2010年8月29日

お医者さんごっこと私 08

「それじゃあ次は、わたしがお医者さんね」
言いながら、由美ちゃんがソファーの上に裸のまま無防備に起き上がりました。
それぞれ赤く火照った顔を、それぞれ3人で見合わせています。

「チユちゃん、白衣貸して。次の患者さんは、なおちゃん・・・」
言い終わらないうちに弓子ちゃんが、勢い良く手をまっすぐに挙げました。
「はいっ。次はワタシが患者さんやりますっ」
だぼだぼワイシャツを脱いで由美ちゃんに手渡しながら、弓子ちゃんがつづけます。
「それで、今日は、大きいお注射もやります。ワタシ、今日はそう決めてきたの」
弓子ちゃんは、私の顔を見つめてニコニコしながら言いました。

「弓子ちゃん、だいじょうぶなの?」
私は、ちょっとビックリして、弓子ちゃんに聞きました。
「うん。だって、なおちゃんとお医者さんごっこできるの、たぶん今日が最後でしょ?」
「だから、最後に、なおちゃんにユミコのお尻、ちゃんと見てもらっておきたい、って思ったの・・・」
「今まで何回も、なおちゃんのお尻、見せてもらったから・・・」
「すっごく恥ずかしいけど、ワタシ、がんばる」

「それにね。この間カゼひいたときにお医者さんで、本当にお尻にお注射もらったの」
「そのとき、すっごく痛かったけど、ユミコ、泣かないようにがんばって、がまんしたの」
「そしたら、お母さんが、すっごくえらかった、って、たくさん誉めてくれたの」
「新しいぬいぐるみまで買ってくれたの」
「すっごく嬉しかった・・・だからワタシ、もうお尻のおチューシャ、ヘーキなの」
弓子ちゃんは、私の顔をまっすぐに見て、カワイク笑いました。

「弓子ちゃん。ありがとうね」
私は、ちょっとウルウルしながら、弓子ちゃんの右手を両手で握りしめました。
お別れの日まで、もう絶対に二人の前では泣かない、って一人でひそかに決めていたので、一生懸命涙をがまんしました。
由美ちゃんは、素肌にワイシャツを羽織りながら、そんな二人をじっと見つめていました。

「お洋服、シワになっちゃうとイヤだから、先に脱いじゃうね」
弓子ちゃんがそう言って、ワンピースの前ボタンをはずし始めました。
由美ちゃんと立てた計画とは、少し違ってきてしまいましたが、弓子ちゃんが自分から脱いでくれるのは、嬉しい誤算です。
ひょっとすると、私のアイデアを実行しなくても弓子ちゃんのソコのスジが見れるかもしれません。
私は、またワクワクしてきました。
「それなら私も脱いじゃおうっと」
弓子ちゃんが脱いだワンピースをハンガーにかけながら、私も明るく言って、自分のワンピースを手早く脱ぎました。

由美ちゃんは、素肌にワイシャツと水玉ソックスで、お医者さん。
弓子ちゃんは、白のスリップに白のショーツと赤いソックスで、患者さん。
私は、ベージュのスリップとショーツに白のハイソックスで、また看護婦さん。
3人は、そんな姿になりました。

上半身のシンサツのとき、弓子ちゃんもスリップ脱いでくれるかなあ、と少し期待したけれど、まくりあげるだけでした。
でも、弓子ちゃんの白くて薄い胸とプックリした乳首がまた見られて、とてもシアワセでした。
弓子ちゃんは、胸やお腹をさわられるたびに、ヤンッとかウフッとか小声で反応して、すっごくカワイかった。

そしていよいよ、お尻へのお注射のときがきました。
スリップ姿の弓子ちゃんの手を取って、ソファーへ誘導します。
「でもね、さっきユミねえがしたみたいな、あーゆー格好は、ワタシ、恥ずかしくて、できないの・・・」
弓子ちゃんは、ちょっと怯えた感じで、私と由美ちゃんの顔をうかがってきます。
「わかってるって。ふつうにうつぶせでだいじょうぶ」
由美ちゃんが明るく言います。
「下着はどうする?自分で脱ぐ?」
と私。

弓子ちゃんは、うつむいたままソファーに上がり、うつぶせに寝転んでから、
「なおちゃん、脱がせて・・・」
小さな声で言いました。

私は、弓子ちゃんのお尻のところにまわり、ショーツのゴムに手をかけます。
すごくドキドキしています。
弓子ちゃんのお尻をじっくりと見るのは、プールのときの着替えでチラチラみたことはありますが、初めてです。
ゆーっくりと、ショーツを膝のところまで下げました。
一気に脱がせてしまおうか?
一瞬迷いましたが、やっぱりなんだかかわいそうに思い、そのままにしました。

