの鎖の両端に金属製のクリップ挟みが二つ。
クリップが挟む力もかなりきつめでした。

「先生は、こういうのをおっぱいにぶら下げるのがお好きなんですね?私だったら我慢できないかも・・・」
それを着ける自分を想像して、着けてみたいような怖いような、とゾクゾクしながら手の中で弄びました。

バイブレーターも二つほどありましたが、ツルンとした金属製なロケット型のやつと、長いスティックの先に大きめなローターの付いた、これまた欧米的なグッズだったので、ホッとしていました。
男性器っぽい形のオモチャが出てきたらどうしよう?って内心ドキドキしていたんです。

「こういうものは、いったいどこで手に入れるんですか?」
「あ、はい・・・通信販売とかで・・・あと、東京に行ったときには、直接お店に行くこともあります。行きつけのお店があって・・・」
「へー。恥ずかしくないですか?お店の人って、たいがい男の人なんでしょう?」
「ううん。そのお店は女性のために女性がやっているお店なの。それにわたしは、同性の前でこそ、恥ずかしいことをして蔑まされたいのだもの」
「そうでしたね。今日は私がとことんまで蔑んでさしあげます」

「本当に先生のからだに、どんなことをしてもかまわないんですね?」
「は、はい。ここにある道具なら、どれを使われてもゆうこはがまんできます。ゆうこは悦びます。お好きに虐めてください」
「ぶってもつねってもひっかいても、どこに何を突っ込まれても文句は決っして言いませんから。ゆうこをめちゃくちゃにしてください。気持ち良くしてくださいぃ」

ビクンッ!
ゆうこ先生の、めちゃくちゃにしてください、っていう科白が、再び私の下半身を直撃しました。
それこそ、私がいつもオナニーのときに熱望していることでした。
先生の気持ちがすっごくよくわかりました。
よーし、がんばって先生を気持ち良くしてあげよう。

「それじゃあ、始めますよ」
言ってから私はまず、ゆうこ先生の視界を奪うべく、お顔にアイマスクを装着しました。


ピアノにまつわるエトセトラ 25

2 件のコメント:

  1. お久しぶりです。
    最近は携帯より拝見させて頂いています。

    昨年は大変お世話になりました。
    今年も勝手にお世話になります。
    いつも子宮キュンキュンさせて読んでいます。

    グーグルのQRコードなぜかエラー500がでます。

    返信削除
  2. 海苔ピーさま

    おひさしぶりです。コメントありがとうございます(≧∀≦)
    本年もよろしくお願い申し上げます。

    QRコードのご指摘、ありがとうございました。
    早速直しておきました。今度はだいじょうぶなはずデス(≧∀≦)

    返信削除