2018年4月15日

三人のミストレス 23

「んぐぬぅぅーーっ・・・」
 お尻の穴に潜り込んだ管の先から、間断なく体内に侵入してくる生ぬるい液体。

 何度されても慣れることのない、からだの内側からじんわり侵略されているような、おぞましい感覚。
 体内に送り込まれる液体の量に比例して、我慢しきれない呻き声が長く零れ出てしまいます。

「これで200。あと50ね」
 ミイコさまのお声と一緒にいったん肛門から侵入者が離れ、あわてて括約筋をキュッと窄める私。
 お腹の中が違和感で満たされ、早くもそれらを追い出したがっています。

「んふぅーーんーっ・・・」
 お隣からも私よりハスキーで色っぽい、甘えるような溜息が聞こえてきました。
 首を右に傾けると、悩ましげに眉をしかめ、顎の先を突き出して唇を真一文字に結んだジャクリーンさまのエロティックなお顔がありました。

 四つん這いを支える小麦色に日焼けした二の腕。
 その小麦色と淫靡なコントラストを描いて、日焼けしていない青白く重たそうなおっぱいが、尖った乳首を下にしてタプンと垂れ下がっています。
 少しお肉がだぶつきながらもちゃんとくびれたウェストへと、なめらかに下る背中のカーブが凄くいやらしい。

「そっちのシリンジはいっぱいで300だから、あと200ね」
 里美さまへご指示されるミイコさまのお声に、あうぅぅ、と呻くジャクリーンさま。
 視ていた私と目が合うと、尚更お顔を大げさにしかめつつ、切なげに見つめ返してきました。

「はうっ!んぅぅ・・・」
 私のお尻にも再び冷たい注入口が突き立てられ、更に下半身の膨満感が増していきます。

「最低限5分は我慢。5分超えて先に出しちゃったほうが負け。ほら直子?みなさん視てくださっているのだから、ちゃんと顔を上げていなさい」
 ミイコさまの愉しそうなお叱り声が、お尻のほうから聞こえてきます。

 伏し目がちに視線を正面へと走らせると、素通しガラスの向こうにたくさんのお顔。
 どなたのお顔も瞳と唇が薄っすら笑っていて、動物園で珍しい生き物を見ているような、まさに好奇の眼差しというお顔つき。

 私、見世物なんだ・・・
 これから排便姿を観察される、人間以下の見世物なんだ・・・
 こんなにたくさんの見知らぬお客様がたに、自分の汚いものを垂れ流す姿をお見せしなくてはいけないんだ・・・
 みなさまの嘲笑と軽蔑が入り混じったような視線に、マゾ性がキュンキュン反応してしまい、心はこんなに絶望的なのに、からだだけ気持ち良がっている・・・

「スレイブたちが我慢しているのをただ視ているだけじゃ、ギャラリーはいまいちつまらないわよね?」
 ミイコさまがフロアに問いかけると、ガラスの向こうで一斉に、イェーイ、という形に動く無音の唇たち。

「そちらのマイクをこっちにも聞こえるようにするから、それぞれの飼い主からスレイブに、応援の罵声を浴びせてあげて」
 ミイコさまのご提案と同時に、バスルーム内に臨場感あるザワザワする音が聞こえるようになりました。
 どこにスピーカーが有るのだろう?
 少し見渡してもわかりませんでしたが、フロアにおられるお客様がたは、かなりお賑やかなご様子。

「いきなり浣腸対決なんて、今夜は凄いことになりそうね・・・」
「若いほうの子は、もうなんだか泣きそうじゃない?・・・」
「こんな大勢に排泄姿を見物されるなんて、女としてサイテーな、おぞましいくらいの屈辱よね・・・」
「本当、ジャクリーンはゾクゾクするくらい、いやらしい顔になってる・・・」
 みなさま口々に、お好き勝手なご感想を述べられているのが洩れ聞こえてきます。

「この勝負はボーナスステージよね。うちの牝ブタには500ccの浣腸なんて、快楽のアペリティフにさえならないもの」
 突然、マイクに乗ったシーナさまの一際大きなお声が、バスルーム内に響き渡りました。
 ガラスの向こうでは、ステージに上がられて私たちと距離が近くなったシーナさまとお姉さまが、それぞれマイク片手にこちらを覗き込んでいます。

