2018年2月11日

三人のミストレス 19

「ごきげんよう。お久しぶりです、シーナさん」
 お姉さまだってシーナさまの足下でうずくまる裸身の存在には気づかれているはずなのに、そこにはまったく触れずニコヤカにご挨拶。

「本宮から、今降ろした、って連絡入ってから30分以上も現われないからさ、てっきり直子が怖気づいて逃げ出しちゃったかな、と思っていたわよ。このまま来なかったら二度目のショーは牝ブタに何やらせようかって、考えていたところ」
 ご機嫌ナナメっぽいご様子なシーナさまが、細長いグラスに入った水色のお飲み物をクイッと一口、お飲みになりました。

 シーナさまたちがお座りになっているテーブルの上には、そのお飲み物の他に、チーズとクラッカーが乗ったお皿、グラスに刺さったお野菜スティックが置いてあり、小野寺さまの前には、茶褐色の液体に氷を浮かべたお飲み物。
 それらに加えて、見た瞬間にドキッとしてしまう、ひときわ私の目を惹くものがふたつ、無造作に置いてありました。

 ひとつめは、全体が真っ黒で少し古びた乗馬鞭。
 ずいぶんと使い込まれているようで、持ち手の革が黒光りしてテラテラ光っています。
 長い柄の細い部分が弾力のありそうな素材で、とてもよくしなりそう。
 先端のベロ部分は弓矢の矢羽根みたいな形で大きめ。
 これで尻たぶをジャストヒットされたら、クッキリ矢羽根の形の赤い打痕が残っちゃいそうです。

 もうひとつは、小野寺さまの前に置いてあるハンディビデオカメラ。
 新人エステティシャンの研修用教材という名目で、私のマゾマンコがワックス脱毛でツルツルにされる一部始終を録画されたときに使われたカメラと同じものよう。
 ということは、これから私がしなくてはいけないバトルショーとやらも、このカメラで撮影、記録されることになるのでしょう・・・

 シーナさまに促され、先ほど空けてくださったストゥールに腰掛けようとすると、すかさず脇からミイコさまが、ストゥールの腰掛け部分の上にたたんだバスタオルを敷いてくださいました。
 お姉さまと小野寺さまは初対面らしく、お名刺の交換をされています。
 腰掛けた私は、足下にいらっしゃる、裸の人、が気になって仕方ありません。

「そう言えばエミリー?本宮から名刺、もらった?」
 シーナさまがお姉さまにお尋ねになりました。

「ええ。車を降りるとき、どうぞ今後共ご贔屓に、ってくださったわよ。あのかた、個人営業なのね」
 小野寺さまのお名刺をポーチにしまうついでに、一枚の小さな紙片をヒラヒラさせるお姉さま。

「へー、ていうことは気に入られたんだ。だったらエミリー、これから直子と遊ぶとき、わたしが使わないときならいつでも本宮の車、使っていいってことよ」
 少しご機嫌が直られたらしいシーナさまの、弾んだお声。

「わたしが牝ブタと移動するときは、こいつは、大抵ほとんど裸だから、本宮はそういうヘンタイの扱いに慣れているの。だから、あなたたちも大胆に愉しめるはずよ」
「もちろん料金は、どこへ行こうが、北海道だろうが沖縄だろうが牝ブタ持ちだし、本宮はああ見えて合気道とか護身術全般身につけた優秀なガードウーマンでもあるし、オマケにSっ気も旺盛だから、いろいろ頼もしいはずよ」
 シーナさまが、こいつ、とおっしゃったとき、同時に足でテーブル下の人に何かしたみたいで、んぐぅ、という苦しげな呻き声がテーブル下から聞こえました。

「エミリーは小野寺さんとは初対面だったわね?アンジェラのサロンで事務方全般を一手に仕切っている、超有能なセクレタリー」
「あ、アンジェラさんとはこのお店で何度かお会いしたことあります。その節はうちの直子がずいぶんお世話になったみたいで、ありがとうございました」
 シーナさまのご紹介でお姉さまが小野寺さまに深々と頭を下げ、つられて私もペコリとお辞儀。

「今日のこちらでのイベントには、うちのアンジェラがとても来たがっていたのですが、どうしても外せない先約があり、代わりにわたくしが送り込まれました」
 小野寺さまが数年前と変わらない理知的かつ滑舌の良いハッキリとした口調でおっしゃいました。

「それで、観られないのであればせめて映像だけでも、ということでわがままをお許しいただき、本日はショーの一部を撮影させていただくことになりますので、どうぞよろしくお願いいたします」
 
 私を見つつの小野寺さまのお言葉に、やっぱり、とじんわりマゾマンコを潤ます私。
 そのとき、私たちの背後で立ったまま会話を見守っていたミイコさまが、お口を挟んできました。

「安心してナオちゃん。撮影するのはこのビデオだけで、他のお客様はケータイでもスマホでも一切撮影禁止になっているから。ネットに画像流出して顔バレ身バレとかは絶対に無いって約束するわ」
 イタズラっぽく微笑まれるミイコさま。
「お店で上映会とか、BGVとしてそのモニターに流すことは考えているけれどね」

「そんなことより、早くナオちゃんにジャクリーンを紹介してあげて。エミリーはここで何度か会ったことあるけれど、ナオちゃんは初対面でしょ?」
 ミイコさまがシーナさまに、新しいお飲み物を手渡しながらおっしゃいました。

「ううん。直子はずっと以前に、うちの牝ブタと顔合わせしているわ。もっともそのときは生意気にこいつ、人並みの格好をしていたと思うけれど」
 シーナさまがニヤニヤ笑いつつ、テーブル上の乗馬鞭を手にお取りになります。

「ほら、ヘンタイ牝ブタドマゾおばさん?オットマン役はもういいわ。立ち上がっておまえのお仲間にご挨拶なさい。ほら、早くっ!」
 シーナさまがテーブル下に潜らせた乗馬鞭がご活躍されているのか、テーブル下から人の肌を打擲する拍手のようなペチペチ音が聞こえてきます。

「ん、むぐぅ・・・」
 テーブルが少しガタガタ揺れ、シーナさま側のテーブル端からウェーブのかかった髪の毛が見えてきました。
 やがて、肘、肩、背中と露わになり、紛れも無い全裸女性の全身が現われました。

 首には太くて幾つもリングがぶら下がった黒い首輪、肩までのウェーブヘアが汗で額に貼り付き、黒色のボールギャグをかまされたお口からはだらだらとよだれを垂らされ。
 目鼻立ちの大きな日本人離れした端正なお顔は紅潮し、眉根に深く苦悩のシワが刻まれていましたが、そのお美しいお顔には、確かに見覚えがありました。

 シーナさまのパトロンさんにして、うんとお歳の離れた専属マゾドレイ。
 シーナさまのお住まいでもある私と同じマンション最上階の持ち主であり、どなたでも知っている有名上場会社の社長夫人。
 確かお名前は、ワカバヤシさま。

「直子、会ったことあるよね?うちに遊びに来たときに」
「あ、は、はい・・・」
 シーナさまに問われ、そのときのことをあざやかに思い出しました。

 東京に出て来て、シーナさまと恥辱満点の刺激的な再会を果たした初夏の数日後。
 ペントハウス風になっているマンション屋上で遊ぼうとシーナさまに呼び出され、伺ったときのことでした。
 玄関先でお出迎えしてくださった、仕立ての良いサマースーツを品良く着こなされた女優さんのようにお綺麗なお顔立ちの見るからにセレブマダム風な女性。
 身長は私より少し高いくらいなのに、何て言うのか、キラキラしたオーラに満ち溢れていて、生まれて初めて、貴婦人、と呼ばれる人種を目の当たりにした、と感じました。

