2018年4月15日

三人のミストレス 23

「んぐぬぅぅーーっ・・・」
 お尻の穴に潜り込んだ管の先から、間断なく体内に侵入してくる生ぬるい液体。

 何度されても慣れることのない、からだの内側からじんわり侵略されているような、おぞましい感覚。
 体内に送り込まれる液体の量に比例して、我慢しきれない呻き声が長く零れ出てしまいます。

「これで200。あと50ね」
 ミイコさまのお声と一緒にいったん肛門から侵入者が離れ、あわてて括約筋をキュッと窄める私。
 お腹の中が違和感で満たされ、早くもそれらを追い出したがっています。

「んふぅーーんーっ・・・」
 お隣からも私よりハスキーで色っぽい、甘えるような溜息が聞こえてきました。
 首を右に傾けると、悩ましげに眉をしかめ、顎の先を突き出して唇を真一文字に結んだジャクリーンさまのエロティックなお顔がありました。

 四つん這いを支える小麦色に日焼けした二の腕。
 その小麦色と淫靡なコントラストを描いて、日焼けしていない青白く重たそうなおっぱいが、尖った乳首を下にしてタプンと垂れ下がっています。
 少しお肉がだぶつきながらもちゃんとくびれたウェストへと、なめらかに下る背中のカーブが凄くいやらしい。

「そっちのシリンジはいっぱいで300だから、あと200ね」
 里美さまへご指示されるミイコさまのお声に、あうぅぅ、と呻くジャクリーンさま。
 視ていた私と目が合うと、尚更お顔を大げさにしかめつつ、切なげに見つめ返してきました。

「はうっ!んぅぅ・・・」
 私のお尻にも再び冷たい注入口が突き立てられ、更に下半身の膨満感が増していきます。

「最低限5分は我慢。5分超えて先に出しちゃったほうが負け。ほら直子?みなさん視てくださっているのだから、ちゃんと顔を上げていなさい」
 ミイコさまの愉しそうなお叱り声が、お尻のほうから聞こえてきます。

 伏し目がちに視線を正面へと走らせると、素通しガラスの向こうにたくさんのお顔。
 どなたのお顔も瞳と唇が薄っすら笑っていて、動物園で珍しい生き物を見ているような、まさに好奇の眼差しというお顔つき。

 私、見世物なんだ・・・
 これから排便姿を観察される、人間以下の見世物なんだ・・・
 こんなにたくさんの見知らぬお客様がたに、自分の汚いものを垂れ流す姿をお見せしなくてはいけないんだ・・・
 みなさまの嘲笑と軽蔑が入り混じったような視線に、マゾ性がキュンキュン反応してしまい、心はこんなに絶望的なのに、からだだけ気持ち良がっている・・・

「スレイブたちが我慢しているのをただ視ているだけじゃ、ギャラリーはいまいちつまらないわよね?」
 ミイコさまがフロアに問いかけると、ガラスの向こうで一斉に、イェーイ、という形に動く無音の唇たち。

「そちらのマイクをこっちにも聞こえるようにするから、それぞれの飼い主からスレイブに、応援の罵声を浴びせてあげて」
 ミイコさまのご提案と同時に、バスルーム内に臨場感あるザワザワする音が聞こえるようになりました。
 どこにスピーカーが有るのだろう?
 少し見渡してもわかりませんでしたが、フロアにおられるお客様がたは、かなりお賑やかなご様子。

「いきなり浣腸対決なんて、今夜は凄いことになりそうね・・・」
「若いほうの子は、もうなんだか泣きそうじゃない?・・・」
「こんな大勢に排泄姿を見物されるなんて、女としてサイテーな、おぞましいくらいの屈辱よね・・・」
「本当、ジャクリーンはゾクゾクするくらい、いやらしい顔になってる・・・」
 みなさま口々に、お好き勝手なご感想を述べられているのが洩れ聞こえてきます。

「この勝負はボーナスステージよね。うちの牝ブタには500ccの浣腸なんて、快楽のアペリティフにさえならないもの」
 突然、マイクに乗ったシーナさまの一際大きなお声が、バスルーム内に響き渡りました。
 ガラスの向こうでは、ステージに上がられて私たちと距離が近くなったシーナさまとお姉さまが、それぞれマイク片手にこちらを覗き込んでいます。

「普段から1リットル以上飲み込んでも10分は我慢するように躾けているから、どう転んでもわたしの牝ブタの勝ちよ」
 シーナさまがニヤニヤ笑いでお姉さまを挑発されます。

「それは認めるしかないですね。うちの直子はまだエネマ経験が浅くて堪え性が無いの。たぶん5分も保たずに出しちゃうんじゃないかな?」
 それを受けてのマイク片手なお姉さまからは、まるで他人事のようなコメント。

「だからせいぜい早々と無様な排泄姿を晒して、見物されているみなさまから盛大に蔑んでいただくのが、マゾ女としての最低限の務めよね?」
 突き放したようなお姉さまのお言葉で、イェーイッ!パチパチパチと大いに盛り上がるギャラリーのみなさま。

「ちなみにこの直子、大きいほうの排泄姿は私とママさん、あとはシーナさんとミイコさん、それにあそこにいる里美か、だからつまり、えっと・・・」
 しばし宙を見上げ、右手の指を順番に折りたたむお姉さま。

「その5人にしか視られたことないんです。だから今夜のお客様は、かなりレアな現場の目撃者になられるんですよ?」
 お道化た口調でのフロアへのお問い掛けに、ヒューヒューとますます盛り上がるお客様がた。

「うちの牝ブタがぶっ放すところなんて、みんなもう何度も視て見飽きちゃっているもんね」
 半笑いでまぜ返すようなシーナさまの自虐的なお言葉に、ドッと沸くギャラリーのみなさま。

 そうしているうちにも私の便意はグングン高まっていました。
 お腹の内側を捩るようなキリキリとした痛みが絶えず走り、自分の耳にも聞こえるくらい、お腹がグルグルゴロゴロ呻いています。

 四つん這いの両腕がフルフル震え、ちょっとでも力を抜いたら即、噴射しちゃいそうなエマージェンシー状態。
 唇をかみしめると目尻から冷汗ではない水滴がたらり。

「はい、只今5分経過で我慢バトル開始でーす。ここからは2分ごとに追加注入していきまーす」
 キリキリ痛む下腹部を懸命になだめていたら不意に、ずいぶん朗らかなミイコさまのお声が響きました。

「ジャッキーには100cc、直子には50ccづつね」
 つづいて放たれたそのお言葉をお聞きして、あえなく私は観念しました。
 これ以上注入されたら、私のお腹はパンクしてしまいます。
 いえ、注入口を肛門に押し込まれた時点で決壊し、無様に垂れ流してしまうことでしょう。

「あうっ、ご、ごめんなさい・・・わ、私もう、もう限界ですぅ・・・」
 ミイコさまのお声のしたほうに首を曲げ、震える唇で懇願しました。

「あら?直子はもうギブアップ?出したいの?」
 ご愉快そうなミイコさまのお声。

「は、はい・・・だ、出してもよろしいでしょうか?・・・」
 お腹の中をキューッと捻り上げてくる痛みに必死に逆らいつつ、ギュッとアヌスに力を込めています。

「出すって、何を?]
「あのえっと、べ、べん、です・・・」
「べん?」
「あ、いえ、その、つまり、う、うんち・・・です・・・」
 どこまでもイジワルなミイコさまからのお言葉責め。

「そう、こんなに大勢の同性のみなさんの前で直子は、アナルからうんち撒き散らしちゃう姿、見せたいんだ?」
 心の底から愉しそうなミイコさまの弾んだお声。

「そこまで言うなら、いいわよ、許してあげないこともないけれど、でも許しを乞う相手は、わたしではなく視ているお客様たちなのではなくて?ガラス越しとは言え、直子の汚いもの、強制的に視なくてはいけないのだから」
 ミイコさまの冷たいお声に、便意と一緒に性的高揚もグングン昂ぶってしまいます。

「わたしの言う通りにお願いしなさい。いい?みなさま、ヘンタイマゾメスの直子が浣腸に耐えきれず、はしたなくうんちを撒き散らす姿を、どうぞじっくりご覧になってください。ほら?」
「ひっ!」

 ほら、という掛け声と共にミイコさまの乗馬鞭が、私の左尻たぶをピシッと打ち据えました。
 思わず括約筋が一瞬緩み、チョロっと洩れた生温かいお水が内腿を垂れていくのがわかりました。