「普段から1リットル以上飲み込んでも10分は我慢するように躾けているから、どう転んでもわたしの牝ブタの勝ちよ」
 シーナさまがニヤニヤ笑いでお姉さまを挑発されます。

「それは認めるしかないですね。うちの直子はまだエネマ経験が浅くて堪え性が無いの。たぶん5分も保たずに出しちゃうんじゃないかな?」
 それを受けてのマイク片手なお姉さまからは、まるで他人事のようなコメント。

「だからせいぜい早々と無様な排泄姿を晒して、見物されているみなさまから盛大に蔑んでいただくのが、マゾ女としての最低限の務めよね?」
 突き放したようなお姉さまのお言葉で、イェーイッ!パチパチパチと大いに盛り上がるギャラリーのみなさま。

「ちなみにこの直子、大きいほうの排泄姿は私とママさん、あとはシーナさんとミイコさん、それにあそこにいる里美か、だからつまり、えっと・・・」
 しばし宙を見上げ、右手の指を順番に折りたたむお姉さま。

「その5人にしか視られたことないんです。だから今夜のお客様は、かなりレアな現場の目撃者になられるんですよ?」
 お道化た口調でのフロアへのお問い掛けに、ヒューヒューとますます盛り上がるお客様がた。

「うちの牝ブタがぶっ放すところなんて、みんなもう何度も視て見飽きちゃっているもんね」
 半笑いでまぜ返すようなシーナさまの自虐的なお言葉に、ドッと沸くギャラリーのみなさま。

 そうしているうちにも私の便意はグングン高まっていました。
 お腹の内側を捩るようなキリキリとした痛みが絶えず走り、自分の耳にも聞こえるくらい、お腹がグルグルゴロゴロ呻いています。

 四つん這いの両腕がフルフル震え、ちょっとでも力を抜いたら即、噴射しちゃいそうなエマージェンシー状態。
 唇をかみしめると目尻から冷汗ではない水滴がたらり。

「はい、只今5分経過で我慢バトル開始でーす。ここからは2分ごとに追加注入していきまーす」
 キリキリ痛む下腹部を懸命になだめていたら不意に、ずいぶん朗らかなミイコさまのお声が響きました。

「ジャッキーには100cc、直子には50ccづつね」
 つづいて放たれたそのお言葉をお聞きして、あえなく私は観念しました。
 これ以上注入されたら、私のお腹はパンクしてしまいます。
 いえ、注入口を肛門に押し込まれた時点で決壊し、無様に垂れ流してしまうことでしょう。

「あうっ、ご、ごめんなさい・・・わ、私もう、もう限界ですぅ・・・」
 ミイコさまのお声のしたほうに首を曲げ、震える唇で懇願しました。

「あら?直子はもうギブアップ?出したいの?」
 ご愉快そうなミイコさまのお声。

「は、はい・・・だ、出してもよろしいでしょうか?・・・」
 お腹の中をキューッと捻り上げてくる痛みに必死に逆らいつつ、ギュッとアヌスに力を込めています。

「出すって、何を?]
「あのえっと、べ、べん、です・・・」
「べん?」
「あ、いえ、その、つまり、う、うんち・・・です・・・」
 どこまでもイジワルなミイコさまからのお言葉責め。

「そう、こんなに大勢の同性のみなさんの前で直子は、アナルからうんち撒き散らしちゃう姿、見せたいんだ?」
 心の底から愉しそうなミイコさまの弾んだお声。

「そこまで言うなら、いいわよ、許してあげないこともないけれど、でも許しを乞う相手は、わたしではなく視ているお客様たちなのではなくて?ガラス越しとは言え、直子の汚いもの、強制的に視なくてはいけないのだから」
 ミイコさまの冷たいお声に、便意と一緒に性的高揚もグングン昂ぶってしまいます。