弓子ちゃんのお尻は、パン屋さんだからというワケではないでしょうけど、スポンジケーキみたいにフワフワ柔らかそうにこんもりしていて、クリームみたいになめらかスベスベそうで、すごく美味しそうな感じでした。
お尻の左側の山の真ん中へんに、星みたいな形をした小さなホクロがありました。

そーっと手を伸ばして、そのホクロのあたりに濡れタオルをあてがいます。
「ひゃん!」
弓子ちゃんが小さな悲鳴を上げました。
やっぱり柔らかフワフワな感触で、タオル越しにさわってるだけでもいい気持ち。

私がタオルを弓子ちゃんのお尻から離すと、それまで爛々と目を輝かせて弓子ちゃんのお尻を見つめていた由美ちゃんが、注射器を持って、入れ替わりました。
私は、弓子ちゃんの顔のほうに移動します。
弓子ちゃんは、顔を真っ赤にして、タオルを両手で握りしめて、目をぎゅっとつぶっていました。
私は、弓子ちゃんの顔のところにしゃがみ込んで、
「だいじょうぶですからねえ。痛くないですよー」
なんて言いながら、前髪を左手でやさしく撫で撫でしてあげました。
弓子ちゃんが目を開いて、私をじっと見つめてから、左手を伸ばして私の右手を掴んできました。
二人、ぎゅっと手を握り合います。
もう、弓子ちゃんたら、めちゃくちゃ可愛いです。

「由美ちゃん先生。それでは、お願いします」
弓子ちゃんの頭を左手で撫ぜながら私がそう言うと、由美ちゃんの上半身が弓子ちゃんのお尻に覆いかぶさりました。
一際強く私の右手を握ってきたときが、たぶん注射器がお尻に触れたときだったのでしょう。
しばらくぎゅーーと握られてから、フっと握る力が抜けました。

「はい。終わりです。チユちゃん、泣かないで、エラかったですね」
由美ちゃんが大きな声でやさしく言いました。
弓子ちゃんは、ホッとしたように笑って、
「あー恥ずかしかったー」
って言いながら、うつぶせに寝たまま両手でショーツを素早くずり上げました。
それからソファーに起き上がって正座して、大役を果たしたような顔でニコニコしています。
私たちは、少しガッカリ。

さて、次は私の番。
どうやって恥ずかしい格好になろうか?
と考えていたら、由美ちゃんが弓子ちゃんの前に立って言いました。

「ねえ、チユちゃん。知ってる?」
弓子ちゃんが由美ちゃんに顔を向けます。
「女の子のココって・・・」
言いながら、左手でワイシャツの裾をまくって、露になった自分の股間を右手で指さします。
「ここのスジって、女の子でも少しずつ違うみたいなのね」
裾をまくって股間を弓子ちゃんに晒したまま、由美ちゃんが私の顔を見ます。
どうやら由美ちゃんは、真正面から攻めていくことにしたようです。

「こないだ、なおちゃんと二人でココの見せっこしたのね・・・」
「そしたら・・・」
そう言いながら、赤くなった顔で私に後を促しています。
私も立ち上がって、由美ちゃんと並びました。

それから、思い切って両手でショーツを足元まで一気にずり下げました。
スリップの裾が両腿の付け根より5センチくらい長いので、私も左手でスリップの裾をピラっとまくり上げます。

「ほら。正面から見ると、なおちゃんのほうがちょっとだけスジが長いでしょ?」
由美ちゃんと私は、ソファーに座った弓子ちゃんの前で、おのおの自ら裾をまくり上げて、弓子ちゃんにアソコを見てもらっています。
弓子ちゃんも至近距離から、食い入るように二人のアソコを見比べています。
「ほんとだ・・・なおちゃんのほうが少し長い・・・」
頬を染めた弓子ちゃんが、そう小さな声でつぶやきました。

「・・・チユちゃんのは・・・どう?・・・」
由美ちゃんが真っ赤になりながら、弓子ちゃんの目を見つめて訴えかけます。
「・・・チユちゃんのも・・・見せて・・・」

「えっ!?・・・でもでも・・・ここじゃ・・・は、恥ずかしいし・・・」
弓子ちゃんの目に、怯えの色が戻ってきてしまいました。
「でもさあ・・・」
由美ちゃんがちょっと強い口調で何か言おうとしています。
マズイです。
私は、自分のアイデアを実行するなら今しかない、と思い切って二人に問いかけました。


お医者さんごっこと私 09

0 件のコメント:

コメントを投稿