「は、はい・・・み、みなさま・・・へ、ヘンタイマゾ、ヘンタイマゾメスな、な、直子・・・」
「違うでしょ?お願いするのならちゃんと前を向いて、みなさんにしっかり顔を向けながら、でしょ?」
 ミイコさまの鞭が今度は右の尻たぶへ、お言葉と一緒に振り下ろされます。

「ひっ、はっ、はいっ、ヘンタイマゾメス直子が、お、お浣腸に耐えられずに、う、う、うんちをはしたなく垂れ流す姿を・・・」
 ご命令通りまっすぐ前に顔を向けていると、みなさまのご様子が否が応にもわかります。

 興味津々な瞳、侮蔑の瞳、嗜虐に溢れた瞳。
 どの瞳も一様に愉しげで、蜘蛛の巣に捕まった憐れな虫を観察しているみたい。
 この人たちみんな、私の排泄姿を心待ちにしているんだ・・・
 そう考えた途端、筆舌に尽くせない恥辱感と、めくるめく甘美な被虐性の興奮が全身を駆け巡りました。

「ど、どうぞ、どうぞじっくり、ご観察くださいぃぃ・・・」
「はい、よく出来ましたっ!」
 ピシッ!

 ミイコさまのお言葉と同時に響いた3発目の打擲音。
 その音が合図だったかのように、すぼめていた菊門が力尽き、一気に開花する感覚。
 プスプスピシャピシャと恥ずかし過ぎる破裂音がつづきました。

「あああーー、ごめんなさい、ごめんなさいぃーーっ・・・」
 文字通り堰を切ったようにお尻の穴からお外へと飛び出していく私の水流。
「いや~~ぁぁあっ、見ないでぇーーっ・・・」
 意図せず口をつく心からの叫び。

 やがてそこはかとなく漂ってくる、いたたまれない恥ずかし過ぎる臭い。
 後方へと飛び散った私の水流が床を流れ、四つん這いの私の手のほうへと戻ってきます。
 その水流が僅かに茶色がかっていて、尚更私を赤面させます。

「あーあ、あの子、本格的に泣いちゃったよ」
「そりゃそうよ。こんな大勢の前でうんこ漏らす姿、見られちゃったんだもん」
「でも、あの子の乳首、ずっと尖りっぱですっごく硬そうじゃん。感じちゃってるんじゃない?」
「マゾだもの、当然でしょ。辱められたいから今夜、このイベントに連れてこられたんだろうし」

 私が噴出した瞬間、ドッと沸いたフロアから口々のご感想が漏れ聞こえていました。
 そして事実私は、肛門を開放すると同時にマゾマンコの粘膜をヒクつかせ、軽いオーガズムを感じていました。

 ザザーッという派手な水音でフロアのざわめきが遠のきました。
 私の汚水を流し清めるために、ミイコさまがシャワーを全開にして床を流してくださっているみたい。
 床を流れゆく水流が透明に変わり、いたたまれないあの臭いもみるみる薄れていきました。

 しばらくすると今度は私のからだにお尻のほうから、ぬるま湯が激しく浴びせかけられます。
 瞬く間に全身びしょ濡れの私。
 だけど自分の汚水で汚れた腕や足も綺麗に流され、お腹の違和感も解消してなんだかサッパリ気分。
 
「第一ラウンドは直子の負け、ということで、直子は立ち上がっていいわよ」
 シャワーを止めてバスルーム内に静寂が戻ったところで、ミイコさまがおっしゃいました。
「あとはこっちのおばさんね。さっきシーナちゃんは1リットル以上でもへっちゃらって、言っていたけれど」
 
 ミイコさまからお許しをいただき、私はゆっくりと立ち上がりました。
 ジャクリーンさまのお尻の脇で立っていらっしゃるミイコさまに手招きされ、おずおずと近づきました。

「今、いくつ追加した?」
 里美さまに尋ねられるミイコさま。

「直子の噴射が終わった後に100入れましたから、都合600ですね」
 里美さまの嬉しそうなお返事。
 私が床に這いずって打ちひしがれていたときも、里美さまは淡々とご自分の任務を遂行されていたようです。
「おーけー。じゃあちゃっちゃとあと400入れちゃって」
 
 全身から水滴を滴らせた私と、全裸に亀甲縛りでカラーとカフス付きなミイコさま。
 それにメイドエプロン姿の里美さまとしほりさま。
 4人に取り囲まれて見下される、全裸四つん這いなジャクリーンさまの小麦色のお背中。
 その無防備なお背中は、本当にみじめで、無様で、滑稽で、もっと虐めたい、という嗜虐心を煽リ立ててくるお姿でした。

「了解。200ccを2本ですね」
 弾んだお声の里美さまが、ミイコさまから小さいほうのお浣腸器を譲り受けました。
 嬉々としたお顔でボウルの液体を、お浣腸器に目一杯吸い上げる里美さま。
 そそくさとジャクリーンさまのお尻側に回ってひざまずき、無言で肛門に突き立てました。

「うぬぅ・・・」
 小さく呻かれたジャクリーンさま。
「んんぬぅーーっ・・・」
 里美さまが持たれたお浣腸器のシリンダーが押し込まれるのと呼応するように、ジャクリーンさまの長い呻き声が響きました。

「最後の200は直子、入れてみる?」
 抜いたお浣腸器を再び液体で満たす里美さまを眺めつつ、ミイコさまが尋ねてきました。

「えっ?私が、ですか?いいんですか?私、負けたのに・・・」
 思いもよらないご提案に、盛大にあわてる私。

「負けたも何も、わたしたちに言わせれば直子もおばさんも同じドマゾ。まあ、わたしもパートナーの前ならエムなんだけどさ、たまにエスになるのも、愉しいわよ?マゾがマゾを虐めるのを見物するって、単純に面白いじゃない?」
 からかうようにおっしゃるミイコさま。
 お受けして良いものなのか決めかね、ガラスの向こうにお姉さまたちのお姿を探すと、お姉さまも私を見て、ウンウンとうなずいてくださいました。

「どうせ自分でもひとりエネマえっち、してるんだろうから、入れ方のコツはわかるでしょ?ほら、がんばって」
 里美さまから、ずっしりと重いお浣腸器を手渡されました。

 先ほどの里美さまのように、ジャクリーンさまの突き上げたお尻の麓にひざまずきます。
 至近距離で対面するハート型の大きなヒップ。
 おそらくTバックで日焼けされたのでしょう、お尻の割れスジに沿ってだけ、か細く日焼けしていない白い線が出来ている小麦色の小山。
 そのスジの真ん中辺に、幾分色素が沈殿して赤みがかった派手めな菊座が、ヒクヒクと波打っていました。

 左手をお浣腸器の筒に添え、ゆっくりと注入口を穴へと差し挿れました。
「あふぅぅ・・・」
 頭のほうから漏れ聞こえて来たジャクリーンさまの切なげな溜息。
 注入口がズッポリと埋まったのを確認してから、ゆっくりとシリンダーの押子を押し込んでいきます。

「ああ・・・んふぅぅーーー、ぬぅぅーーーっ・・・」
 気持ち良さそうなジャクリーンさまの喘ぎ声が響き、押子がどんどんシリンダーに埋まっていきます。
 押子がこれ以上進めない状態となり、お浣腸器を引き抜く頃には、何とも言えないサディスティックな気持ちになっていました。

「直子?浣腸器抜いたら今度は50cc分何も入れずに注入してやりなさい。その押し手をちょっと引っ張るだけでいいから」
 フロア側からシーナさまの冷たいお声が聞こえてきました。

「ああ、ドミナ、そんなぁ・・・」
 ジャクリーンさまの、今までになく悲痛なお声。

「牝ブタの弱点なのよ、空気浣腸。これやると余裕失くして、すぐにみっともなくおなら響かせながらぶち撒けちゃうはずよ。あれが早く出すもの出さないと、次のバトルに移れないでしょ」
 心底ご愉快そうなシーナさまのお声がかぶりました。

 シリンダーを引っ張って目盛りを50ccに合わせ、再びジャクリーンさまの肛門に突き立てました。
「ああぁ・・・」
 さっきまでとはニュアンスの違う、切羽詰まったジャクリーンさまの呻き声。
 かまわず押子を押し、ジャクリーンさまの体内に空気を送り込みます。
 お浣腸器を抜いた途端、ジャクリーンさまのお腹が大きく、グルグルーッと啼きました。