「わたしの言う通りにお願いしなさい。いい?みなさま、ヘンタイマゾメスの直子が浣腸に耐えきれず、はしたなくうんちを撒き散らす姿を、どうぞじっくりご覧になってください。ほら?」
「ひっ!」

 ほら、という掛け声と共にミイコさまの乗馬鞭が、私の左尻たぶをピシッと打ち据えました。
 思わず括約筋が一瞬緩み、チョロっと洩れた生温かいお水が内腿を垂れていくのがわかりました。

「は、はい・・・み、みなさま・・・へ、ヘンタイマゾ、ヘンタイマゾメスな、な、直子・・・」
「違うでしょ?お願いするのならちゃんと前を向いて、みなさんにしっかり顔を向けながら、でしょ?」
 ミイコさまの鞭が今度は右の尻たぶへ、お言葉と一緒に振り下ろされます。

「ひっ、はっ、はいっ、ヘンタイマゾメス直子が、お、お浣腸に耐えられずに、う、う、うんちをはしたなく垂れ流す姿を・・・」
 ご命令通りまっすぐ前に顔を向けていると、みなさまのご様子が否が応にもわかります。

 興味津々な瞳、侮蔑の瞳、嗜虐に溢れた瞳。
 どの瞳も一様に愉しげで、蜘蛛の巣に捕まった憐れな虫を観察しているみたい。
 この人たちみんな、私の排泄姿を心待ちにしているんだ・・・
 そう考えた途端、筆舌に尽くせない恥辱感と、めくるめく甘美な被虐性の興奮が全身を駆け巡りました。

「ど、どうぞ、どうぞじっくり、ご観察くださいぃぃ・・・」
「はい、よく出来ましたっ!」
 ピシッ!

 ミイコさまのお言葉と同時に響いた3発目の打擲音。
 その音が合図だったかのように、すぼめていた菊門が力尽き、一気に開花する感覚。
 プスプスピシャピシャと恥ずかし過ぎる破裂音がつづきました。

「あああーー、ごめんなさい、ごめんなさいぃーーっ・・・」
 文字通り堰を切ったようにお尻の穴からお外へと飛び出していく私の水流。
「いや~~ぁぁあっ、見ないでぇーーっ・・・」
 意図せず口をつく心からの叫び。

 やがてそこはかとなく漂ってくる、いたたまれない恥ずかし過ぎる臭い。
 後方へと飛び散った私の水流が床を流れ、四つん這いの私の手のほうへと戻ってきます。
 その水流が僅かに茶色がかっていて、尚更私を赤面させます。

「あーあ、あの子、本格的に泣いちゃったよ」
「そりゃそうよ。こんな大勢の前でうんこ漏らす姿、見られちゃったんだもん」
「でも、あの子の乳首、ずっと尖りっぱですっごく硬そうじゃん。感じちゃってるんじゃない?」
「マゾだもの、当然でしょ。辱められたいから今夜、このイベントに連れてこられたんだろうし」

 私が噴出した瞬間、ドッと沸いたフロアから口々のご感想が漏れ聞こえていました。
 そして事実私は、肛門を開放すると同時にマゾマンコの粘膜をヒクつかせ、軽いオーガズムを感じていました。

 ザザーッという派手な水音でフロアのざわめきが遠のきました。
 私の汚水を流し清めるために、ミイコさまがシャワーを全開にして床を流してくださっているみたい。
 床を流れゆく水流が透明に変わり、いたたまれないあの臭いもみるみる薄れていきました。

 しばらくすると今度は私のからだにお尻のほうから、ぬるま湯が激しく浴びせかけられます。
 瞬く間に全身びしょ濡れの私。
 だけど自分の汚水で汚れた腕や足も綺麗に流され、お腹の違和感も解消してなんだかサッパリ気分。
 
「第一ラウンドは直子の負け、ということで、直子は立ち上がっていいわよ」
 シャワーを止めてバスルーム内に静寂が戻ったところで、ミイコさまがおっしゃいました。
「あとはこっちのおばさんね。さっきシーナちゃんは1リットル以上でもへっちゃらって、言っていたけれど」
 
