2010年8月28日

お医者さんごっこと私 07

「なおちゃんとわたしが先に裸ん坊になっちゃえば、弓子ちゃんもなりやすいんじゃないかなあ?」
由美ちゃんのそんな提案で、その日のお医者さんごっこの段取りを二人で詳しく決めました。
それとは別に、私もあるアイデアを思いついていました。
でも、当日ビックリさせちゃおうと思い、それは由美ちゃんにも言わないでおきました。

結局その日は、由美ちゃんのお母さんが気を使ってくれて、夕方から弓子ちゃんのご家族も由美ちゃんちに来て、私たち家族のさよならパーティみたいなことをやることになりました。

その日は、よく晴れた、2月中旬にしては暖かい日でした。
母は、くれぐれも戸締りと火の始末に気をつけるように、あと、由美ちゃんのお母さんにご迷惑をおかけしないように、としつこく言って、朝の9時頃に父と一緒に家を出て行きました。
今日は、お昼ご飯を食べた後に、由美ちゃんと弓子ちゃんが私の家にやって来る予定です。
私は、お気に入りのピンクのワンピースに着替えて、思いついたアイデアの準備をしてから、一人で母が作っておいてくれた昼食を温めて食べました。

1時15分くらいに、弓子ちゃんがやって来ました。
真っ赤な厚手のステキなワンピースに、ピンクのショールを巻いています。
髪の毛は、可愛くおだんごに結ってあります。
「これ、お母さんがお土産にって」
ケーキの箱らしいものを手渡してくれます。

私は、弓子ちゃんをリビングに案内しました。
今日のお医者さんごっこは、私のお部屋ではなくて、せっかくだからリビングでやろうと決めていました。
リビングのエアコンを調整して、裸ん坊になっても寒くないくらいの温度になっています。
窓は、すりガラスなので外から見えちゃう心配はありません。
せっかくの晴れの日だし、カーテンは開けたままにしておきました。

二人で並んでソファーに座っておしゃべりしていると、5分くらい後に、由美ちゃんもやって来ました。
淡いグリーンのサロペットの下に、淡いピンクのブラウスとその上に白い毛糸のカーディガンを着ています。
髪は、オールバックにして黄色いカチューシャで留めています。
大き目の布製のバッグを肩にかけて、ニコニコ笑いながら登場しました。

冷蔵庫からフルーツジュースを出してきて、弓子ちゃんのお土産のケーキを三人で食べました。
一息ついてから、
「そろそろ、始めようか?」
由美ちゃんが言って、バッグの中からお医者さんごっこのおもちゃを取り出しました。

「今日は、最初にわたしが患者さんをやらせてね。チユちゃんがお医者さんで、なおちゃんは看護婦さん」
バッグの中から取り出した、白衣代わりのワイシャツを弓子ちゃんに渡しながら、由美ちゃんが言います。
由美ちゃんは、3人で遊ぶときは、由美ちゃんと弓子ちゃんの名前が似ていて紛らわしいので、弓子ちゃんのことを『小さいほうのユミちゃん』 という意味で『チユちゃん』 と呼んでいました。

リビングに隣接したダイニングのテーブルが、今日はお医者さんの机です。
椅子だけを向かい合うように置いて、ワイシャツを羽織った弓子ちゃんとカーディガンを脱いだ由美ちゃんが向き合いました。
私は、二人の傍らに立っています。

いつもは、家族でご飯を食べている私んちのダイニングで、これから由美ちゃんが裸になります。
そして、その後には私も・・・
外の陽射しとお部屋の電気のせいで、ダイニングもリビングもとても明るいです。
私の胸は、早くもドキドキしてきました。

弓子ちゃんの、
「今日はどうしました?」
の言葉で、お医者さんごっこが始まりました。

由美ちゃんは、上半身のシンサツのとき、サロペットの肩紐を両方はずして胸当てを下げてから、ブラウスのボタンを全部はずして腕も抜いて、完全に脱いでしまいました。
脱いだブラウスを看護婦さん役の私が受け取り、ハンガーにかけます。
それから、そろそろと自分でスリップの裾をまくり上げます。
由美ちゃんの白くてきれいな胸が露になりました。
由美ちゃんは、おっぱいの乳首の上のところまでまくり上げたスリップの裾を両手でつかんだまま、弓子ちゃんに胸を突き出しています。
弓子ちゃんが聴診器をペタペタと由美ちゃんの肌に押し付けます。
由美ちゃんは、気持ち良さそうに目をつぶって、その感触を楽しんでいるようです。

「それでは、背中を向けてください」
弓子ちゃんがそう言うと、その言葉を待っていたかのように、
「ねえ、チユちゃん。わたし、スリップ、ずっとまくっているの疲れちゃうから、脱いじゃうね」
返事も待たずに由美ちゃんが立ち上がり、バンザイの形をしてスルスルっとスリップを頭から抜きました。
また私が受け取って、ハンガーにかけます。

