2017年3月19日

三人のミストレス 01

 7月も半ばを過ぎた、とある週末。
 絵理奈さまの快気祝いパーティが開かれることになりました。

 絵理奈さまというのは、その前の月に行われたうちの社のファッションイベントのショーでモデルを務められるはずだった女性。
 だけど、ショーの前夜に急病になり、出演出来なくなってしまったのでした。

 絵理奈さまと体型がそっくりということで、その代役としてお姉さまから急遽モデル役に指名された私は、結果として自分のヘンタイ性癖の数々を社内関係者を含むイベント参加者全員に、文字通り赤裸々にお披露目する羽目になったのでした。

 その結果イベント以降、私の社内的立場は、みなさまの性的なおもちゃ=言いなりマゾペット状態。
 見せなさいと言われれば見せ、脱ぎなさいと言われれば脱ぎ、挿れなさいと言われれば挿れ、イキなさいと言われればイク淫乱セイドレイ。
 連日裸同然の格好で勤務することになってしまいました。

 その年は、7月になった途端に連日30度を超えるような猛暑の夏。
 当然みなさま薄着になりますが、元々薄着がちな私がもっと薄着になるなら・・・
 ということで、いつもオフィスにいて私にご命令をくださることの多いリンコさまとミサさまがご用意くださったのは、上も下も布面積が3センチにも満たない、ティアドロップ型スーパーマイクロビキニ。

 月曜日から金曜日まで色違いの極小ビキニ5着。
 文字通り、乳首ふたつとワレメのスジだけをやっとギリギリにしか隠せないヒモビキニに赤い首輪とパンプスだけで、お電話を取り、パソコンに向かい、会議の書記役を務め・・・
 少し大きく動いただけで乳首がポロリ、無毛のワレメがチラリ。
 お客様にお茶をお出しするときと、お外にお使いに行くときだけ、ざっくりシルエットな、かぶりのミニワンピースを上に纏うことが許されていました。

 絵理奈さまのパーティ当日は、お姉さまが丸一週間ぶりに出張からお戻りになる日でした。
 スタッフが久しぶりに全員揃う日でしたので、その日は午前中からお姉さまと雅部長さま以外はオフィスにおられました。
 せっかくスタッフが揃うのだから、ということで、その日は一日、新アイテムの開発会議に充てられることになっていました。

 出勤早々の朝のミーティングで、綾音部長さまから全裸になるように命じられました。
 すでにみなさま、私がオフィスで裸になることには慣れてしまわれたようで、冷やかしのお言葉も無く、ただニヤニヤ眺められるだけ。
 そのまま開発会議が始まり、それからずっと私は、開発中アイテムのフィッティングモデルと化しました。

 ミーティングルームのテーブルをどかして真ん中に立たされた私。
 ホワイトボードを背にした綾音部長さまが進行役で、その脇に私。
 取り囲むようにノートを手にしたリンコさま、ミサさま、ほのかさま、そしてネットショップご担当の里美さまが、全裸の私と品の良いサマーブラウス姿の綾音部長さまを見比べるように見つめています。

 その日のアイテム開発テーマが、エレガントボンデージ、なので、主にラテックスやレザー素材の衣装。
 他メーカーの市販のものや開発部作成の試作品を私が身に着けたのを肉眼で見て、デザインの改善点やアイデアを各自出し合うという主旨。
 
 メッシュだったりオープンバストだったりアソコ部分だけ穴が空いていたり、肌の露出度が高いものばかり。
 そんなボンデージスーツを、着ろと言われれば着て、脱げと言われれば脱ぎ、という状況でした。

 たとえばオープンバストのラテックスビスチェ。
 全裸で着るのですから、下半身は丸出しのままです。
 身に着けると綾音さまが、素材やデザインについていろいろご説明なされます。

 それから綾音さまのご命令でいろいろポーズを取らされます。
 後ろを向いたり、両腕を上げ下げしたり、おっぱいを突き出したり。
 それを見てみなさまがそれぞれ思いついた意見をおっしゃいます。

 もう少しバストを持ち上げるようなカットが良いのではないか、とか、ウェストに切れ込みを入れよう、とか。
 おっしゃりながら私のからだを躊躇なくベタベタ触ってくるみなさま。
 脇腹を撫ぜられたり、下乳を持ち上げられたり。
 かと言って私を弄ぶような雰囲気は無く、みなさま真剣な面持ちでのディスカッション。

 ほのかさまが、ウェットティッシュを一枚差し出してくださいます。
「感じちゃっているでしょ?ほら、もう雫が垂れちゃいそう」

 ほのかさまの視線の先に気づいて、あわてて自分の股間をティッシュで押さえます。
 イタズラっぽい笑みを投げてくださったほのかさまの視線は、すぐに真剣な瞳に戻ってホワイトボードへ。
 一番奥手に見えたほのかさままで、マゾな私への接し方を優雅に会得されていました。

 ひとしきり議論を尽くすと脱ぐように言われ、次のアイテムまで全裸で待機。
 脱いだ後に、そのアイテムに対する新しい提案がなされると、その検討が終わるまで全裸のまま放置。