 そのときは、その女性が外出される直前だっため、お顔を合わせただけだったのですが、ごゆっくりしていってくださいね、というおやさしいお言葉と、たおやかに香る甘ったるいコロンの香りが印象的で、なんて絵に描いたようにお上品なご婦人なのだろう、と思ったものでした。
 
 その後にシーナさまのお口から、そのご婦人こそがシーナさまの慰み者マゾドレイだと聞かされ、もっとビックリしてしまったのですが。
 その優雅なマダム、ワカバヤシさまが今、私たちの目の前に全裸で、いえ、全裸よりももっと浅ましいお姿で仁王立ちされていました。

 両手は頭の後ろで手錠されているらしく、立ち上がったときからすでにマゾの服従ポーズ。
 ご年齢は私の母と同じくらいか少し上とお聞きしていましたが、とてもそうとは思えない、シミやシワが少しも見えない艶やかな肌に引き締まったプロポーション。
 
 バストは大きく、ウェストはキュッと絞られ、ヒップはドーンと豊かで美脚がスラリ。
 もちろん腋と股間は完全剃毛済みのツルッツル。
 一見してお歳を感じさせない若々しいセクシーボディなのですが、いくつかの理由で、見ているこちらが恥ずかしくて目を背けたくなるくらい、艶めかしい色香を全身から発散されています。

 まず、目につくのは、そのおからだに残る日焼け跡。
 全体にこんがり健康的な小麦色に焼けていらっしゃるのですが、バスト部分と下半身にだけ、青白いほど生々しく普通の肌色が残っていました。
 
 おっぱい部分は、小さめなハーフカップブラビキニの形通り、乳輪を含むおっぱい周りだけ白い肌。
 下半身は、恥丘の膨らみ始めくらいから腿の付け根までがブーメラン型に白く焼け残り、凄くローライズでローレグな水着を身に着けていらっしゃったのであろうことが推測できます。
 
 その二箇所の未日焼け部分の青白さと小麦色の他部分とのコントラストで、結果的に白いおっぱいと乳輪、そして無毛の股間の割れスジを、ひときわ生々しく猥褻に目立たせる日焼け跡となっていました。

 更に、そのおっぱいの先端にはステンレス製らしい禍々しい形をしたクリップが両乳首に噛みつき、ふたつのクリップを繋いだ重そうなスチールチェーンに引っ張られ、豊満なおっぱいが盛大にうなだれて垂れ下がり、熟れ過ぎて今にもポタリと落ちそうな果実のよう。
 乳首も乳輪も私より大きく、色も濃い目ですごく淫猥な感じ。

 そしてとどめは、二の腕や胸元、太股付近のあちこちに刻まれている、ついさっきまで縄でギリギリと絞られていたのであろう生々しい縄目痕。
 太腿には矢羽根型に鞭打たれた痕も、ところどころに残っていて、私たちがここに来る前までに、このかたがいったいどんな扱いを受けられていたのか、いけない妄想が膨らんでしまいます。

 そんな感じに、見るからにふしだらと言うか、いやらしくも美しい裸体を目の当たりにして、私の心臓はドキドキ早鐘のよう。
 思わずお隣のお姉さまにからだを摺り寄せてしまいました。

「ほら、牝ブタ?口枷取ってやるから、今夜の対戦相手に一応挨拶しときな」
 シーナさまがぞんざいにおっしゃると、すかさずワカバヤシさまが服従ポーズのままひざまずき、お顔をシーナさまの胸元に差し出します。
 シーナさまがボールギャグのベルトを緩めると、その唇の端からよだれがダラダラ、首筋からおっぱいへと流れ落ちていきました。

 ワカバヤシさまの額にひっついた髪の毛を丁寧に払い、乱れた髪型を整えてあげる、おやさしいシーナさま。
 口枷を解かれ髪を直されたワカバヤシさまって、やっぱり凄い美人さん、今流行の言葉で言えば、まさしく、美魔女、さんという感じです。

「お久しぶりです、直子さま。直子さまのことはいつもドミナから聞かされていましたから、ぜひ一度、ちゃんとお目にかかりたいと思っていました。本日はよろしくお願いいたします」
 再び立ち上がられたワカバヤシさまが、座っている私を見下ろすように、服従ポーズのまま深々とお辞儀をしてくださいました。

「え、あ、あの、いえ、こちらこそ・・・」
「うちの直子だって同じマゾドレイなんだからさ、ジャクリーンも別に、直子さま、なんてあらたまらなくたっていいのに」
 しどろもどろな私に代わって、お姉さまがワカバヤシさまに、茶化すようにお応えになりました。

「いえいえ、ドミナは直子さまのことをいつも褒めていらっしゃいますから、奴隷にとっても直子さまはドミナのご友人で崇拝すべきおかたでございます。奴隷はここでは最下層の身分ですので」
 ワカバヤシさまが恐縮されたようにおっしゃいました。

 ドミナ、って、シーナさまのことよね?
 えっ?シーナさまって私のこと、ワカバヤシさまの前で褒めてくださっているの?
 それにワカバヤシさまは、ご自分のことを、奴隷、ってお呼びになるんだ・・・

 そんなことを考えていたらシーナさまの右手が一閃し、乗馬鞭のベロがワカバヤシさまのお尻をピシャリと打ち据えました。
「ひっ!」

「何、あたりまえのことを得意げに言っているの?おまえが最下層のヘンタイセックススレイブだってことは、ここにいる誰もがわかりきっているわよ」
「でも今夜はエミリーのマゾペットと、どちらのドレイがより従順でヘンタイかを競う対決、勝負は勝負だからね?もしおまえが直子みたいなこんな小娘に負けたら、明け方に素っ裸で表に連れ出して、道端や近くの公園にたむろしているホームレスのを5、6本、しゃぶらせるからねっ!」
 
 シーナさまがワカバヤシさまの乳首からぶら下がったチェーンを無造作に引っ張りながら、怖いお顔で吐き捨てるようにおっしゃいました。
 ワカバヤシさまの両乳首がおっぱいもろとも痛々しいくらい伸び切っています。

「あうぅっ、そ、それだけはお赦しください。ドミナはいつもその罰の後は、わたくしをしばらく可愛がってくださらなくなるではないですか・・・」
 シーナさまの手を離れた鎖でおっぱいがブランブランと揺れるのにも構わず、ワカバヤシさまが憐れそうに懇願されます。

「あたりまえでしょ?そんな男どもで穢された牝ブタのからだなんて、たとえグローブしていたって触りたくないわよ」
「皮膚の細胞は約一ヶ月で入れ替わる、っていうから、穢れたからだが生まれ替わるまで、おまえは貞操帯嵌めて、セックスもオナニーも、わたしとの謁見も禁止よ!」

 今度はパシッとワカバヤシさまの右おっぱいを打ち据えるシーナさま。
 やっと鎮まっていた鎖が、再び派手にブランブランと暴れ始めます。

「あぁうぅっ、わ、わかりました。奴隷もその罰だけは受けたくないので、いくら可憐な直子さまと言えども、手加減なしでお相手させていただきます」
 私をまっすぐ見て、縋るような目つきで微笑まれるワカバヤシさま。