 ミイコさまからお許しをいただき、私はゆっくりと立ち上がりました。
 ジャクリーンさまのお尻の脇で立っていらっしゃるミイコさまに手招きされ、おずおずと近づきました。

「今、いくつ追加した?」
 里美さまに尋ねられるミイコさま。

「直子の噴射が終わった後に100入れましたから、都合600ですね」
 里美さまの嬉しそうなお返事。
 私が床に這いずって打ちひしがれていたときも、里美さまは淡々とご自分の任務を遂行されていたようです。
「おーけー。じゃあちゃっちゃとあと400入れちゃって」
 
 全身から水滴を滴らせた私と、全裸に亀甲縛りでカラーとカフス付きなミイコさま。
 それにメイドエプロン姿の里美さまとしほりさま。
 4人に取り囲まれて見下される、全裸四つん這いなジャクリーンさまの小麦色のお背中。
 その無防備なお背中は、本当にみじめで、無様で、滑稽で、もっと虐めたい、という嗜虐心を煽リ立ててくるお姿でした。

「了解。200ccを2本ですね」
 弾んだお声の里美さまが、ミイコさまから小さいほうのお浣腸器を譲り受けました。
 嬉々としたお顔でボウルの液体を、お浣腸器に目一杯吸い上げる里美さま。
 そそくさとジャクリーンさまのお尻側に回ってひざまずき、無言で肛門に突き立てました。

「うぬぅ・・・」
 小さく呻かれたジャクリーンさま。
「んんぬぅーーっ・・・」
 里美さまが持たれたお浣腸器のシリンダーが押し込まれるのと呼応するように、ジャクリーンさまの長い呻き声が響きました。

「最後の200は直子、入れてみる?」
 抜いたお浣腸器を再び液体で満たす里美さまを眺めつつ、ミイコさまが尋ねてきました。

「えっ?私が、ですか?いいんですか?私、負けたのに・・・」
 思いもよらないご提案に、盛大にあわてる私。

「負けたも何も、わたしたちに言わせれば直子もおばさんも同じドマゾ。まあ、わたしもパートナーの前ならエムなんだけどさ、たまにエスになるのも、愉しいわよ?マゾがマゾを虐めるのを見物するって、単純に面白いじゃない?」
 からかうようにおっしゃるミイコさま。
 お受けして良いものなのか決めかね、ガラスの向こうにお姉さまたちのお姿を探すと、お姉さまも私を見て、ウンウンとうなずいてくださいました。

「どうせ自分でもひとりエネマえっち、してるんだろうから、入れ方のコツはわかるでしょ?ほら、がんばって」
 里美さまから、ずっしりと重いお浣腸器を手渡されました。

 先ほどの里美さまのように、ジャクリーンさまの突き上げたお尻の麓にひざまずきます。
 至近距離で対面するハート型の大きなヒップ。
 おそらくTバックで日焼けされたのでしょう、お尻の割れスジに沿ってだけ、か細く日焼けしていない白い線が出来ている小麦色の小山。
 そのスジの真ん中辺に、幾分色素が沈殿して赤みがかった派手めな菊座が、ヒクヒクと波打っていました。

 左手をお浣腸器の筒に添え、ゆっくりと注入口を穴へと差し挿れました。
「あふぅぅ・・・」
 頭のほうから漏れ聞こえて来たジャクリーンさまの切なげな溜息。
 注入口がズッポリと埋まったのを確認してから、ゆっくりとシリンダーの押子を押し込んでいきます。

「ああ・・・んふぅぅーーー、ぬぅぅーーーっ・・・」
 気持ち良さそうなジャクリーンさまの喘ぎ声が響き、押子がどんどんシリンダーに埋まっていきます。
 押子がこれ以上進めない状態となり、お浣腸器を引き抜く頃には、何とも言えないサディスティックな気持ちになっていました。

「直子?浣腸器抜いたら今度は50cc分何も入れずに注入してやりなさい。その押し手をちょっと引っ張るだけでいいから」
 フロア側からシーナさまの冷たいお声が聞こえてきました。