 再び見下すジャクリーンさまの裸体。
 ジャクリーンさまは、んふぅ、とか、ぬぐぅ、とか唸りつつ、必死に便意に耐えておられるご様子。
 ときどきお背中がフルフル震え、全身が紅潮しきています。

 どなたかがお浣腸に耐えているお姿をライブで間近に拝見するのは初めてでした。
 自分の姿なら鏡で何度か視ていましたけれど。
 なんてみじめで可哀想なお姿だろう、と思いました。
 と同時に、もっと苦しめ、もっと恥じ入れ、と心がどんどんエス寄りになっている自覚もありました。

 それでもジャクリーンさまは、よく耐えていらっしゃいました。
 追加のお浣腸から5分以上経過してもまだ、全身を震わせつつ我慢しておられました。
 はしたない喘ぎ声だけは、とても大きくなっていらっしゃいましたが。

「サカッちゃうばかりで、これじゃ埒が明かないわね」
 ミイコさまが呆れ顔で私を見ました。
「直子、この牝ブタをもっと虐めて、早く楽にしてあげなさい」
 ニヤッと笑ってのご命令。

「えっ?でも・・・いいんですか?」
「いいんですか?も何も、浣腸して出さないまま第二ラウンドでステージに上がったら、フロアでぶちまけちゃうかもしれないじゃない?そうなったらお客様が大迷惑でしょ」

「あ、はい、で、でも、どうやって・・・」
「簡単なことでしょ?直子が虐められているとき、こうされたいな、って思うことを、おばさんにしてやればいいのよ」
 お鼻で笑うようにおっしゃったミイコさま。

 同じようなことをずっと以前、言われたことがありました。
 大学受験のためにピアノを習っていたときのピアノ先生から。
 その先生は母のお知り合いで、私と同じような性癖を持つ大人の女性で、私に虐められたがっていました。

「有能なエムの人っていうのは、必然的に優秀なエスの素質を持っているものなの。だって自分と同じようなエム気質を持っている人が、どんなことをされると嬉しいのか、全部わかっているのだから」
 そのときの興奮が脳裏に、あざやかによみがえりました。

「わ、わかりました・・・やってみます」
 表向きはおずおずを装っていましたが、心の中はワクワク弾んでいました。
 
 ジャクリーンさまの四つん這いのおからだの側面にひざまずいて、右手をゆっくりと伸ばします。
 実は、ジャクリーンさまの蠱惑的な裸身をひと目拝見したときから、その重くて柔らかそうな乳房を触ってみたくて仕方なかったのです。

「失礼します」
 一応ご挨拶をしてから、垂れ下がった左乳房を右手で乱暴にワシづかみました。

 ムニュッと指がめり込む柔らかいお肉の感触。
 手のひらに当たる、私の親指くらいありそうな固くシコった乳首。
 気持ちいい・・・
 予想通り弾力に富んだ、いつまでもムニムニしていたいような中毒性のある感触に、夢中で揉みしだいてしまう私。

「な、直子さまぁ?・・・」
 最初は戸惑い気味だったジャクリーンさまも、私の執拗な揉みしだきに段々と気持ち良くなられてきたみたい。

「ああ、そんな、およしくださいませ、あ、あっ、そんなにされますと、奴隷はもう、奴隷はもう、ガマンが効かなくなってしまいますぅ・・・」
 みるみるお声を荒げ、上半身を身悶えさせるジャクリーンさま。

「そんな横から手を突っ込んでいたらやりにくいでしょう?直子、ジャッキーに跨って覆いかぶさって、両手で揉んであげれば?両方のおっぱいを一度に」
 ミイコさまが笑いながらアドバイスしてくださいました。
 私はミイコさまにお返事も返さずに立ち上がり、四つん這いなジャクリーンさまのお背中に、はしたなくも馬乗りになりました。

「ああんっ、直子さまぁ・・・」
 ジャクリーンさまが突っ伏していた両腕を持ち上げ、正しく四つん這いのお馬のような姿勢になられます。
 ジャクリーンさまのお背中を跨いでいる私は、上半身を前傾して両手にひとつづつ、ジャクリーンさまの左右の乳房を再びワシづかみます。

「ああ、もっと激しく、もっと乱暴に奴隷のおっぱいをなぶってくださいませぇ・・・」
 暴れ馬みたいにお背中をクネクネくねらせながら、ジャクリーンさまが身悶えます。
 私は両手のひらでおっぱいを引き千切るみたいに、揉んで伸ばして摘んで抓って。

 大きく開いた私の股間には、ジャクリーンさまの背骨の筋が密着して、腫れた肉の芽を刺激してきます。
 前傾姿勢の私の乳首が時折、ジャクリーンさまのお背中の肌に擦れます。

「あっ、んっ、いいっ・・・」
 そのたびに淫らな溜息を洩らす私。
 ジャクリーンさまと私の嬌声がバスルームに響き渡ります。

 ガラス越し真正面に陣取られた小野寺さまのビデオのレンズが、私たちをまっすぐ捉えていることはわかっていました。
 それも含めた他のお客様がたの視線さえ、まったく意に介さないほど、私はいつしかその行為に夢中になっていました。

 ジャクリーンさまのお背中の上で腰を前後に揺らし、開いた股を擦りつけて高みに昇ることだけに熱中していました。
 もちろんジャクリーンさまのおっぱいをなぶる両手も休めずに。

「あんたたち、アンアン喘ぐのはいいけれど、スレイブが気持ち良くなるためのバトルではないんだからね?とくに直子、おばさんに早くうんちをさせるための責めをしなさい」
 ミイコさまの呆れ声と共に、ピシッとまず私のお尻に鞭が打たれ、つづけてもう一発音だけがピシッ!

 そうでした。
 ジャクリーンさまの排泄を促すのが私の任務。
 私がお浣腸されたとき、一番されたくないのに望んでいることって・・・
 考える間もなくからだが動いていました。

 四つん這いのジャクリーンさまに跨った両足を浮かせ、背後からおんぶでしがみつくようにからだを密着せました。
 それから浮かせた両脚のかかとで、ジャクリーンさまの下腹部をグイグイ押し始めます。
 排泄を我慢している膨れたお腹を押されることほど、切ないことはありません。

「ああーっ、直子さまぁ、そんな、それは、それだけはーっ!」
 ジャクリーンさまが悲痛なお声をあげてもかまわず、両足のかかとで叩くように、柔らかな下腹部を圧迫しつづけます。

「ああ、もう、もう、お許しくださいぃ、それ以上は、もう、もうーっ!」
 お背中に乗っているのでご表情は見えませんが、ジャクリーンさまのあられもなく歪んだお顔が見えるよう。

 プスゥーーッ・・・
 とても恥ずかしくはしたない音が背後から聞こえた後、密着した肌から緊張が解け、弛緩した諦めが伝わってきました。
 すぐにブジューーッというお水が弾ける音。
 水音はずいぶん長いあいだ途切れ途切れにつづき、鼻腔をくすぐる得も言われぬ硫黄に似た恥ずかし過ぎる異臭。

 力尽きたジャクリーンさまは四つん這いの腕をたたみ、縁の溝へと流れ落ちる薄茶色のご自分が出された汚水に浸って突っ伏していらっしゃいました。
 私がしがみついているその肩だけを、ハアハアと荒々しく上下させながら。



2018年3月25日

三人のミストレス 22

「スレイブたちは部屋の真ん中まで行きなさい」
「仰せのままに、ミストレス」
 ミイコさまのご命令にジャクリーンさまがお芝居っぽくお答えになり、しずしずとバスルーム奥へと進まれます。

 ジャクリーンさまのお背中を数歩遅れて追う私。
 バスルームの床は排水の為なのでしょう、縁の四方に溝が走り、洗い場スペースは階段ニ段分くらい高くなっていました。

 歩きながら何気なく左側を見たとき、ドキッと心臓が跳ねました。
 そちら側の壁一面が全部、鏡になっていたからです。
 明るい照明の下で、前を行かれるジャクリーンさまと、後につづく私の全裸姿が鮮やかに映し出されていました。

「おーけー、その辺りで鏡のほうを向いて並んで立って、髪が濡れないように、自分で後ろ髪をまとめて上げていなさい」
「里美さんたちは飛沫で濡れないように入り口付近にいていいわ、これからスレイブたちに水浴びさせるから」
 背後からミイコさまのお声が聞こえてきます。