「そうね、せいぜいがんばんなさい。ほら、そろそろ始めるから、おまえは席を回って空いたグラスやお皿を集めてきなさい」
 シーナさまがおっしゃると、傍らのミイコさまが四角い銀盆をシーナさまに差し出されました。
 もうひとりのメイド服姿の女性がワカバヤシさまの背後に回り、両手の手錠を外されます。

「かしこまりました、ドミナ。奴隷は仰せのままに」
 ワカバヤシさまが膝立ちになると、シーナさまがふたつの乳首から半円状に垂れ下がったチェーンを金具からふたつに分け、銀盆の左右の持ち手部分に装着しています。
 えっ?それってもしかして・・・

 やがて装着が終わったらしく、ワカバヤシさまが立ち上がられました。
 ワカバヤシさまのウエスト部分から、駅弁の売り子さんのように銀色のお盆が飛び出ています。

 そのお盆を支えるのは左右の乳首に噛み付いた2本のチェーン。
 ウェスト部分でもベルトを巻いて銀盆を安定させてはいるようですが、あの状態では銀盆にグラスを乗せるたびに重さで両乳首が引っ張られちゃうはずです。

「ほら、時間押しているんだから、さっさと回ってきな。重くても絶対手を使って支えるんじゃないよっ?」
「は、はいーっ!」
 シーナさまにお尻をピシャリと打たれ、ヨタヨタと全裸でフロアにお出になるワカバヤシさまの後姿。

 そのお尻にはアナルプラグなのでしょう、クルンと円を描いた、まさしく豚さんの尻尾のようなプラスティックの尻尾が生えていました。
 裸足の両足首には黒いベルトの足枷、もちろんその両足首は歩幅くらいのチェーンで繋がれています。

「はーい、みなさーん。そろそろイベント第2部を始めますから、空いたグラスやお皿は、今場内を回っているジャクリーンのお盆に乗せてあげてくださーい」
 ミイコさまがフロアに向かって、ひときわ大きなお声で呼びかけられました。
 気がつくとフロアのお客様の大半が、あるかたは椅子をご持参で、あるかたは立ったまま、私たちのテーブルを取り囲むように集まっておられました。

「ショーのあいだは、中央テーブルに各種お酒のボトルと氷やお水やジュースを置いておくので、各自勝手に作って飲んでね。おつまみはアキちゃんに言えば、簡単なものなら作ってくれると思うわ」
 中央のテーブルにせっせとウィスキーのボトルなどを並べている、もうひとりのメイド服姿な女性を指さされるミイコさま。

「ショーのあいだは、私やママには何を言っても無駄よ。わたしはショーの進行で忙しいし、ママはかぶりつきで観ているでしょうから。それくらいママも今夜のイベントを愉しみにしていたの」
 ドッとあがるみなさまの笑い声。
 そんなあいだもワカバヤシさまはフロア内を全裸で練り歩き、お腹の前の銀盆のグラスの山が高くなるにつれて、乳首の痛々しさが増していました。

「まだちょっと準備に時間かかるから、ナオちゃんはまだここでリラックスしていていいわよ」
 一通りフロアへの呼びかけを終えて私の傍らに戻ってこられ、おやさしくお声をかけてくださるミイコさま。

「あの、ワカバヤシさまの乳首クリップ、あんなにグラスいっぱい乗せて、大丈夫なのですか?もし外れてグラスが落ちてしまったら・・・」
 他人事とは言え、痛々しくて見ていられなくて、思わずミイコさまにお尋ねしてしまいました。

「シィーッ、彼女のことはここではジャクリーンて呼んでね。ドマゾヘンタイ熟女のジャクリーンと社長令夫人のワカバヤシさんとは別人なのだから」
 ミイコさまがイタズラっぽく唇に人差し指を当てておっしゃいました。

「まあ、でも今は公然の秘密みたいになっちゃったけれどね。少なくとも今夜来ている人は全員、彼女の素性の噂は聞いているだろうし」
 いつの間にかいらっしゃったのか、やよいママさまがお話に加わられました。

「シーナも彼女を最初連れてきたときは、ベネチアンマスクっていうんだっけ?あの仮面舞踏会みたいな目の周りだけのマスク着けさせてミステリアスに振る舞っていたのに、何度か通ううちに結局酔っ払って、自分たちでベラベラ白状しちゃうんだもの」

「会社名までは知らないまでも、彼女がどっかの大会社の社長夫人で、おしのびで夜毎ヘンタイ行為に耽っているらしい、って噂は有名よ」
 シーナさまがソファー上のお尻を少し小野寺さま側にずらされ、シーナさまのお隣に窮屈そうに腰掛けられるやよいママさま。

「でも彼女の変装っぷりは見事よ。あたしは会社名まで知っているから、たまにテレビで社長夫人として映るのも見たことあるのよ。だけどまったく別人。髪型もメイクも服装も。テレビに出ているお上品で優雅なご婦人と、今素っ裸で乳首の痛みに耐えているヘンタイマゾ女とが同一人物なんて、とても思えないものね」

 やよいママさまのお言葉に、ニンマリとお応えになるシーナさま。
「表に出るときの名前だってワカバヤシじゃないからね。ワカバヤシは旧姓なの」

「ワカバヤシ・・・ああ、だからジャクリーンさんなのですね?」
 それまで静かに会話を聞かれていた小野寺さまが、唐突にお声をあげられました。

「あ、あなたは気づいたのね?どう?直子はわかった?」
 やよいママさまが突然私に振ってきました。

「えっ?あ、あのいえ、えっと、お綺麗だから欧米系ハーフのかたで、ミドルネーム、とか?・・・」
 まったく見当がつかず、咄嗟に思ったことを口走る私。

「ブーッ!それっぽい顔立ちだけれどアレがハーフじゃないことは確かよ。あのだらしなくいやらしい体型を見ると、数代前にコーカソイド系の血が混ざっていそうではあるけれど」
 シーナさまが可笑しそうにおっしゃいました。

「もっと単純でバカらしいこと。小野寺さん?答えてみて」
 愉しそうに小野寺さまを促されるシーナさま。

「はい。わたくしの考えでは、ワカバヤシさんの漢字を音読みにしただけ。若いと林、すなわち、ジャクとリン」
「大正解!」
 周りを囲むお客様の方々も聞き耳を立てていらしたらしく、パチパチとまばらな拍手が起こりました。







2018年1月28日

三人のミストレス 18

 捻っていたからだをカウンター側に戻すと、目の前にやよいママさまがいらっしゃいました。
 私と目が合うと、ニッコリ笑いかけてくださいました。

「ずいぶんと熱心にフロアを観察していたじゃない?何か興味を惹くものでもあった?好みな女性がいたとか?」
 カウンター越しに、からかうように尋ねてくるやよいママさま。

「あ、いえ、そいうのではなくて、お客様がいっぱいだなー、って・・・」
 真正面から見つめてくるやよいママさまにドギマギしつつ、あわてて付け加えます。

「それに、暗いし恥ずかしいしで、お客様ひとりひとりのお顔まで、ちゃんと見ていられません・・・」
 お答えしながら気がつくと、お姉さまは左隣の、里美さまとしほりさまは右隣の、それぞれお隣に座られた見知らぬお客様がたと、私にお背中を向けて楽しげにおしゃべりされていました。

 その隙を窺って、という訳ではないのでしょうが、すごく近くまでお顔を近づけてくるやよいママさまと、お久しぶりの親密ムード。
 私の格好が恰好なので、胸はドキドキからだはソワソワ、懐かしい羞じらいがよみがえってきます。

