2010年8月16日

お医者さんごっこと私 03

「うーーん。これは大変かもしれません。そのおズボンも脱いでベッドに来てください」
由美ちゃんがすごく深刻そうな顔をして私に言います。
「ええーっ!?」
この上、ジーンズまで脱げという要求です。
「ねえ由美ちゃん。お母さんとか、絶対入って来ないよね?」
私は念を押しました。
「だいじょうぶ。まだ3時半だし、この家には私たちしかいないもの」
由美ちゃんが素に戻って答えます。

私は観念して、恥ずかしさにドキドキしながらジーンズをソロソロと脱ぎました。
また由美ちゃんがハンガーにかけてくれます。
私は、とうとうショーツ一枚と白いハイソックスだけの裸になってしまいました。

「ではこのベッドにうつぶせに寝てください」
由美ちゃんは、自分が座っていた椅子をベッドの脇にひっぱってきて腰掛けました。
私は言われた通りに、由美ちゃんのベッドに上がり、うつぶせになりました。
由美ちゃんは立ち上がって、私の裸の背中からショーツのゴムのあたりまでを右手でペタペタと撫ぜています。
そして、左手をベッドのシーツと私のお腹の間にすべりこませ、またグイグイとお腹を押してきました。
しばらくそうした後、左手を抜いて私の枕元にしゃがみこみ、言いました。
「やっぱりそうですね。でも安心してください。この病気は、お浣腸をすれば治ります」

「えっ!?」
お浣腸、っていうのがどういう行為なのか知らなかった私は、どう反応していいのかわからずドギマギしていました。
その間に由美ちゃんは、私のショーツに手をかけてスルスルっと脱がせてしまいました。
「えーーっ!?あ、あのーっ!やだーーーーっ!」
私は、とうとう丸裸にされてしまいました。
身に着けているのは、白いハイソックスだけです。
脱がされたショーツは、勉強机の上に置かれました。

私は、もっと怒ったり、抵抗したり、泣いたりもできたはずです。
でも、なぜだかそういう気持ちにはなりませんでした。

遊びに来たお友達のお部屋で夕方、着てきた服を全部脱いで丸裸になっている私。
お友達がジーっと見ている前で、お友達のベッドの上で裸のお尻を晒している私。
普通なら、そんなこと絶対ありえないのに、そうなってしまった私。
そんな私がとてもみじめで、かわいそうで、死にそうなくらい恥ずかしくて・・・
でも、そんな私をドキドキしながら見ているもう一人の自分がいて・・・
そっちの自分には、この恥ずかしさがとても気持ち良かったんです。

私は、真赤に染まった顔をシーツにうずめて、からだをピクピクさせながら、言いようのない恥ずかしさに耐えていました。

「それでは、そこで四つん這いになってください」
由美ちゃんがまた、信じられないくらい恥ずかしい要求を口にしました。
「そ、そんなあ・・・」

でも、私はその要求に素直に応じる気です。
ブルブルと震えながら、お尻を持ち上げてベッドに膝を付きます。
同時に両手をベッドに付いて踏ん張り、背中を上げて行きます。
隠していた火照った顔も、由美ちゃんに見られてしまいます。

「もう少しお尻を上にあげてください」
由美ちゃんが容赦なく追い討ちをかけてきます。
「は、はい・・・」
私は、上半身を支えていた両手を両肘に切り替えて落とし、お尻だけををグイっと突き上げる格好になりました。
まるで、伏せを命令されている大きなワンちゃんみたいな格好です。
これだと由美ちゃんに、お尻の穴もオシッコのところも丸見えになっていることでしょう。

私はだんだんと、自分をもっともっとイジメたい気持ちになってきました。

ねえ、由美ちゃん、直子のこの恥ずかしい格好、もっとよく見て・・・
直子のお尻の穴とオシッコのところ、どう?・・・
直子、恥ずかしいことするの、好きみたいなの・・・
直子にもっと恥ずかしい格好、させて・・・
そう言いたくてたまりませんでした。