 そう言えば、さっき上がったステージも、後ろ側が全面鏡張りだったっけ。
 それでこのバスルームは、そのステージのちょうど真裏に位置しているはず。
 もしかしたらこの鏡って・・・
 不穏な予感が脳裏をよぎりました。

 お隣を見るとジャクリーンさまは、両手で後ろ髪を束ねて後頭部まで上げ、鏡に向かって背筋を伸ばしてスクッと立たれておられます。
 露になったうなじとほつれた後れ毛が凄く色っぽい。
 鏡には両腋の下全開な、結果的にマゾの服従ポーズとなったジャクリーンさまの等身大の裸身が鮮明に映っていました。

 ジャクリーンさまがこのバスルームの存在にまったく驚かれていないのは、このお店のイベントに何度もご出演されてご存知だったからでしょう。
 全面鏡にも、さも当然のようなお振る舞い。
 私たちが来る前にもショーをされていたようだし、ここは経験値のお高いジャクリーンさまの真似をしておけば間違いないだろうと思い、私もお隣で同じポーズを取ることにします。

「ひゃんっ!」
 不意に背中に刺激を感じました。
 鏡を見ると私たちの背後から笑顔のミイコさまが、シャワーホースで水流を当ててきていました。

 シャワーと言うより、お庭のお水撒きみたくほぼ一本線となった勢いの良い水流。
 ジャクリーンさまと私を交互に狙って、強い水流が背中を打ちつけてきます。
 少し湯気の立つほどよいぬるま湯なので、冷たさは感じません。
 ピシャピシャという奔放な水音がバスルームに響き、目前の鏡がみるみる曇っていきました。

「これからお客様にじっくり視て、弄ってもらう淫乱マンコは、とくに念入りに洗ってあげる。もっと脚をガバっと開いて、こっちにお尻を突き出しなさい!」
 らしくないミイコさまの大きなご命令声は、やかましい水音に負けないためでしょう。

「お心遣い、ありがとうございます、ミストレスっ!」
 ジャクリーンさまも負けじと大きなお声でお答えされ、両脚をグイッと左右に大きく開いて膝を折り、腰を落として前屈みになられました。
 何て言うか、取り組み前のお相撲さんみたいな、女性がするととても浅ましい感じのガニ股大開脚。

「ほら、直子もっ!」
「あ、は、はいっ!」
 ミイコさまの怒声に煽られ、あわてて私もジャクリーンさまのポーズを真似します。

「あふぅぅ・・・」
 お隣からジャクリーンさまの悩ましいお声。
 激しい水流がジャクリーンさまの開いた膣穴を直撃しているのでしょう。

「あぁんっ!」
 すぐに私も同じ声をあげることになりました。
 大きく割れた股間の粘膜に、勢い良く飛び込んでくる太くて乱暴な水流。
 おまけに予想に反して真水に戻った冷たい刺激。

 水流はお尻の穴とその下の穴をせわしなく上下して、イタズラに情欲を刺激してきます。
 私は小さくあふんあふん、喘ぎっ放し。
 一番敏感な部分に水流を当てたくてお尻を捩っていたら、唐突に水流がピタッと止まりました。

「上半身を起こして、こっちを向きなさい」
 ミイコさまのご命令に即座にご反応されるジャクリーンさま。
 私もジャクリーンさまと同じように、ガニ股のまま回れ右をしてミイコさまのほうに向き直ります。

 間髪入れずほとばしる水流が、今度は先に私のほうへと襲いかかってきました。
 水温は真水のまま、冷たい刺激がおっぱいに打ち付けられます。

 さーこママさまのお店を出るときは濡れタオルで全身を拭かれた程度でしたから、まだなんとなくベタベタしていた素肌の汗やよだれの残滓が、ビシャビシャという水音と一緒に洗い流されていきます。
 気持ちいい・・・
 水流に合わせて両手を素肌に滑らせたくて堪りませんが、マゾドレイの身ですから服従ポーズを崩すわけにはいきません。

 水流が徐々に下っておへそを穿たれ、お腹の辺りはとくに入念に。
 さらに両脚を流し、最後に少し長めに股間へと。
 剥き出し肉芽が水流の振動にもてあそばれ、身悶えしそうになったとき、スーッと水流はジャクリーンさまのほうへと逸れていきました。

「まあこんなもんでいいでしょ。これでふたりともさっぱりしたんじゃない?汗臭かったもんね。心機一転がんばろう!って気になった?」
 ジャクリーンさまも私と同じように水流でなぶられた後、ミイコさまがシャワーを止め、からかうように尋ねてきました。
 浅ましいガニ股服従ポーズのまま、はい、とうなずくジャクリーンさまと私。

「オシッコしたいなら、今のうちにしといたほうがいいわよ。ショーが始まったら休憩は無し。放尿姿も見世物になっちゃうからね」
 亀甲縛りの乳首を尖らせたミイコさまがニヤニヤなお顔でおっしゃいました。
「するんなら鏡のほうを向いて、端の溝に向けて飛ばしなさい。床に水を流しておいてあげるから」

「はい。失礼ながらミストレス、お言葉に甘えて奴隷は放尿させていただきます」
 ジャクリーンさまが妙に色っぽいお声でお応えになり、再び鏡のほうへと向き直ります。
 私も少し尿意を感じていたのですが、里美さまやしほりさまも見守る中で、という状況ではやっぱり躊躇してしまいます。

「直子は?したくないの?」
 ミイコさまの冷たいお声でのご尋問。
「あ、いえ、少ししたいのですが・・・」
 視線を里美さまたちのほうへと泳がせる私。

「何?ここまできて今更羞じらっているの?会社の同僚に放尿姿を晒すのが嫌なの?」
 イジワルく尋ねてくるミイコさま。

「言っておくけれど、これからオシッコ姿よりもみじめで浅ましい姿を、同僚どころか見知らぬお客様全員にご披露する身なのよ?こんなところで躊躇っているようじゃ、先が思いやられるわ」
 呆れ返ったお声でミイコさまが天を仰がれました。

「やれやれ、わかった。これは連帯責任ね。ジャッキーのオシッコもお預け。直子が放尿を開始したら、ジャッキーも出していいわ」
 ミイコさまがお背中を向けられているジャクリーンさまのお尻に、ピシリと乗馬鞭を一発見舞われながらおっしゃいました。

「ヒィッ!」
 打擲と同時にジャクリーンさまのお背中がビクンと硬直しました。
 ジロリとうらめしそうに私を見遣るジャクリーンさま。

「ねえナオちゃん?ナオちゃんは忘れてしまっているようだけれど、わたしの言葉は全部、命令なのよ?」
 妙におやさしく、同情するみたいにご心配そうに私の顔を覗き込んでくるミイコさま。

「さっきステージで宣誓したでしょ?スレイブには一切の拒否権は無いの。逆らうのなら、素っ裸でお店の外に放り出して、わたしたちとは永遠にさようなら。それでもいいの?」
 薄い笑いを唇に浮かべながらも瞳だけは笑っていない、ミイコさまの残忍なお顔。

「ご、ごめんなさい・・・わかりました、わ、私もここで、オ、オシッコしま、あ、いえ、させていただきます・・・」
 ミイコさまの迫力に気圧され、冷たいお水を浴びせられて尿意が高まっていたこともあり、里美さまたちの前での放尿を承諾しました。

「いい子ね。ならさっさと鏡に向きなさい。前に飛ばせるなら、どんな格好でしてもいいから」
 ミイコさまの乗馬鞭の先が私の両おっぱいの谷間をつつきます。

「は、はい・・・」
 お返事を返しつつジャクリーンさまを見ると、 両手は後頭部で重ねたまま完全にしゃがみ込んでおられます。

 お相撲で言うところの蹲踞、バレエだとグランプリエ、すなわち和式のおトイレで用を足そうとしているときの姿勢。
 両腿をグイッと180度近く開いたジャクリーンさまの無毛の陰唇が割れ、中身の柘榴色までが真正面の鏡に鮮明に映り込んでいました。

 その格好で私を悩ましく見上げてくるジャクリーンさま。
 あなたもさっさとそこにしゃがんで、わたくしに早くオシッコさせてちょうだい・・・と訴えかけてくるかのよう。
 仕方なく私もジャクリーンさまと同じ格好にしゃがみ込みました。