「そうね。お店始めたばっかりの頃は、どうなることやら、とも思ったけれど、おかげさまで徐々に常連さんが増えてきて、最近やっと軌道に乗ってきたところ」
「ミーチャンやシーナが顔広いからね。連れてきてくれたお客様からの口コミで輪が広がった、って感じかな」

 傍らに置いた薄いレモン色のお飲み物が入ったグラスを、ときどき唇に運び舌先でチロチロ舐めつつ、ご説明してくださるやよいママさま。
 ミイコさまを、ミーチャン→と、平坦にアクセント無しでお呼びになる、地元の頃と同じやよい先生のイントネーションが懐かしい。

「あ、でも、お外には看板もネオンも出ていませんでしたよね?それで中に入ったら、こんなにたくさんいっらっしゃったので、単純にびっくりしたんです」
 会話を途切らせてはいけないと、店内に入ったときに感じた素直な感想を、そのまま言葉にしてみました。

「ああ、だからさっき言ったように、今日は特別なの。普段はちゃんと7時には表の階段前に看板出して、入り口の二重扉も外側は開け放しにしているわ」
 なぜだか可笑しそうに微笑混じりのご説明。

「ドアには会員制って書いたけれど、一度でも来てくださったお客様と一緒の女性ならば、基本的にオールウェルカム。レズビアンではないノンケ女性でもね」
「イベントの日だけは、表向きお休みにしているの。フリのお客様が入ってこれないように」
 唇に運ばれたグラスが少し傾き、やよいママさまのなめらかな喉がゴクリと上下します。

「いろいろイベント企画しているのよ、月に2度くらい。あたしらも愉しみたいじゃない?」
「軽めのカップリングパーティから、夏だったら水着デーとか。ディープなほうだとセクシー女優さん呼んでトークショーとか女性緊縛師の緊縛講座とか」

「中でも今夜のイベントはトップシークレット扱いだから、今居るお客様はうちのVIP待遇なお得意様と言えるわね」
「つまり、今ここにいるお客様たちは、マニアックなスケベさん揃い、ってわけ」
 少しご苦笑気味に、イタズラっぽい笑顔をお見せになるやよいママさま。

「まあ、あたしたちのことはいいとして、直子はどうなの?エミリーと、いろいろ楽しくやってる?」
 やよいママさまの視線が、私の顔から丸出しなおっぱいへと、あからさまにゆっくり移動しました。

「あ、はい。お姉さまはお忙しくてオフィスでも毎日はお逢い出来ないのですが、そんなときでも他の社員のみなさまから・・・」
 私ったら、やよいママさまに何をお話しようとしているのでしょう。
 はたと口をつぐんだ私の言葉を、聞かれていたのかいないのか、唐突にこんなことをおっしゃってきました。

「ねえ?直子のおっぱい、乳輪が一回り以上大きくなったんじゃない?あたしと遊んでいた頃に比べて」
 私の右の乳首をまじまじと見つめつつの、やよいママさまのお声。

「あんっ、いやんっ・・・」
 触られたわけでもないのに、若干の揶揄をも含んだようなそのおっしゃりかたに、ヒクッと疼いてしまう私のマゾマンコ。

「いやん、じゃないわよ。いい感じじゃない?いい感じにいやらしさが増しているわ」
 嬉しそうに再び私の顔に視線を戻されたやよいママさま。

「直子って元から乳首、大きめだったじゃない?それがもっと大きくなっていて、それにつれて乳輪も広がったって感じ。左右ともほぼ完全な鴇色の円を描いていて、とても綺麗よ」
 今度は左の乳首を凝視してくるやよいママさま。

「あたしと会えないあいだに、いろんな人にいろいろ弄られたのでしょうね。今だって、あたしに向かって痛々しいくらい尖っちゃって、弄って欲しくて堪らない、って感じ。すんごくビンカンそう」
「隣にエミリーがいなかったら、なりふり構わず両腕伸ばして、ギューっとわしづかみしちゃっているでしょうね。そのくらいふしだらにえっちで、魅力的よ」

 少しお声を落とされ、とんでもないことを笑顔でおっしゃるやよいママさま。
 マゾマンコの奥がまたヒクヒクととわななき、少し開いたラビアをトロリと濡らします。

「あ、あの、やよい先、あ、いえ、百合草先生は、私が学校行っているうちは、お店に来てはいけない、っておっしゃいましたよね?あれは何か意味が、あったのですか?」
 動揺をごまかしたくて焦って話題を逸らそうと、ずっと気にかかっていたことが口から出ていました。

 以前と変わらない、いえ、以前にも増して魅力的になられたやよいママさまのお顔を見ていると、そんなことおっしゃらずに、どうぞ、わしづかんでください、なんて口走ってしまいそう。
 今の私、すごく物欲しげな顔をしているはずです。

「あれ?そんなこと言ったっけ?」
 しばし上目遣いで記憶を辿るやよいママさま。

「あー、思い出した。あの頃、うちの店に直子の行っていた女子大の関係者がよく来ていたのよ、40代手前くらいで先生なのか事務方なのかは知らないけれど。見た目にも気を使っていて、まあまあ美人」
 完全に思い出されたようで、スラスラとお答えくださいます。

「いつもおひとりで来られて、若い子中心に声かけていたわ。話題も豊富みたいで、浅い時間はまあ楽しいお酒なんだけれど、量が過ぎると豹変するの。簡単に言えば酒癖が悪かったのね」
 綺麗な眉間に少しシワを寄せられたやよいママさま。

「悪酔いすると、やたら他の子のからだベタベタ触りたがってさ、そのへんのキャバクラで飲んでるスケベオヤジみたいになっちゃうんだ。それで拒否ると居丈高に怒り出すし」
「他のお客様も、最初は笑って相手していたんだけれど、段々もてあましちゃってさ。絡み方がしつこいんだこれが」

「ジェンダーの話題になると声高になっちゃうような人でね、そのへんもちょっとめんどくさかったかな、お酒の席だしね」
「他のお客様から、彼女は女子大にお勤めらしいって聞いて、その学校名が直子の通う学校だったから、直子が彼女と鉢合わせしちゃったらマズイと思ったのよ」
 困ったような苦笑いのやよいママさまも、アンニュイな感じでお美しいです。

「それで直子が東京に出てきたとき、一番最初に釘を刺しておいたんだ。あたしの店には近づくな、って」
「直子、彼女の好みっぽかったし、顔を覚えられて学校内で関わったりしちゃったら、相当面倒なことになりそうでしょ?」

「一年くらい熱心に通ってくれていたんだけれど、いつの間にか来なくなって、噂で聞いたら別のお店に鞍替えしたみたい。ステディな子をみつけらしいわ」
「だから今夜はもちろんここには来ていないし、これからも安心して遊びに来ていいわよ、エミリーと一緒に」
「それと、あたしのことを百合草先生って呼ぶのはやめてね。もう先生でも何でもないんだし、やよいママ、でいいからね」

 いつもの笑顔にお戻りになられたやよいママさま。
 すると、ちょうどそこにミイコさまがおいでになり、やよいママさまのお耳にコショコショっと何事かお耳打ちされました。

「おーけー。直子もそろそろ落ち着いたでしょうから、始めましょうか」
 私に同意を促すように、おだやかな微笑を向けてくるやよいママさま。

「えっと、始める、って、何を始めるのですか?」
 私の問にお答えくださったのはミイコさま。
「何って決まっているでしょ?イベントの第2部、みなさんお待ちかねのスレイブバトルショーよ」
 とても嬉しそうなミイコさまのお声。