由美ちゃんは、私のお尻にペタンと両手をついて、軽くモミモミしていました。
それから、右手を伸ばして椅子の上に置いてあったピンセットで脱脂綿をつまみ、コップの水に浸してから、私のお尻のほうにソロソロと持っていきます。
水のしずくがポトポトと私のお尻を濡らします。
「ひゃんっ!」
思わず大きな声が出てしまいました。

濡れた脱脂綿がお尻の穴のところにあてがわれました。
「ひーんっ」
冷たい感触がお尻の穴を包みます。
由美ちゃんは、脱脂綿の上から指をあてて、お尻の穴をやんわりとスリスリしてきます。
「あ~ん。ちょ、ちょっと由美ちゃん、そ、そこは、キ、キタナイよ?・・・」
「だいじょうぶです。安心しててくださいね」
由美ちゃんは、大人の人のような落ち着いた声で、私に答えました。

脱脂綿がふいにお尻の穴から離れました。
外気にさらされて、お尻の穴周辺が湿っていることが自分でもわかります。
「それでは、力を抜いていてください」
由美ちゃんはそう言って、私のお尻の穴の両脇のお肉をグイっと左右に押し開きました。
「いやーん」
お尻の穴が広がる感覚に、身悶えするほどの恥ずかしさが全身を駆け巡ります。
私は、右頬をシーツ越しのお布団に押し付けて、両手でシーツをギューっとつかんで、お尻は大きく上に上げたまま、この屈辱的な状況の恥ずかしさに必死に耐えました。

「それでは、やりますよ、お尻の力を抜いてくださいね」
由美ちゃんの声が聞こえて、お尻の穴に何か冷たいものが押しあてられました。
たぶん、あの大きな注射器です。
先っぽの丸まったところが、私のお尻の穴に少しだけめりこんでいるみたい。
「あーんっ、いやーっ!」
由美ちゃんは、そのまま注射器のピストンのとこをゆっくりと少しずつ押しているようで、お尻の穴からからだの中にちょっとだけど空気が入ってくるような感じもします。
「だめだめだめーっ!」

そのとき、お部屋のドアがバタリと開く音がしました。
私は、あんまりビックリしすぎて固まってしまいました。
「あ、ヒロユキ。おかえりー」
由美ちゃんが手を止めて、ドアのほうを振り返りながら言います。

ヒロくんは、由美ちゃんの弟くんです。
この1、2年病気がちなので、由美ちゃんちに遊びに来ても、あまり顔を合わすことはありませんでした。
「ちょうどよかった。今なおちゃんとお医者さんごっこやってるの。ヒロもまざる?」
「やるーっ!」
「じゃあ、ヒロは患者さんのお尻を支える係りね。こっちに来て」
二人は、それがさも当然のように、丸裸の私をはさんで普通に会話をしています。
私は、思いもよらない展開に裸を隠すことにも頭がまわらず、そのままの格好で恥ずかしさにプルプル震えていました。

「なおちゃん、ヒロユキもまざるって。ヒロ、ずっと入院してたから、なおちゃんが会うのも久しぶりだよね」
私は、ベッドのシーツにうずめていた顔をおそるおそる上げて、その男の子の顔を見ました。

えーーーっ!?
あの、運動会のときに私が見つけた可愛い男の子がヒロくんでした。
私がヒロくんに最後に会ったのは、確か私が3年生に進級したとき。
ヒロくんの頭は坊主刈りで、由美ちゃんと弓子ちゃんと4人で由美ちゃんちでトランプしたとき以来のはずです。
そんなことを考えている間に、ヒロくんはベッドにあがって来て、私のお尻をペタリとさわり、お尻の穴を広げてきます。

まさか、私が毎日校庭で姿を探していた、あの憧れの男の子が、今まで何度も会ったことのある由美ちゃんの弟くんだったなんて・・・
その憧れの男の子の前で、今の私の格好ときたら・・・
丸裸にされて、お尻の穴を広げられて・・・
どうして、なんで私がこんな目にあわなきゃいけないの?・・・
そんな自分がすごくかわいそうで、みじめで、でもそれがなぜだか気持ち良くて・・・

私の恥ずかしさは、頂点に達していました。


お医者さんごっこと私 04

0 件のコメント:

コメントを投稿