「おーけー。直子が発射したらジャッキーも放尿していいわよ。まだこれはバトルじゃないから、飛距離とか量は測らないから、心いくまでオシッコ出し切るといいわ」
 ミイコさまが嘲るようにおっしゃいました。

 鏡に映っている光景が凄くヘンタイです。
 首輪だけの全裸で女性器を開ききってしゃがみ込むマゾドレイがふたり。
 その背後に、これまた全裸に亀甲縛りを施し、蝶ネクタイの襟と袖だけで裸身を飾ったミストレスが、乗馬鞭片手にニヤニヤ笑い。
 清楚なエプロン姿の里美さまとしほりさまもいつの間にかミイコさまのお隣におられ、鏡の中の私とジャクリーンさまに好奇に満ちたまなざしをぶつけてきています。

「直子さま、早くオシッコを・・・でないと奴隷はもう・・・」
「あ、はい・・・」
 ジャクリーンさまにまで急かされて、覚悟を決めて下腹部に力を入れます。
 爪先立ちな両足の指に、背後から音も無く床を流れてくる水の冷たさを感じたとき、尿道が開く感覚がありました。

 チョロリ・・・
 最初は真下の床に垂れ落ちる程度だったのですが、あれよと言う間に放物線を描くほど勢いが増していました。
 けっこう溜まっていたんだ・・・
 鏡の脇の溝へとピチャピチャ恥ずかしい水音をたてて飛び散る私のお小水。

「直子が出たからジャッキーも出していいわよ。ほら、うつむかないで、自分の恥ずかしい放尿姿をちゃんと見つめていなさいっ!」
 ミイコさまのお言葉に顔を上げ、自分の放尿姿を鏡に確認すると同時に、面前の鏡がフッと消えました。

「えっ!?」
 思わず大きな声が出てしまいました。

 今まで鏡だった壁一面が大きな素通しガラスに。
 当然、そのガラスの向こう側にはステージがあり、明るくなったステージ前に詰めかけたお店のお客様がたのお姿が丸見え。

 私たちがしゃがんでいる床はステージよりも更に一段上にあるようで、座っているお客様の目線の高さに、ちょうど私たちの女性器があるみたい。
 みなさま満面の笑顔でこちらを指差し、ニヤニヤ笑われていました。

 そんな状況になっても私のオシッコは止まりませんでした。
 相変わらず開いた陰唇奥の尿道口から水流がガラス窓に向けて、ジョボジョボほとばしっています。
 ふと気になってジャクリーンさまは、と見ると、切なそうに眉根を寄せつつもなんとも嬉しそうなお顔で、私と同じようにお客様がたに向けてジョボジョボと水流を放たれています。

 私の放尿姿、お店のお客様たち全員の見世物に、すでになっていたんだ・・・
 このお部屋はこういう仕掛けで、それがわかっていてジャクリーンさままで、私にオシッコするようにけしかけていたんだ。
 その事実に逃げ出したいほどの恥ずかしさが背筋を駆け上ったとき、やっとオシッコが止まりました。

「どう?面白いでしょ?この壁一面はマジックミラーになっているの。それも電流を流すことで鏡が一瞬でガラスになるハイテク仕様」
 ミイコさまがご自慢そうに告げると、ガラスの向こうのお客様たちが一斉に拍手。

「あなたたちがここに入ったときから、フロアのお客様たちには全部丸見えだったのよ。この鏡、普通のマジックミラーの機能もあるからね。もちろん音声もマイクを通じて向こうに筒抜け」
 ご愉快そうな笑顔でご説明くださるミイコさま。
 さっきのガニ股水責めも、すべてフロアから丸見えだったんだ・・・

「ジャッキーは何度も出ているから知っていたでしょうけれど、直子の反応は面白かったわ。たぶんその初々しさにお客様がたも、この後のショーの期待がどんどん膨らんだと思う」
 ミイコさまのお言葉に呼応するように、ガラスの向こうで手を叩かれ盛り上がるお客様がた。

 ガラス越しの私の真正面には、お姉さまとシーナさま、やよいママさま、そしてこちらにレンズを向ける小野寺さまが陣取り、互いに何かおっしゃりながら私を指差して笑われています。
 ジャクリーンさまと私は、まさに性的な余興のための見世物なんだ・・・
 里美さまたちはおろか、ここにいるお客様がた全員に放尿姿を晒して、嘲笑われているんだ・・・

 これまでオナニーのために何度も妄想してきた、不特定多数の方々に痴態を視姦され、慰み者となるシチュエーション。
 それが今、紛れも無く現実となっていることに気づいて、からだの奥底から得も言われぬ被虐の快感が湧き上がってきていました。

「さあ、それではみなさん、お待たせいたしました。夏の百合草会スペシャルイベント、新旧マゾスレイブ、恥辱のバトルショーを始めたいと思いまーす」
 ミイコさまのお声の調子が変わり、ガラスの向こう側のお客様がたを意識した、司会進行役っぽいよそ行きなお声になられていました。

 まるで昔、家族で観たイルカさんの水上ショーでの司会のお姉さんみたい。
 ジャクリーンさまと私は、ショーで芸をご披露する調教されたイルカさんです。
 もはや逃げも隠れも出来ないと悟り、却って心が落ち着いてきました。

「第一ラウンドはオーソドックスにエネマ対決です。アナルを綺麗にしておいたほうがみなさんもこの後弄りやすいと思うので、この密室で先にちゃっちゃと済ませておきたいと思いまーす」
 そこまでおっしゃり、イタズラっぽくニッと微笑まれたミイコさま。

「みなさんが飲み食いされているそちらのフロアで、スレイブたちの汚いものをぶちまける訳にはいきませんからね」
 お道化た口調のミイコさまに、嬉しそうに笑われるお客様がた。
 何か野次みたいなものを叫ばれているかたもいらっしゃるみたいですが音声は一方通行のようで、こちらにはそのお声までは聞こえてきません。

「最初ですからルールはシンプルに、これからふたりにぬるま湯浣腸を施して、より長く我慢出来たほうが勝ち」
「ただしジャクリーンと直子ではマゾとしてのキャリアが違い過ぎますから、ハンデをつけます。ジャクリーンは500cc、直子は半分の250ccとします」
 私が見たこともない大きなガラスのお浣腸器を取り出しながら、おっしゃいました。

 えっ?最初からお浣腸姿をみなさまにお見せするの?
 せっかく落ち着いてきた心臓が一気にドキドキに戻ってしまいます。

「スレイブたちはその場で四つん這いになりなさい。お客様に顔を視てもらえるように」
 しほりさまが差し出したポリ容器からお浣腸器に液体を吸引しつつ、ミイコさまがご命令を下しました。

「お客様だって、おまえたちが噴射するものなんて見たくもないでしょうからね。苦痛に悶え苦しむ憐れなマゾ顔をお見せして、お客様に愉しんでいただきなさい」
 ミイコさまは、ご自身もマゾでいらっしゃるので、マゾが悦ぶ虐め方をよくご存知なのでしょう。
 冷たいご命令口調に、私のマゾ性もぐんぐんヒートアップ。
 同時に泣きたいほどの絶望感も全身を駆け巡っています。

 お隣を見るとすでにジャクリーンさまは、濡れたタイルの床に両手を突いてひざまずき、おねだりするような蕩け顔。
 私もおずおずと四つん這いになります。

 私、またお浣腸されてしまうんだ・・・
 今日はすでに、さーこママさまのお店に向かう前に、オフィスの女子トイレでお姉さまから果実型容器のお浣腸薬をいただいていました。
 そしてその排泄の瞬間を、里美さまに間近で視られていました。
 私が今までに排泄姿をご披露したのは、今夜ここにお集まりの歴代ミストレスの方々と里美さまだけ。

 うまくご説明出来ないのですが、私の中では、性的にあられもない姿をお見せするのと、排泄姿を観察されるのとでは、恥ずかしさの質がかなり異なっていました。
 たとえばイク姿を視られるのと、お浣腸で我慢しきれず洩らしてしまう姿を視られるのとでは、圧倒的に後者のほうが居心地の悪い、負のベクトル寄りな羞恥を強く感じてしまうのです。
 
 種類は違っても羞恥が強い分、マゾ性ゆえの被虐感や恥辱感も強まり、結果、性的興奮もより高まることではあるのですが、してしまった後の屈辱感と後悔が大きいことが、人前でのお浣腸プレイを私が勧んでしたがらない理由でした。