「まずはこれから対戦するお相手にご挨拶しなくてはね。わたしが紹介してあげる」
 ミイコさまが私の肩に手を置き、立ち上がるように促してきます。

「えっ、えっと、どういうことなのでしょう?バトルショーとか対戦とか・・・」
 薄々予感はしていたのですが、やっぱり私はこのお店でも、みなさまの見世物にされちゃうみたい。
 でも、あまりに突然で単刀直入だったので、戸惑いが言葉になってミイコさまを見上げました。

「あれ?エミリーに聞かされていなかったの?ナオちゃんはこれから、うちのお店で一番人気なマゾスレイブと公開バトルをするの。ぶっちゃけて言えばSMショーみたいなものね。あんな格好で現われたから、てっきり覚悟の上だと思っていたわ」
 ミイコさまのご説明に、ウンウンとうなずかれるお姉さま。

「直子ならすんなり空気を呼んでくれると思ってさ、あえて何も説明しなかったんだ。それにもし嫌がったとしても、あたしの命令は絶対だもの」
 お姉さまがお得意げに笑って、リードを手に立ち上がられました。

「あらあら、羨ましいくらいの姉妹愛ね。日頃のトレーニングの成果をじっくり鑑賞させてもらおうっと」
 やよいママさままで、からかうようにおっしゃいます。

「ト、トレーニングって・・・バ、バトルとかSMショーとか、私、別にこれといって・・・」
「トレーニングっていうのはね、あたしら的に訳すと、調教、って意味なの。直子はエミリーにマゾペットとして調教されているんでしょ?その調教がどのくらい進んだのか、見せてくれるってエミリーが言ってきたから、今夜のイベントを組んだのよ、ね?」
 ご説明してくださったやよいママさまとお姉さまが、愉しげにお顔を見合わせてニッコリ微笑みました。

 トレーニングって、そういう意味もあったんだ・・・
 私はお姉さまやオフィスのみなさまといろいろえっちな遊びをしていても、調教されている、という自覚はありませんでした。
 たまにお芝居っぽく、調教、というセリフを使うこともありましたが、それはロールプレイでの役割分担のようなもの。
 でも、傍から見ると私は、お姉さまにSM調教されている、ということになるのでしょう。

 そうするとこれから私がやらされるのは、SM公開調教?
 アダルトビデオでしか見たことの無かった、見ず知らずの大勢の方々の目の前で恥ずかしくも惨めな痴態を晒し、侮蔑と嘲笑の的となる生贄マゾ女。
 
 妄想やフィクションの世界だけのことと思っていた状況が、現実になっちゃうんだ・・・
 やよいママさまがおっしゃるところの、マニアックなスケベさん揃いなお客様がたの前で、きっとすっごく恥ずかしいことをさせられちゃうんだ・・・
 興奮なのか怯えなのか、心の奥底からゾクゾクっとくる震えが全身を駆け巡りました。

「ほら、直子?立ちなさい。里美?また後ろで両手、繋いじゃって」
 お姉さまのご命令でストゥールから立ち上がると、里美さまによって有無を言わせず、再びチェーンで後ろ手錠にさせられた私。

「それでは行きましょう。アキちゃん?電気点けて」
 ミイコさまがフロアに呼びかけると、薄闇だった場内がサーッと明るくなっていきます。
 
 ああん、だめっ、明るくしないで!
 心の中では叫べても、実際に口に出すことなんて出来ません。
 明るくなりかけたとき、おおっ、というどよめき、つづいて沈黙、少ししてヒソヒソ声のさざ波が広がりました。

 真昼のように明るくなった店内すべての方々の視線が、ボディハーネスだけな私の全裸に集中していました。
 おひとりおひとりの好奇に満ちたご表情がハッキリと見えてしまい、いたたまれずに思わずうつむいてしまいます。

 店内のBGMはカイザーワルツ、皇帝円舞曲に変わっています。
「直子?うつむいちゃダメよ?ランウェイのときみたいに優雅に、音楽に乗って歩きなさい」
 私の首輪に繋がるリードのチェーンをお持ちになったお姉さまが、ご自身もゆっくりとモデルウォークされながら、小声でご命令。

 後ろ手錠で背筋を伸ばすと、剥き出しのおっぱいを誇示しているみたいになっちゃいますが、ご命令なので仕方ありません。
 顔をまっすぐ前に向けていると、否が応にも店内のお客様のご様子がハッキリ視界に入ってきます。

 ある人は唖然としたお顔で、ある人はニヤニヤ笑いで、20名以上の見知らぬ女性の方々が私の姿を目で追っています。
 サマードレスで着飾ったかた、ラフにジーンズとTシャツなかた、ブラウスにスカートなOL風のかた・・・
 ミイコさまと同じようなメイド服姿の女性もいらっしゃいます。

 当然ですがみなさまちゃんと何かしらきちんとお洋服を召されている中で、たったひとり、おっぱいも性器もお尻も丸出しな私。
 文字通りの見世物状態。
 急に明るくなってしまった分、恥ずかしさとみじめさが倍増です。

 会社のイベントショーでモデルをしたときの、今すぐ逃げ出したくなるような恥ずかしさがよみがえります。
 ただ、あのときとは、私を見つめる視線の強さが違っていました。
 イベントショーのときは、あきらかに戸惑ったような、照れたように伏し目がちになってしまうご遠慮がちなかたも目立ちましたが、今は皆無。
 
 すべての視線が私の裸身を、食い入るように、値踏みでもしているかのように、好奇と嗜虐と侮蔑を感じ取れるまなざしで、注目していました。
 顔とおっぱいと性器周辺とお尻に痛いほどの視線を感じつつ、ゆっくりと歩きます。

 先導されるミイコさまは、ステージ脇の大きめなテーブル席に向かわれています。
 その頃には店内におしゃべりが戻り、始まるみたいね、とか、ずいぶん若そうな子じゃない?などの弾んだつぶやきも聞こえていました。
 待ちに待ったコンサートがこれから始まる、みたいな雰囲気と同じ、みなさまのワクワクな高揚感が伝わってきます。

 近づくにつれ、そのテーブルの壁際のほうのお席に、見知ったお顔の女性が私をニヤニヤ眺めていることに気づきました。
 その壁際のお席だけ、3人並んで座れそうなゆったりとしたソファー。
 そこにおふたり並んで座られている、すごくよく知っているお顔と、もうひとりのかたは確か・・・

「ごめんさいね、ちょっとジャクリーンに今日のゲストの子を紹介するので、この席一瞬、空けてくれる?ショーが始まったらまた戻っていいから」
 ミイコさまが、テーブル席の壁とは反対側のストゥールにお座りになられていたおふたりの女性にお声をかけました。

「ハーイ!いよいよ始まるんですねっ!?」
 色違いのピチピチタンクトップにショートパンツというセクシーな格好をされた可愛らしい系なおふたり連れが、ご自分たちのグラスを手にそそくさと立ち上がられ、お席を空けてくださいました。

「やっと来たのね?もう待ちくたびれちゃったわよ」
 ぶっきらぼうにお声をかけてくださったのは、ざっくりした白いTシャツ姿の、いつになくラフなファッションのシーナさま。

 そのお隣で涼し気な微笑をお見せになられているシルクっぽいブラウスの凛とした女性は、確か小野寺さま。
 私が脱毛などですっかりお世話になっているエステサロンにお勤めのかたで、支配人さまの秘書をなさっています。

 そのエステサロンには、シーナさまが連れて行ってくださいました。
 そこでも私は、施術中に幾度となくあられもない痴態をさらけ出し、小野寺さまは、そんな私をつぶさにご観察なさっていたはずなのですが、最後まで冷静沈着で理知的に接してくださった、まさしくクールビューティな女性です。