「ああ、ドミナ、そんなぁ・・・」
 ジャクリーンさまの、今までになく悲痛なお声。

「牝ブタの弱点なのよ、空気浣腸。これやると余裕失くして、すぐにみっともなくおなら響かせながらぶち撒けちゃうはずよ。あれが早く出すもの出さないと、次のバトルに移れないでしょ」
 心底ご愉快そうなシーナさまのお声がかぶりました。

 シリンダーを引っ張って目盛りを50ccに合わせ、再びジャクリーンさまの肛門に突き立てました。
「ああぁ・・・」
 さっきまでとはニュアンスの違う、切羽詰まったジャクリーンさまの呻き声。
 かまわず押子を押し、ジャクリーンさまの体内に空気を送り込みます。
 お浣腸器を抜いた途端、ジャクリーンさまのお腹が大きく、グルグルーッと啼きました。

 再び見下すジャクリーンさまの裸体。
 ジャクリーンさまは、んふぅ、とか、ぬぐぅ、とか唸りつつ、必死に便意に耐えておられるご様子。
 ときどきお背中がフルフル震え、全身が紅潮しきています。

 どなたかがお浣腸に耐えているお姿をライブで間近に拝見するのは初めてでした。
 自分の姿なら鏡で何度か視ていましたけれど。
 なんてみじめで可哀想なお姿だろう、と思いました。
 と同時に、もっと苦しめ、もっと恥じ入れ、と心がどんどんエス寄りになっている自覚もありました。

 それでもジャクリーンさまは、よく耐えていらっしゃいました。
 追加のお浣腸から5分以上経過してもまだ、全身を震わせつつ我慢しておられました。
 はしたない喘ぎ声だけは、とても大きくなっていらっしゃいましたが。

「サカッちゃうばかりで、これじゃ埒が明かないわね」
 ミイコさまが呆れ顔で私を見ました。
「直子、この牝ブタをもっと虐めて、早く楽にしてあげなさい」
 ニヤッと笑ってのご命令。

「えっ?でも・・・いいんですか?」
「いいんですか?も何も、浣腸して出さないまま第二ラウンドでステージに上がったら、フロアでぶちまけちゃうかもしれないじゃない?そうなったらお客様が大迷惑でしょ」

「あ、はい、で、でも、どうやって・・・」
「簡単なことでしょ?直子が虐められているとき、こうされたいな、って思うことを、おばさんにしてやればいいのよ」
 お鼻で笑うようにおっしゃったミイコさま。

 同じようなことをずっと以前、言われたことがありました。
 大学受験のためにピアノを習っていたときのピアノ先生から。
 その先生は母のお知り合いで、私と同じような性癖を持つ大人の女性で、私に虐められたがっていました。

「有能なエムの人っていうのは、必然的に優秀なエスの素質を持っているものなの。だって自分と同じようなエム気質を持っている人が、どんなことをされると嬉しいのか、全部わかっているのだから」
 そのときの興奮が脳裏に、あざやかによみがえりました。

「わ、わかりました・・・やってみます」
 表向きはおずおずを装っていましたが、心の中はワクワク弾んでいました。
 
 ジャクリーンさまの四つん這いのおからだの側面にひざまずいて、右手をゆっくりと伸ばします。
 実は、ジャクリーンさまの蠱惑的な裸身をひと目拝見したときから、その重くて柔らかそうな乳房を触ってみたくて仕方なかったのです。

「失礼します」
 一応ご挨拶をしてから、垂れ下がった左乳房を右手で乱暴にワシづかみました。

 ムニュッと指がめり込む柔らかいお肉の感触。
 手のひらに当たる、私の親指くらいありそうな固くシコった乳首。
 気持ちいい・・・
 予想通り弾力に富んだ、いつまでもムニムニしていたいような中毒性のある感触に、夢中で揉みしだいてしまう私。

「な、直子さまぁ?・・・」
 最初は戸惑い気味だったジャクリーンさまも、私の執拗な揉みしだきに段々と気持ち良くなられてきたみたい。

「ああ、そんな、およしくださいませ、あ、あっ、そんなにされますと、奴隷はもう、奴隷はもう、ガマンが効かなくなってしまいますぅ・・・」
 みるみるお声を荒げ、上半身を身悶えさせるジャクリーンさま。