 今回は里美さまどころではなく、今夜初めてお会いしたやよいママさまのお店の常連さまたち全員に、私の排泄の瞬間を観察されてしまいます。
 それも同性好きな女性ばかり、その数、およそ30名以上に。

 人間失格とか公衆肉便器とか変態露出奴隷とか、マゾ性を滾らせる恥ずかしい単語が、頭の中をグルグル回っています。
 ガラス越しに注がれる私への視線すべてが、私を貶み、嘲笑い、軽蔑しきっているように感じられてしまいます。
 そして、性質の悪いことにそう感じることで、私は性的にグングン昂ぶっていました。

「里美さんは浣腸器、扱ったことあるのよね?」
 四つん這いの頭の上で、ミイコさまのお声がしました。

「あ、はい。するのもされるのも経験済みです。直子にはまだしたことないけれど」
 弾んだお声でご返事された里美さま。
 そっか、ああ見えて里美さま、お浣腸をした、はわかるけれど、されたこともあるんだ・・・

「じゃあ里美さんはジャクリーンをお願いね。同時に注入しないと不公平になっちゃうから」
 里美さまに大きなお浣腸器を手渡し、ご自分はあらためて一回り小さいお浣腸器に液体を満たすミイコさま。

「はい、それではエネマ対決を始めます。今からスレイブたちのアナルにぬるま湯を注入して、どちらがより長く噴射を我慢出来るか、というバトルです」
 私のお尻の穴にガラスのひんやりとした感触が当たりました。
 顔を横に向けるとジャクリーンさまの、とても嬉しげに悩ましいお顔。

「ワンツースリーで浣腸液を同時に注入し、浣腸器が離れたところからカウントスタートです」
「スレイブたちは絶対うつむかないこと。常に顔をみなさんにお見せして、出ちゃうときは、ちゃんと直前に宣言しないと、即失格だからね」

 語気鋭いミイコさまのお言葉の後、肛門に固いものがズブリと押し挿り、つづいて生温かい液体がお腹を満たし始めました。


三人のミストレス 23

2018年3月4日

三人のミストレス 21

 ドアの向こう側からミイコさまにリードを引かれジャクリーンさまと私も、そのお部屋に素足を踏み入れました。
 長方形の狭めな空間は、広いお部屋の端っこを無理やり壁で仕切った、みたいな感じ。

 床はタイル貼りで、長方形スペースの短いほうの辺の突き当りに細長いロッカーと棚がいくつか設えてあるだけ。
 私たちが入ってきたドアの2メートルくらい先にもう一枚扉があり、雰囲気としては、手狭な更衣室、という趣でした。
 つづいて里美さまとしほりさまがお入りになると、お部屋内はもはやちょっと息苦しい感じです。

「狭いからジャクリーンとナオちゃんは、そっちのドアの前で待機していて」
 もっと奥のお部屋へつづくのであろう扉を指さされるミイコさま。
 そのあいだにもロッカーから脱衣カゴみたいなものやお風呂桶みたいなものを次々にテキパキとお出しになっています。

「里美さんとしほりさんは、とりあえずふたりをシンプルな裸にしちゃって。首輪と手足のベルトだけ残して、あとは全部外すの。リードも手錠もいったん外しちゃっていいわ」
「了解でーす」
 ミイコさまのリクエストに里美さまが弾んだお声でお応えになりました。

「じゃあしほりんは直子をお願いね。わたしはこちらのマダムを担当するわ」
 里美さまがジャクリーンさまの背後に立たれ、しほりさまは私の目の前へ。

「あ、いえ、あの、お嬢様、えーと里美さまでしたね?恐れ入ります、どうか奴隷のことをマダムなどと、分不相応な呼称でお呼びにならないでくださいませ。ドミナに叱られてしまいます」
 ジャクリーンさまが媚びるように、里美さまに懇願されています。

「奴隷のことはご自由に、牝ブタとでも、淫乱エロババアでも公衆肉便器でも、お好きなように、どうか蔑んでくださいませ」
 後ろ手錠を外されると同時に、自然に両手が頭の後ろへと上がるのは、シーナさまのジャクリーンさまへの、厳しい躾の賜物なのでしょう。

「わかったわ、牝ブタおばさん。本当によく躾けられていること」
 私と同じご感想をお持ちになったらしい里美さまが、すごく嬉しそうにニヤリと、嗜虐感たっぷりの笑顔になりました。
 里美さまは、手際よくジャクリーンさまのリードと後ろ手錠を外してあげた他には何もされず、そのままマゾの服従ポーズで立ち尽くすジャクリーンさまの肢体を上から下まで、ニヤニヤしげしげと見つめられています。

 しほりさまは、私のボディハーネスのベルトを丁寧に外してくださっています。
 あらかたのベルトが緩められ、あとはもうからだから取り去るだけとなったときやっと、後ろ手錠とリードが外されました。
 もちろんジャクリーンさまを見習って、すかさず私もマゾの服従ポーズになりました。

「それと、エプロン使うなら、このロッカーに入っているから、ご自由にどうぞ。これからたくさん水使うことになるから、あなたたちのお洋服も濡れちゃうかもしれないわよ」
 ロッカー傍のミイコさまからお声がかかりました。

 お声につられてそちらを視た途端にギョッ!
 同じくそちらに視線を走らせた里美さまとしほりさまも瞬間、肩をヒクっと震わせていらっしゃいました。

 ミイコさまは、いつの間にかメイド衣装をすべてお脱ぎになり、私やジャクリーンさまと同じように裸になっていらっしゃいました。
 いいえ、正確にはまるっきりの全裸ではなく、お出迎えくださったときに私が気づいた通り、ミイコさまの裸体には麻縄が這っていました。
 後ろ向きの背骨のラインやウェストを、生成りの麻縄が素肌に吸い付くみたいにピッタリと、ミイコさまの色白な素肌を飾っていました。

「これからスレイブたちにはシャワーを浴びせるからね。そのドアの向こうは浴室スペースになっているの。ジャッキーは知っているでしょうけれど」
 ジャッキーと呼ばれたのはジャクリーンさまのことでしょう。
 私たちの戸惑いなど意に介さないご様子で、朗らかにおっしゃったミイコさま。
 形の良いお尻をこちらに突き出してロッカー内をゴソゴソされながらつづけます。

「ボンデージっぽいので良ければ着替えの衣装もあるけれど、なんだったらあなたたちも、いっそ裸になっちゃう?」
「あ、でもあなたたち、うちの店、初めてだもんね。ショーが進んだらお客さんたちも大半が下着姿かトップレス、ボトムレスになっていたりするのだけれど、初めての人が初っ端から裸は恥ずかしいか」

「このエプロン、撥水性いいから着けているだけでだいぶ違うよ。服濡らしたままエアコンあたると風邪ひくかもでしょ?」
 そこまでおっしゃって、ミイコさまがこちらをお向きになられました。

 生成りの麻縄による端正な亀甲柄で飾られた、ミイコさまのお美しい裸身。
 首元からおっぱい、ウエスト、下半身まで、規則正しい六角形の縄模様が素肌を這っています。
 もちろん、おっぱいも女性器も丸出しで。

 お久しぶりに拝見したミイコさまのヌードは、相変わらずのお美しさ。
 小ぶりながらもツンと天を衝く美乳の桃色乳首が、ミイコさまもまた興奮されていることを示しています。
 股の裂け目に食い込むコブ付きの縄目のすぐ上に、綺麗に刈り揃えたポストイットみたいな長方形の陰毛が申し訳程度に残っています。
 ミイコさまに作っていただいた自縛ビデオで何度も拝見した、恥丘の向かって右斜上にポツンとある小さなホクロを含めて、懐かしくもお美しいまま変わらない裸体が、目前数メートル先にありました。

 更にミイコさまは、ご自分の裸身に艶めかしいアレンジを施していらっしゃいました。
 俗に言うバニーガールさんがよく着けていらっしゃる、蝶ネクタイ付きの付け襟と手首のカフス状の付け袖。
 フォーマルなYシャツの襟と袖口の部分だけの装飾アイテム。
 それらをご自分の裸身に付け加えていらっしゃいました。