 お珍しい組合わせ、と思いつつも思わぬ見知ったお顔のご登場に、今の私のまさしくマゾドレイな格好を思い出し、あらためて羞じらいが再燃。
 だけど、それ以上にショッキングな光景が視界に入り、唖然としてしまいました。

 先にお座りになられていたおふたりが退かれ、二脚のストゥールの脚のあいだから覗くテーブル下に、身を縮こませてうずくまっているらしい人影が見えました。
 全体的に肌色なので、おそらく裸、そしておそらく女性。

 乱れた髪がお顔の側面にかかり、お顔はわかりません。
 土下座でひれ伏したように身を屈められ、艶かしくカーブを描く剥き出しのお背中の上に、シーナさまの伸ばした生脚が乗せられていました。

 そのお姿を見た途端、ビクンと全身が震え、すぐに直感的に、あ、このかたもマゾドレイなんだ、と確信しました。


三人のミストレス 19


2018年1月14日

三人のミストレス 17

「いらっしゃーい。遅かったわね?週末だから道が混んでいた?」
 この理知的で落ち着いたお声はミイコさま。
 ミイコさまというかたは、私が地元にいたときからやよい先生最愛のパートナーの座におられる女性で、私の一番最初の恋敵。

 フルネームは水野美衣子さま、お姉さまの高校の先輩でもあるそうです。
 そう言えばさっきお外で、これからやよい先生のお店に伺うとわかったときも、ミイコさまのことはなぜだかぜんぜん思い出さなかった私。
 やよい先生とのお別れの日や、わざわざ私だけの為に撮影して作ってくださった自縛のハウトゥビデオ、えっちなグッズ製作などなどで、さんざんお世話になったかたなのに・・・
 ちょっと反省。

「あ、いえ。直子にニチョやエルの小路を案内したくて寄り道しちゃって遅れてしまいました。ごめんなさい・・・」
 お姉さまのテヘペロ気味なお返事。
 でも、ニチョって何?

「ナオちゃんもいるのよね?みんなお待ちかねよ。でもその前に一応お約束、秘密の合言葉ね。いい?百合草会は?」
 インターフォンの向こうのミイコさまのお声が、イタズラっぽい笑い混じりになりました。

「・・・安全、迅速、丁寧、仲良し」
 お姉さまが標語を暗唱するみたいに、照れ気味でお応えになります。

「合格よ、ちょっと待っていて。今ドアを開けるから」
 プツッという音でインターフォンが切れました。

「なんですか?今の」
 里美さまが怪訝そうにお姉さまへお尋ね。

「さあ?あたしもよく知らないけれど合言葉。来たときに言うように言われていたの。何かのマンガだかアニメだかの有名なセリフらしいわよ」
 お姉さまも苦笑いでおっしゃったとき、ドアの向こうでガチャンと音がしました。
 外開きの分厚いドアがゆっくりと開いてきて、私たちは2歩3歩、後ずさります。

「エミリー、お久しぶりー。あ、ナオちゃんっ。それに新顔さんもいらっしゃるのね」
 インターフォンと同じお声と共に現われたミイコさま。
 最後にお会いしたときと変わらない、アイドルさん並の可憐さ。
 
 それにお姉さま、ここではエミリーって呼ばれているんだ。
 そう言えばシーナさまも、3人でお会いしたときにそう呼んでいたっけ。

 目の前のミイコさまは、俗にフレンチメイドスタイルと呼ばれるモノトーンなメイド服姿。
 黒基調のノースリーブミニスカドレスに、白フリルのエプロンとメイドカチューシャがアクセント。
 ミイコさまの透き通るような白いお肌と漆黒のメイド服とのコントラストが鮮烈です。

 何より目を惹いてしまうのは、大胆に開けた胸元から覗く、生成りな麻縄の縛り目。
 よく見るとピッタリフィットなボディコン仕様の生地下から、全身を走っているのであろう縄目の凹凸がけっこう露骨に浮き上がっています。
 おそらくメイド服の下に下着はまったく着けておられず、全身を麻縄で緊縛されているのでしょう。
 申し遅れましたがミイコさまは、まだ高校生だった私にSMの手ほどきをしてくださったやよい先生の長年に渡るパートナーさまですから、もちろんエム属性です。

 全身から妖艶な色香を放出しまくっているのに、縄目に気がつかなければ清純無垢で可憐な美少女に見えてしまうミイコさま。
 そんなミイコさまがお姉さまの先輩で、お姉さまよりお年上なんて信じられません。
 あ、念のため、決してヘンな意味ではありませんよ。
 私のお姉さまが世界中で一番素敵なのは、動かない事実ですから。

「あらら、ナオちゃんはお風呂上がりなの?」
 ミイコさまがからかうようにおっしゃいました。
「あ、いえ、えっと・・・」
 後ろ手錠なので胸元を隠すことも出来ず、ただモジモジからだをくねらせてしまう私。

「ふふふ、まあ、そんなところ。それで、こちらのふたりがあたしの仕事の」
 お姉さまが会話を引き取ってくださり、里美さまたちをご紹介されようとすると・・・

「うん、でも立ち話もアレだから、まずは入って入って。ご紹介はその後でね。ママも中でお待ちかねだから」
 お姉さまのお言葉を遮って、ドアをより大きく開け放してくるミイコさま。
 ミイコさまが、ママ、とお呼びになられたかたがつまり、やよい先生なのでしょう。

「今夜は久しぶりのスペシャルイベントナイトだから、お客様一杯なの。とりあえずはカウンター席を4名分空けたから、そこに座ってママと積もる話をするといいわ」
 私たちをドアの内側へと招かれるミイコさま。

 入口ドアの向こうにもう一枚、重そうな扉があるので、ここは玄関ホールになるのかしら。
 女性5人が入っても窮屈ではないくらいの広さで、足元は真っ赤な絨毯、両脇の壁は鏡張り、収納らしき棚の上に見事な山百合のアレンジが活けてありました。

 内側の扉は真中部分がガラス張りになっていて、どうやら二重ガラスみたい。
 場内が暗めなので、目を凝らしてもここからでは、中のご様子はよくわかりません。
 こちらも外開きらしい大きめな扉の把手の上に、Bar 百合草、段を変えて、FOR LESBIANS ONLY、と洒落たレタリング文字で描かれたプレートが貼ってあります。

「では、ご案内いたしますね」
 ミイコさまの右手が扉の把手にかかり、捻ろうとしてフッと、何かを思いつかれたように手を離されました。

「そうそう、そちらのお客様?」
 イタズラっぽい目付きで私をまっすぐご覧になるミイコさま。
 把手にかかっていたしなやかな右手が、私のほうへと伸びてきました。

「その上着、お邪魔でしょうから、こちらでお預かりいたしましょう」
 可憐なお顔でニッコリ微笑みかけられました。

「えっ!?」
 と口から出るよりも早く、お姉さまの右手がさも当然というようにヒラリとひるがえり、背中のほうからスルスルッとバスタオルが剥ぎ取られました。
「あぁんっ!?」
 後ろ手錠なのでもちろん、剥ぎ取られても自分では一切、どこも隠すことは出来ません。

「悪いわね。よろしくお願いします」
 剥ぎ取ったバスタオルを素早く丁寧にたたまれ、ミイコさまにお渡しになるお姉さま・・・

 えーーっ!?私、最初からこの姿、全部丸出し状態でお店に入るの?
 いずれはバスタオルを取ることになるだろうな、と覚悟はしていたけれど・・・
 見知らぬお客様がたくさんいらっしゃるらしい店内に、いきなりほぼ全裸で・・・