「そんな横から手を突っ込んでいたらやりにくいでしょう?直子、ジャッキーに跨って覆いかぶさって、両手で揉んであげれば?両方のおっぱいを一度に」
 ミイコさまが笑いながらアドバイスしてくださいました。
 私はミイコさまにお返事も返さずに立ち上がり、四つん這いなジャクリーンさまのお背中に、はしたなくも馬乗りになりました。

「ああんっ、直子さまぁ・・・」
 ジャクリーンさまが突っ伏していた両腕を持ち上げ、正しく四つん這いのお馬のような姿勢になられます。
 ジャクリーンさまのお背中を跨いでいる私は、上半身を前傾して両手にひとつづつ、ジャクリーンさまの左右の乳房を再びワシづかみます。

「ああ、もっと激しく、もっと乱暴に奴隷のおっぱいをなぶってくださいませぇ・・・」
 暴れ馬みたいにお背中をクネクネくねらせながら、ジャクリーンさまが身悶えます。
 私は両手のひらでおっぱいを引き千切るみたいに、揉んで伸ばして摘んで抓って。

 大きく開いた私の股間には、ジャクリーンさまの背骨の筋が密着して、腫れた肉の芽を刺激してきます。
 前傾姿勢の私の乳首が時折、ジャクリーンさまのお背中の肌に擦れます。

「あっ、んっ、いいっ・・・」
 そのたびに淫らな溜息を洩らす私。
 ジャクリーンさまと私の嬌声がバスルームに響き渡ります。

 ガラス越し真正面に陣取られた小野寺さまのビデオのレンズが、私たちをまっすぐ捉えていることはわかっていました。
 それも含めた他のお客様がたの視線さえ、まったく意に介さないほど、私はいつしかその行為に夢中になっていました。

 ジャクリーンさまのお背中の上で腰を前後に揺らし、開いた股を擦りつけて高みに昇ることだけに熱中していました。
 もちろんジャクリーンさまのおっぱいをなぶる両手も休めずに。

「あんたたち、アンアン喘ぐのはいいけれど、スレイブが気持ち良くなるためのバトルではないんだからね?とくに直子、おばさんに早くうんちをさせるための責めをしなさい」
 ミイコさまの呆れ声と共に、ピシッとまず私のお尻に鞭が打たれ、つづけてもう一発音だけがピシッ!

 そうでした。
 ジャクリーンさまの排泄を促すのが私の任務。
 私がお浣腸されたとき、一番されたくないのに望んでいることって・・・
 考える間もなくからだが動いていました。

 四つん這いのジャクリーンさまに跨った両足を浮かせ、背後からおんぶでしがみつくようにからだを密着せました。
 それから浮かせた両脚のかかとで、ジャクリーンさまの下腹部をグイグイ押し始めます。
 排泄を我慢している膨れたお腹を押されることほど、切ないことはありません。

「ああーっ、直子さまぁ、そんな、それは、それだけはーっ!」
 ジャクリーンさまが悲痛なお声をあげてもかまわず、両足のかかとで叩くように、柔らかな下腹部を圧迫しつづけます。

「ああ、もう、もう、お許しくださいぃ、それ以上は、もう、もうーっ!」
 お背中に乗っているのでご表情は見えませんが、ジャクリーンさまのあられもなく歪んだお顔が見えるよう。

 プスゥーーッ・・・
 とても恥ずかしくはしたない音が背後から聞こえた後、密着した肌から緊張が解け、弛緩した諦めが伝わってきました。
 すぐにブジューーッというお水が弾ける音。
 水音はずいぶん長いあいだ途切れ途切れにつづき、鼻腔をくすぐる得も言われぬ硫黄に似た恥ずかし過ぎる異臭。

 力尽きたジャクリーンさまは四つん這いの腕をたたみ、縁の溝へと流れ落ちる薄茶色のご自分が出された汚水に浸って突っ伏していらっしゃいました。
 私がしがみついているその肩だけを、ハアハアと荒々しく上下させながら。



0 件のコメント:

コメントを投稿