 つまり、バニーガールさんからウサ耳とボディスーツ、網タイツを剥ぎ取り、その代わり裸体に麻縄の亀甲縛りを施したお姿。
 縄で絞られた窮屈そうなおっぱい、股のワレメに食い込む麻縄、そんな被虐性とは正反対のフォーマルな雰囲気を醸し出す白いカラーの付け襟タイとカフス。
 そのアンバランスなコーディネートが、絵画にして美術館にでも飾りたくなるような、妙に品のあるアートっぽさと強烈なエロティシズムを同時に放っていました。

 真っ白な襟に黒くて可愛らしい蝶ネクタイと真っ白な袖口を亀甲縛りヌードに付けただけで、ミイコさまのヌードはとてもエレガントに見えました。
 ワンちゃんの首輪と拘束用ベルトを手足首に巻かれた私とジャクリーンさまが並んだら、たとえ中身は同じマゾ女だとしてもミイコさまのほうが格段にチャーミングに見えることでしょう。

「何わたしのこと、そんなにジロジロ視ているの?」
 両手にいろいろお荷物を持ったミイコさまが、照れ隠しみたいに少し怒っているような口調でおっしゃりながら近づいてこられます。

「わたしだって基本エム女だからね。裸を視られるのは好きなのよ。お店で裸になるのには慣れているし、わたしのからだ目当てのお客様だって少しはいるからね、サービスしなくちゃ」
 言い訳っぽくおっしゃりながら目前までいらしたミイコさまを、ジャクリーンさまが羨ましそうに見つめています。

「あ、そういうことならわたし、エプロンお借りします!」
「あ、わたしも」
 ミイコさまが床にお荷物を置いたガタッという音で、ハッと夢から醒められたように我に返った里美さまとしほりさまが、相次いでおっしゃいました。

「うん。じゃあこれ使って。あとスレイブたちの私物はこのカゴの中にね。あなたたちに渡したバッグとこの中が責め具類。このボトルが消毒液だから、体内に挿入する類の責め具は仕様前使用後によく消毒してね」
 ミイコさまのご注意に、はい、とお返事しつつも、魅入られたようにミイコさまのヌードに釘付けな里美さまとしほりさま。

「ミイコさんて本当、お綺麗なからだなんですね?プロポーションもバツグンだし、お顔もウィッグ映えしそうだし、着せ替え人形遊びとか、したくなっちゃう」
 しほりさまが珍しく、ご興奮気味なご様子でミイコさまを褒めちぎられます。

「あら、嬉しいこと言ってくれるのね。最近、やよいママともマンネリ気味だから、今度内緒でお手合わせ願っちゃおうかな」
 小悪魔的な笑顔で不穏なことをおっしゃるミイコさま。

「確かにミイコさんも魅力的だけれど、わたしはこっちの牝ブタおばさんの、ビミョーにラインが崩れたようなからだのほうが萌えちゃうな。お腹の脂肪の具合とかいやらしくて、縛り甲斐ありそうじゃない?」
 里美さまがジャクリーンさまの下腹部をしげしげと見つめつつ、すごくいやらしい感じでおっしゃいました。
 同じく裸なのに、どちらからも話題にされない私の裸って・・・

 そんな軽口を叩かれつつ、里美さまとしほりさまがそれぞれ、手渡された真っ白なエプロンを身に着けています。
 しほりさまは今日も真っ黒なゆったり目のTシャツにブラックスリムジーンズ。
 里美さまはカチッとしたYシャツ風ブラウスに濃茶の膝上タイトスカートというOLさん風いでたち。

 その上に真っ白で清楚な膝下丈ロングエプロンを纏われたおふたり。
 派手すぎないフリルがヴィクトリア朝ぽくて、この場がなんだか一段と格調高くなった感じ。
 5名いる女性のうち3名が裸ですけれど。

「ストッキング類はここで脱いで、裸足になっておいたほうがいいよ。床は間違いなく水浸しになるから」
 ミイコさまのアドバイスに、あわててエプロンごとスカートをたくし上げる里美さま。

「あれ?ジャッキーのブタの尻尾、まだ抜いていないの?ニップルクリップも」
 服従姿のジャクリーンさまを怪訝そうにご覧になりつつおっしゃったミイコさま。
 そのお言葉にご反応されたのも里美さまでした。

「あ、いっけない。ミイコさんの可憐なヌードに見惚れていて忘れちゃっていたわ」
 バツの悪そうな笑みを浮かべた里美さまが、お脱ぎになったパンストを器用に丸めつつ私を見ました。

「わたし、その役は直子にやらせようと思っていたんだ。手錠とリードだけ外して、しほりさんの直子の世話が終わるのを待っているうちに忘れちゃってた」
 テヘペロな笑顔で朗らかにおっしゃる里美さま。

 すでに私は、しほりさまからボディハーネスをすべて外していただき、ミイコさまおっしゃるところの、シンプルな裸、になっていました。
 すなわち首輪と、手枷、足枷用に巻かれた手足首用リング付きベルト以外、何も身に着けていない姿で、すべて剥き出しなマゾの服従ポーズ。

「それじゃああらためて命令するわ。直子、そちらのマゾおばさんの乳首クリップとアナルの栓、直子の手で外してやりなさい」
 里美さまから、わざとらしく重々しいお芝居口調でのご命令。

「は、はい・・・」
 ご命令を聞くや否や、私のほうに向き直り、その豊満なおっぱいを突き出してくるジャクリーンさま。
 私は服従ポーズを解き、おずおずとジャクリーンさまのおっぱいへと両手を伸ばします。

「お願いします、直子さま・・・」
 私の手がおっぱいに触れる前から、眉間にシワを寄せてギュッと目をつぶり、悩ましいお顔をお見せになられるジャクリーンさま。
 そう言えばジャクリーンさまは、いったいいつ頃から、かけはりに乳首を噛まれつづけていたのでしょう?

 ジャクリーンさまがテーブルの下にうずくまられていたときからチェーンはぶら下がっていたようです。
 その後、銀盆をぶら下げられ空いたグラスの重さ責めに苛まれて、今まで。
 長時間噛まれているほど、外すときにより大きな激痛が走ることは、私も自分のからだで知っていました。

 恐る恐る、まず右手をジャクリーンさまの左おっぱいへと伸ばします。
 かけはりの金具にそっと手をかけ、スプリングの効いた持ち手をやんわりと絞りました。
 意外にバネは軽いんだ・・・
 柔らかいものに食い込んでいた先端がそのものから離れるムニッとした微かな感触が、かけはりのスチールを伝わって私の右手に感じられました。

「あうぅぅっ・・・」
 その感触と同時にジャクリーンさまの唇から悲痛な呻き声が零れ出ます。
 端正なお顔が大きく歪み、左肩がビクンと上がり、おっぱいがブルンと暴れました。

 かけはり自体は予想外に軽かったのですが、繋がったチェーンは見た目よりもかなり重量がありました。
 多分このチェーンだけでも、乳首に中身の詰まった缶ビールを一本ぶら下げているくらいの重力がかかっていたはずです。

 ジャクリーンさまは相変わらず目をつぶったまま唇を噛みしめ、次の右乳首への激痛に備えていらっしゃるご様子。
 そのご様子を見て思わず、私の手の中で落下を免れているこの重い鎖を、パッと手を放して落下させたら面白そう、というサディスティックな衝動が湧き上がります。

 ふと見るとジャクリーンさまの大きめな左乳首は、噛まれていた場所が同じように未だ凹んだまま。
 その生々しい責め痕に、私までどうしようもなくゾクゾクしてきて、とてもそんな可哀想なことは出来なくなり、衝動を頭から振り払いました。

 外したかけはりを左手に移し、ジャクリーンさまの左乳首のかけはりに右手を伸ばします。
「んぐむぅぅぅ・・・」
 右のときよりももっと痛々しい、喉奥からほとばしるような呻き声。
 凹んだ責め痕も右より深いみたい。

「あうぅっ・・・な、直子さま、いやらしい奴隷を苦痛から解放してくださり、ありがとうございますぅ・・・」
 眉間にシワを寄せたまま、縋るような涙目で御礼をおっしゃってくるジャクリーンさま。
 きっとまだ両乳首は疼痛でズキズキ疼いているはずです。
 今度は、ジャクリーンさまのふくよかなおっぱいを、いたわるようにやさしく愛撫してさしあげたくて仕方ありません。

「おーけー直子。その乳首クリップはこちらにちょうだい」
 里美さまがイジワルさ満点のお顔で右手を伸ばしてきました。
「あ、はい・・・」
 お渡してしまうと、今度は直子に付けてあげる、とおっしゃられそうで躊躇っていたら、横からミイコさまの右手がひったくるようにかけはりチェーンを攫っていきました。