 ミイコさまが先ほどと同じ微笑みを浮かべ、私の剥き出しになった尖り乳首をじーっとご覧になっています。
 徐々に視線をお下げになり、これまた剥き出しの無毛なワレメまで。
 そこに数秒視線が留まった後、もう一度私の顔に視線が戻り、今度はさっきよりも小悪魔的な、とても嬉しそうな笑みを見せてくださいました。

「それではあらためまして、ご案内いたしますね」
 お姉さまから手渡された私のバスタオルをトーションのように左腕に掛け、再び右手を扉の把手に伸ばされたミイコさま。
 そのまま扉を右のほうへ、ガラガラガラッとスライドさせました。

 あ、引き戸だったんだ・・・
 ドキドキして心臓が飛び出しそうなのに、どうでもいいことに感心している自分が不思議です。

「いらっしゃませー!」
 扉を開いてワンテンポ置いて、よく通る大きなお声でミイコさまが店内へご挨拶。
 あ、別にそんなことされなくても・・・

 ガヤガヤさざめいていた場内のおしゃべりがフッと途絶え、そこにおられるみなさま全員のご注目が扉のところに集中してしまうのは当然でした。
「さあ、こちらへどうぞ」

 ミイコさまのご先導に揚々とつづかれるお姉さま。
 お姉さまの右手にはリードの持ち手。
 リードチェーンの端には私の赤い首輪。
 その首輪の下には全裸同様なボディハーネス姿の私のからだ。
 後ろ手錠されているので当然のこと、どこもかしこも隠すことなんて出来ません。

 店内全体がムーディに暗めなのは幸いですが、すべての視線がこちらに集まっているのはわかります。
 間接照明の真下を通ると、尖りきったふたつの乳首がライトにクッキリ浮かび上がります。
 ヒソヒソからザワザワへ、徐々に店内にガヤガヤが戻ってきました。

 カウンター席は10名くらいが並んで座れる長さ。
 そのうちほぼ中央の4席だけポッカリ空いて、他のお席すべて、すでにどなたかがお座りになられています。

「うわー、直子?すんごい久しぶりじゃない?元気そうね。それに今日はすんごいオメカシさせてもらっているのねー」
 カウンターの中から、やよい先生の懐かしくも嬉しそうなお声。
 カウンター前の丸いストゥールにミイコさまがササッと私の上着、いえ、さっきまで巻いていたバスタオルを敷いてくださり、私はおずおずとその上に生尻を乗せました。

 カウンター内は当然ですがそれなりに明るく、やよい先生からはハッキリと、くすんだ赤いレザーハーネスで飾られた私の剥き出し乳房が見えていることでしょう。
 こうなってしまったらもう、開き直るしかありません。

 私はこのお店内で、どなたにでも裸をご覧いただくことを義務付けられたマゾペットなんだ。
 さーこママさまのお店と違い、ここにいるみなさまは全員、同性がお好きな女性の方々らしいし、きっとえっちなこともお好きな方々なのでしょう。
 マゾマンコ丸出しでも、少なくともツーホーとか、いきなり男性に襲われるなどの心配はまったく無いはず。
 ここでこの後私が何をさせられるのかはまったくわかりませんが、お姉さまもご一緒だし、場の流れに身を任せてみよう。
 そう思うことにしました。

 気持ちの整理が少しついたので、あらためてカウンターの奥で何やら包丁を振るっているやよい先生を見つめます。
 ざっくりした黒いTシャツにスリムなサブリナパンツとバレエシューズっぽいぺたんこパンプス。
 最後にお逢いしたときより髪はかなり短かめで、映画のローマの休日の人みたい。

 何よりも、出逢ったときからほとんどプロポーションが変わっていないのが凄いです。
 スレンダーなのに適度に筋肉が付いていて、それでいて女性らしい。
 私から見えているやよい先生は、横向きなのですが、胸を反らし気味にするとTシャツのバストの先がツンと尖っているように見えました。
 あれ?ノーブラなのかな?
 目を逸らせません。

「あれ?ヴァージンキラーに久しぶりにお会いして、見惚れちゃっているの?」
 私の左横にお座りになられたお姉さまが冷やかすようにおっしゃいました。
「あ、いえ、そんなことは・・・」

 私がしどろもどろになりそうなところでタイミング良く、ミイコさまがお飲み物を持ってきてくださいました。
「はい、みなさん一次会でたくさんお飲みになったでしょうから、乾杯は軽めで口当たりのいいシードルにしてみたわ」
 おのおのの前のカウンターにお飲み物を置いてくださるミイコさま。

「あ、里美?直子の手錠、いったん外してやって」
 お姉さまが里美さまにおっしゃり、後ろ手錠のチェーンが外され久々の自由。
 お姉さまのおっしゃった、いったん、という但し書きが気にはなりますが。

 いざ手錠を外されてしまうと、今の自分の格好に一層の羞じらいを感じてしまいます。
 だって、手錠をさせられていれば、おっぱい丸出しでも、隠そうにも隠せない状態だから仕方なく、っていう言い訳が出来ます。
 私は、この人たちにもてあそばれて無理矢理こんな格好をさせられているんです、というエクスキューズ。

 手錠を外されたからって、こんな和やかな雰囲気の中、急に胸元を隠そうとするのもカマトトぶりっ子でわざとらしい感じですし、乾杯なのですから自由になった手でグラスを持つしかありません。
 そうなると、なんだか自分の自由意志で、みなさまに視ていただきたくておっぱい丸出しにしているみたいで・・・
 でもその通りだろう?直子はそういうヘンタイ趣味を持つ女だろう?とおっしゃられてしまえば、何も反論は出来ないのですが。

 いつの間にかやよい先生も私たちの目の前まで来られています。
「それじゃあ、エミリーや直子との久々の再会と、イベントナイト第二部の開幕を祝して、カンパーイ!」

 やよい先生、あ、いえ、今はやよいママさまの音頭で、私たちとミイコさま、そしてカウンターの他のお席にお座りになっていた見知らぬお客様がたもご一緒になってグラスを高く掲げ、チーンと軽くぶつけ合いました。
 私もお姉さまと里美さまとしほりさま、それにやよいママさまとチーン。
 腕をお上げになったときハッキリわかったのですが、やよいママさまはやっぱりノーブラでした。

 林檎の香りな炭酸のカクテル?
 スッキリしていて美味しい!
 お外の熱気で喉が乾いていたこともあり、ゴクゴク飲み干してしまいます。

「第二部、なのですか?」
 カウンターに空いたグラスを置かれたお姉さまが、やよいママさまに尋ねます。

「うん。今日は7時に開けて、8時からイベントのボンデージショー第一部。9時半過ぎに終わって、それからみんなずっと、あなたたちの到着を待っていたのよ」
 やよいママさまが私の顔を見つめながらお応えになります。

「今日は、久しぶりの特別イベントなんだ。けっこうキワドイ内容になりそうだから、お客様も常連さんの中で信用出来る人にしか、お声かけしていないの」
「それにしては大盛況じゃないですか?テーブル席も全部埋まっちゃっているし」
 やよいママさまのご説明に、お姉さまがカウンターの後ろを振り返りつつご感心されています。

「それはそうよ。ジャクリーンの公開トレーニングは久々だし、それに加えて今夜はニューフェイスのゲストが参加するっていうんだから、これは何を差し置いても駆けつけないわけにはいかないわよ、百合草ママのお店のファンとしては」
 お姉さまのお言葉にお応えくださったのは、お姉さまのお隣にお座りになられた見知らぬ妙齢の女性でした。

 お勤め帰りなのか、白ブラウスにグレイのタイトスカートというOLさんぽい格好。
 緩くウエーブのかかったセミロングでナチュラルメイクなお顔は、お姉さまと同世代くらい?
 そのお隣のかたも同じような恰好でウンウン頷いていらっしゃるので、おふたり連れカップルさんぽい。

 おふたりの前には、オンザロックのグラスと乾き物のお皿が置いてあり、それなりに酔われているご様子。
 お姉さまのおからだ越しに、私の剥き出しなおっぱいに遠慮一切無しでニヤニヤ視線を投げかけてきます。

 それにしても今、その女性がおっしゃったお言葉は謎だらけ。
 ジャクリーン?
 公開トレーニング?
 ゲスト?