由美ちゃんが上半身裸になりました。
恥ずかしそうに腕を胸の前で交差して隠しながら、また弓子ちゃんと対面します。
弓子ちゃんにとっては、初めての展開です。
弓子ちゃんは、由美ちゃんの上半身裸を間近で見て、まぶしそうに、ちょっと照れたように頬を染めています。
由美ちゃんが胸を隠したままからだを回転させて、弓子ちゃんに背中を向けました。
気を取り直したように、弓子ちゃんが由美ちゃんの背中に聴診器を這わせていきます。

「はい。それではお注射を一本しておきましょうか」
ひさしぶりのお医者さんごっこで楽しそうな弓子ちゃんがそう言うと、由美ちゃんは、弓子ちゃんのほうに向き直って、胸を隠していた両腕をはずしました。
由美ちゃんの小さな乳首を、弓子ちゃんがマジマジと見つめています。
「先生。わたしお腹が痛いので、お尻のほうに大きなお注射をしてください」
由美ちゃんがワケのわからない理由を言って、お尻へのお注射をおねだりします。
「そ、そうですね。ではお尻にお注射しましょう」
「弓子先生、ベッドはこっちです」
私の誘導で3人は、リビングへ移動しました。

さっき座っていたソファーの背もたれを倒して平らにして、大きいバスタオルを敷いておきました。
「そこのベッドにうつぶせに寝てくださいね。あ、おズボンは脱いでください」
看護婦役の私がリードします。
由美ちゃんは、私たちに背を向けてから腰をかがめて、サロペットの下半身を脱ぎ始めました。
脱いだサロペットを私に渡すと、由美ちゃんは、ピンクのショーツと水玉のソックスだけの裸ん坊になりました。
リビングにあるサイドボードのガラスに自分の姿が映っているのに由美ちゃんが気づいたらしく、顔を真っ赤に染めて、また、両腕で胸を隠しました。

「では、ベッドに寝てください」
私は、大きな注射器を弓子ちゃんに手渡し、濡らしたハンドタオルを手に持ちました。
うつぶせになった由美ちゃんの腰のところにかがんで、ショーツに手をかけます。
由美ちゃんのショーツを私の手で脱がすのは、これで二度目です。
なんだかすごくワクワクして、ドキドキして、顔が火照ってしまいます。
ゴムのところを少し伸ばして、ショーツをいったん膝まで下ろします。
由美ちゃんもお腹を浮かせて協力してくれます。
白くてまあるい由美ちゃんのお尻が、明るいお部屋の中で露になりました。

それを見つめていたら、この間のことを思い出して、急にちょっとイジワルがしたくなってしまい、付け加えました。
「寝たままだと、ちょっと、先生がお注射しづらいので、四つん這いになってくれますか?」
「えっ?!」
由美ちゃんと弓子ちゃんが同時に声をあげます。

由美ちゃんとの打ち合わせでは、とにかく二人とも先に丸裸になってしまおう、ということと、二人ができるだけ恥ずかしい格好をすれば、弓子ちゃんの恥じらいが和らいで見せやすくなるだろうから、二人が患者さんのときは、そういう指示をしよう、と決めていました。

由美ちゃんは、やっぱりそれは恥ずかしい、みたいな顔をして私を一瞬見ましたが、覚悟を決めたように、おずおずと肘と膝を立てて、四つん這いになりました。
顔が真っ赤です。
その間に私は、由美ちゃんのショーツを両脚から抜き取って、由美ちゃんの枕元に置きました。

とうとう由美ちゃんは、私の家のリビングで、ソックスだけの丸裸になりました。
その上、お尻を突き出した四つん這いの恥ずかしい格好で、弓子先生のお注射をプルプル震えながら待っています。

私は、由美ちゃんのお尻全体を濡れたタオルで優しく拭いてから、お尻の穴近く右側の柔らかいお肉を入念にタオルでスリスリしました。
「先生、ここにお注射してあげてください」

弓子ちゃんも、由美ちゃんのお尻を至近距離でしげしげと見つめて、顔を真っ赤にしています。
由美ちゃんのお尻の穴とアソコのスジが丸見えです。
弓子ちゃんの目が爛々と光って、興味シンシンっていう感じです。
おそるおそる注射器をかまえて、私が指示した由美ちゃんのお尻の穴近くに持っていきます。
注射器の先端が肌に触れたとき、由美ちゃんは、
「はうん」
って、小さなため息をつきました。

弓子ちゃんは、注射器のピストンをゆっくり押してから、注射器を肌から離しました。
その間も弓子ちゃんの目は、由美ちゃんのお尻の穴とスジに釘付けです。
それから、弓子ちゃんは、またおそるおそるという感じで由美ちゃんのお尻に両手を近づけていき、今お注射したあたりの肌を、頬を染めたすごく嬉しそうな顔で、やさーしくニギニギ、モミモミしています。
また由美ちゃんが、
「はふん」
と小さく啼きました。


お医者さんごっこと私 08

0 件のコメント:

コメントを投稿