「大丈夫よ。直子のかけはり初体験をエミリーに抜け駆けしてわたしたちがこっそり奪ったりしないから。直子がこれを体験するのはお客様の前でって、さっきみんなで決めたじゃない」
 里美さまを諌めるようにミイコさまが、かけはりチェーンをバッグにしまわれました。
 イタズラがみつかっちゃった子供さんみたく、テヘペロでごまかされる里美さま。
 
「残りはブタのシッポね。ほら、直子?さっさと抜いちゃって」
 ミイコさまが私と里美さまに向けておっしゃいました。
「そうですね。ほらマゾおばさん?直子にケツを突き出しなさい」
 里美さまもお気を取り直し、イジワル声でご命令。

「はい、ミストレス・・・」
 ジャクリーンさまが回れ右をされ、上半身を前傾してお尻を私に突き出してきました。

 間近で視るジャクリーンさまのお尻は、まさしく、卑猥、の一言でした。
 お尻の割れスジを横切る、細いブーメラン型に日焼けしていない白い尻肉。
 ちょうどその中心にある穴に挿し込まれた、ピンク色の渦巻きアナルプラグ。

 休め、の姿勢くらいに開かれた両脚のあいだからは、女性器まであられもなく見えていました。
 少し開いたピンク色の肉襞はヌラヌラと濡れそぼリ、溢れ出た婬汁が内腿から足先へと何本もスジを描いています。
 さっきの両乳首の激痛にマゾ性が反応した結果でしょう。

 何よりも淫猥に思えたのはジャクリーンさまの年季の入った女性器の形でした。
 私よりもずっと長い期間、弄られ、なぶられ、辱められてきたであろう女性器は、すっかりラビアが弛緩して、大げさにお外へはみ出していました。
 おそらくピッタリ両脚を閉じてまっすぐに立っていても目視出来るはず。
 熟し切った柘榴のような赤黒い肉襞が、いやらしく割れスジから垂れ下がっていました。

 裂け目の突端で、はちきれんばかりに腫れ上がっている肉芽も柘榴色。
 私よりもひとまわり以上大きくて、フードは切除しちゃったらしく根本まで剥き出し。
 そんなある意味グロテスクな見た目なのに、ラビアの隙間から覗けるヌメヌメな中身は艶かしくも鮮明なピンク色で、そのギャップが導き出す印象はまさしく、淫乱オマンコという言葉しか思い当たりません。

 突き出されたブタさんのシッポを指先で摘み、ギュッと力を込めます。
「んぬぅっ・・・」
 ジャクリーンさまの切なそうな溜息。

 指先にもっと力を込め、腕全体で引っ張ると、かなりの抵抗を感じます。
「むぅぅ、んむぅぅっ・・・」
 ジャクリーンさまの喘ぐお声もどんどん高まります。

 なお一層の力を込めて引っ張ると、目の前でジャクリーンさまの肛門がブワッと拡がりました。
 菊の花弁のようだった紋様がまあるくお口を空けます。
 そこからお顔を覗かせたのは、直径3センチ以上はありそうなピンク色の球体。

 なおも引っ張ると、ますますアンアン呻かれるジャクリーンさま。
 結局、その奥にもうひとつ、手前のよりももうひと回り大きい球体が数珠繋ぎになったアナルストッパーをジャクリーンさまはお尻に埋め込まれていたのでした。

「直子?今そのおばさんの肛門から引っ張り出したシッポの、ボール状になっているところ、鼻を近づけてみなさい」
 里美さまがイジワルさ全開のニヤニヤ笑いでご命令をくださいます。
 そんなの、お鼻を近づけなくたってわかりきっているのに・・・

「あぅぅ、いやんっ!恥ずかしいですぅ、それだけはご勘弁をぉぉ・・・」
 ジャクリーンさまが、可愛らしく羞じらわれます。
「何マゾおばさんがブリっ子しているのよ?ほら、直子?早くっ!」
 吐き捨てるような里美さまの冷たいお声。

「は、はいっ・・・」
 シッポ部分を指先で摘んだまま、ピンク色の球体部分に恐る恐る鼻を近づけていきます。
 見た目こそ黄ばんではいないけれど、表面を覆うヌラヌラが発散してくる、プーンという擬音まで聞こえてきそうなアレな臭い。
 私が自分のを嗅ぐと、その途端に理性のタガが吹き飛んでしまう禁断の香り。
 自分のとは違うけれど、明らかに排泄物を連想させる、獣じみた背徳の臭い。

「直子?嗅いだ?どんな匂い?」
 嬉しそうに尋ねてくる里美さま。
「あ、はい・・・とても、く、クサイです・・・」
 自分の鼻先にアナルプラグをぶら下げたまま、その野生の香りにむせ返りつつお答えする私。

「だから、どんな臭いかって聞いているのっ?」
 容赦の無い里美さまのご追求。
「あ、はい・・・で、ですから、う、うんちの臭いが、し、しています・・・」
 なぜだかいたたまれないほどの恥ずかしさに包まれ、耳たぶまで熱くなって、やっとお返事出来ました。

 ヒャハハハハーという弾けたような笑い声の後、里美さまがまだ追い打ちを駆けてきました。
「聞いた?おばさん?おばさんのケツの穴に突っ込まれていたシッポ、直子がとってもクサイってさ。同じマゾドレイにディスられちゃったわよ?」
 再び、ヒャハハと、いささか品の無い爆笑。

「あぁうぅぅ、奴隷は、奴隷は恥ずかしい限りでございますぅぅっ・・・」
 ジャクリーンさまが切なげなお声で、なのにとても嬉しそうに身悶えされています。
 お声とは裏腹に、柘榴色のだらしないオマンコからは白濁液がダラダラ。
 私が見ても、このヘンタイもっと虐めてやりたい、と思ってしまうほどのドMっぷり。
 やっぱりキャリアの差なのでしょう、マゾペットとしての立ち居振る舞いは、ジャクリーンさまのほうが一枚も二枚も上手です。

「そのシッポは直子が洗いなさい。この後自分に突っ込まれるかもしれないのだから、そのつもりで丁寧に洗っておくことね」
 すっかりドS全開となられた里美さまの冷たいお声。

「あ、ミストレス、それはいけません。奴隷が汚したものは奴隷の責任で洗浄いたします。直子さまにそんな不浄なことをお願い出来ません」
 私を弁護をしてくださるおやさしいジャクリーンさま。

「奴隷は奴隷らしく口答えは慎みなさい。これは直子への躾なの。同じマゾドレイなのに相方のアナルをクサイなんて言い放つのは失礼じゃない。かぐわしくい香りがします、かなんか答えれば許してあげたのに」
 ニヤニヤ笑いで撥ねつける里美さま。

「へー、里美さんて見かけによらず、ずいぶんSっ気が強いのね。頼もしいわ。その調子でどんどんアイデアを出してくれると、今夜のショーも一層盛り上がると思うから、よろしくね。あ、もちろんしほりさんも負けずに、はっちゃけちゃっていいから」
 ミイコさまがその場をまとめるようにおっしゃいました。

「はい。わたし、ネコもタチもいけるリバですから。それにお芝居が好きなので、なりきるの得意なんです。だから今夜は冷酷なサディストになりきるつもりで来ているんです」
 先日の女子大生さまがたへの自縛レクチャーのときよりもノリノリな感じの里美さま。
 
 私も、里美さまって、こんなにお茶目な一面もお持ちなんだ、ってびっくりしていました。
 お酒のせいもあるのでしょうが、普段のお仕事のときの生真面目で頼れる知的な里美さまとは別人のよう。
 その視線がずっと追っているのは私よりもジャクリーンさまな気がして、里美さまが本気で虐めたいのはジャクリーンさまのほうなのかな、とふと思いました。

「では、奥の部屋に移動します」
 ミイコさまが扉を全開にされました。

 明るいシャンデリアに煌々と照らし出された大理石ぽいタイル張りなお部屋。
 奥に欧米映画で見かけるような真っ白な陶器で猫足の浴槽が見えました。
 壁も荘厳な大理石風で、金色の枠で縁取られ、シャワー類らしき銀色の金具類もみんなお洒落なフォルム。
 確かにそこは、とてもゴージャスで広々としたバスルームのようでした。


三人のミストレス 22