 ゲスト、に関してはすぐに謎が解けました。
「その、ゲスト、が、この子なんだけどね」
 お姉さまがイタズラっぽくおっしゃると、OLさんおふたり、ほらーっ、と大喜び。

「だと思った、そんな格好でいきなり入ってくるんだもん!」
「ドミナの旧いお知り合いなんでしょ?ドミナから直々にトレーニングされたりもしたの?」
「今日はまさか、ずっとその格好のままお店まで連れて来られたの?」
「そんな姿なのだから当然マゾなのよね?露出も好きなの?どう?恥ずかしい?」
 
 ご興奮気味にお姉さまと私へご質問攻めにかかるOLさんたち。
 ドミナ?
 またひとつ、謎が増えました。

「まあまあ、この子の本性は後々段々わかることだし、夜は長いのだから焦らずじっくり愉しみましょう。それにこの子、まだ着いたばかりで、いろいろ戸惑っているみたいだから」
 助け舟?を出してくださったのは、やよいママさま。
 見ると小さめなトレイに何か乗せて、捧げ持っています。

「ほら、直子のために作っておいたの。麦とろごはんとしじみのお味噌汁。それにキューリと山芋千切りの酢の物。愛情定食」
「あなた昔から、えっちモードにはいると食欲二の次になっちゃっていたでしょ?どうせ今夜も一次会でほとんど食べていないだろうと思って、作っておいたのよ」

 カウンターに置かれたお椀から、お味噌汁の良い香りが漂ってきます。
 やよい先生が私のために、わざわざ手作りのお食事を・・・
 そう考えただけで、忘れていた食欲がみるみるよみがえってきました。

「わー美味しそう!」
「いいなーっ!」
 OLさんとお姉さまから同時に、羨ましそうなお声。

「あなたたちも食べたい?ごはんは一口分程度になっちゃうけれど、とろろはたっぷりあるの。千切りもあるから、お醤油垂らしてワサビ混ぜれば、お酒のアテくらいにはなるわよ。もちろんサービス」
 やよいママさまがおっしゃると、カウンターほぼ全員の手が、はーいっ、と挙がりました。

「いただきます」
 小ぶりのお茶碗に7分目くらいの麦ごはんとたっぷりのとろろ。
 一口食べるとお箸が止まらなくなり、スルスル入ってしまいます。
 やっぱりお腹、空いていたんだ。

 お味噌汁も酢の物もすごく美味しい。
 何よりもやよいママさまが私のために作ってくださった、ということが嬉しい。
 あっという間に全部食べてしまいました。

 ズルズルシャクシャクととろろを啜る、お洒落なバーには似つかわしくない音がしばらく、カウンター周辺に響きました。
 みなさまがお相伴に預かっちゃったので、私のためだけに、ということにならなかったのが少し残念ですが、考えてみればここは飲食店なので、お客様はみなさま毎晩、やよいママさまの手作りお料理を食べていらっしゃるわけで、がっかりしても意味のないこと。
 一息ついた気安さもあって、そっと背後を振り向いてみました。

 店内は意外に広い感じ。
 天井のところどころから光を放つ間接照明は、照度を落としているらしく、けっこう暗めで、上映中の映画館のスクリーン前くらい?
 そんな薄闇の中、カウンター席を除いてもおそらく20名くらいの見知らぬお客様がたが、お酒とおしゃべりを楽しまれています。
 
 カウンター席の背後はフローリングのフロアになっていて、中央に大きめでおへその高さくらいな楕円形テーブル。
 その周囲に椅子はなく、スタンディングで飲む仕様なのでしょう。
 事実、今も数名の方々がそのテーブルに取りついて、立ったまま談笑されています。
 
 確かに、必要以上に身を寄せ合う仲睦まじいカップルさんが目立ちます。
 フロアのところどころにスチール枠の小洒落た椅子が置いてあって、テーブル無しでグラス片手で腰掛けて飲んでいるカップルさんもいらっしゃいます。

 壁際はテーブル席になっていて、おふたり掛けと4人掛けのお席がゆったり並んでいます。
 もちろん満席。
 地下なので窓は無く、窓風のアンティークミラーと、レプリカであろうどこかで見覚えのある大きめな裸婦画や外国映画のポスターらしきエロティックな写真が数枚、品良く飾られています。

 カップルさん6割で、残りは数名づつのグループさんぽい感じ。
 暗いのでご年齢層まではわかりませんが、女性だけのご集団らしい、デパートのお化粧品売り場フロアみたいな甘い匂いがただよっています。
 お客様はみなさまだいたいお知り合いらしく、あちこち移動されてはおしゃべりされているかたもいらっしゃり、全体的にアットホームで和気あいあいな雰囲気。

 カウンターが途切れた先は通路になっていて、もっと奥におトイレがあるいうことを示す、よくある女性の形のアイコンマークと矢印。
 その通路脇に一段高くなったステージっぽいスペース。
 普通の4人編成くらいのバンドなら乗れそうな広さと奥行きで、カラオケらしき機械も置いてあり、実際ステージなのでしょう。

 ステージ背面の壁は全面鏡張り、頭上にミラーボール。
 店内の床が木質系のフローリングなのに対して、ステージ上だけ濃いグレイのリノリウムなので、全面鏡とも相俟って、雰囲気がバレエのレッスンスタジオっぽい。
 思わずやよい先生とのレッスンの日々を思い出してしまいます。
 
 お店に入ったときから、耳障りにならないくらいの音量で、流麗なシンフォニーワルツがずっと流れていました。
 今流れているのは、美しく青きドナウ。

 確か一番最初の発表会の講師演技で、やよい先生が踊られた曲。
 水色のキラキラしたチュチュで、すっごく綺麗だったな・・・
 私がこの曲をハミングすると、なぜだか途中からスケーターズワルツになっちゃって、いつもやよい先生に笑われたっけ。

 そんなノスタルジックな感慨も、ステージ脇のデイスプレイに映っている映像の正体がわかったとき、吹き飛びました。
 どうやら外国ポルノのレズビアンボンデージものらしき映像。
 もちろん音声は消してありますが、50インチ以上ありそうな画面いっぱいに、欧米女性おふたりの肌色とピンク色が大きく映し出されていました。
 
 そうでした、ここにいらっしゃる方々、どなたもみなさま、異性ではなくて同性に惹かれる女性の方々なのでした・・・
 半身を捻った私に向けた刺すような好奇の視線をあちらこちらから素肌に浴びながら、一時大人しくなっていたムラムラが息を吹き返し、マゾマンコの奥底から狂おしく突き上げて来るのを感じていました。


三人のミストレス 18