 オフィス内に全裸の女性がいて、どなたもそれを気にも留めない空間。
 真剣な意見が飛び交う会議中に、ただひとり全裸でみなさまの前に立ち尽くすマネキンのような私。
 それが普通となっている非日常的な状況。

 もっと触って欲しい、もっと弄ってほしい・・・
 からだはゾクゾク疼いているのに、素知らぬお顔をされるみじめさ。
 私は今みなさまに、人間として見られていない・・・
 みなさまの真剣な議論をお聞きしながら、自然と両手が頭の後ろに回っていました。

 そんなふうにして、いくつかのアイテムを着ては脱ぎしているうちに午前中が過ぎました。
 お昼どき。
 突然ご来客を告げるチャイムが鳴りました。

「あ、ランチが来たようね。とりあえず一息入れましょう」
 綾音部長さまがおっしゃいました。
 あらかじめ綾音さまが頼まれていたのでしょう、ご昼食のケータリング業者様のようでした。

 こんなときにお出迎えに出なければいけない役目は、秘書という肩書で一番下っ端の私でした。
 でも私は、そのとき全裸。
 こんな場合に羽織ることを許されている白衣やワンピースも、社長室に置いたままでした。

 どうしよう・・・
 マゾの服従ポーズのまま動揺していると、ほのかさまがササッとミーティングルーム内のインターフォンに駆け寄ってくださいました。

「はい?」
「あ、毎度ありがとうございます。ご注文いただいていましたお弁当をお持ちしましたー」
 愛想の良いお若そうな男性のお声が聞こえてきました。

「あ、はい、今ドアを開けますねー」
 ほのかさまも感じ良くお応えして、メインルームに出るドアのほうへと足を踏み出します。

 ホッと胸を撫で下ろしたのも束の間、綾音部長さまがとんでもないことをおっしゃいました。
「八人分だとけっこう嵩張るわよね。いったんテーブルを定位置に戻して、ここまで運んで来てもらいましょう。どうせここで食べるのだから」

 えっ!?
 ここに運んでもらうって・・・
 さっきのお若そうなお声の男性がここまで来ちゃうってこと?
 キュンと感じてしまう股間とは裏腹に、服従ポーズのまま固まってしまう私のからだ。

 そうしているうちにもリンコさまと里美さまで、隅にどかしていたテーブルをミーティングルームの中央に戻し始めます。
 ほのかさまは、小走りに玄関ドアのほうへ。
 ミサさまがアイテム類をまとめてお部屋の隅へ移動して・・・

「あ、そう言えば直子、裸だったわね?」
 綾音部長さまが、さも今気がつかれたかのように私を見ておっしゃいました。
「見てもらう?ハダカ」
 からかうみたいにおっしゃる綾音さまに対し、首をブンブン左右に振る私。

「そうね。直子のいやらしい真っ裸をいきなり真正面からっていうのも、我が社の品位が下がっちゃいそうだし、ケンちゃんも一応若い男性だから、刺激が強すぎるかな・・・」
 ちょっと思案するようなご様子を見せた綾音さまが、すぐにニコッと笑っておっしゃいました。

「その隅っこに背中向けて立っていなさい。オブジェみたいに、マネキン人形に成りきって」
 ミーティングルームの入口ドアから一番距離がある窓際の片隅を指さされました。

「そこでマネキンのフリしてお尻を向けていれば、たぶん気づかれないと思うわ。うちがアパレルだってご存知だし」
 それから嬉しそうに唇の端を少し上げてつづけられました。
「もし気づかれても、ケンちゃんもさーこママもシャレのわかる人だから、気づかれちゃったら正面向いて、はしたなくてごめんなさい、って全部見せてあげなさい」

 オフィス内に入って来られたのであろうケータリングの人とほのかさまとの会話が、開け放たれたドアからかすかに聞こえてきていました。
 ただ、ご機嫌良くあれこれおっしゃっているお声は男性ではなく、聞き覚えのないご中年のおばさまっぽい女性声でした。
 さーこママ、っていうかたなのかな?

 でも今はそんなこと気にしているヒマはありません。
 何はともあれ急いで窓辺に駆け寄り、みなさまに背中を向けました。

「そんな棒立ちじゃ人形っぽくないよ。もっとマネキンらしいポーズしなきゃ」
 ご愉快そうなリンコさまのお声を背中に聞き、少し右手を曲げて、お先にどうぞ、みたいなポーズを取りました。

「指先までしっかり意識して固まっていないと、ちょっとでも動いたらマネキンじゃないな、生身の裸の女だな、ってバレちゃうからね?」
 里美さまがイジワル声と共に、曲げた私の右肘に、私が脱いだワンピースを掛けてくださいました。
「こんなふうにしておけば、よりマネキンって言うか、置き物ぽく見えるんじゃない?」

 そうしているあいだに、おばさまっぽいお声がすぐ近くに聞こえるようになっていました。
「さーこママ、わざわざ悪いわねー」
 親しげにご挨拶される綾音さまのお声。

「いいのよ。今夜はうちで盛大に飲み食いしてくれるんでしょ?今日はランチタイム早めに切り上げて、お店じゃ今せっせと仕込み中よ」
 おばさまの陽気なお声がすぐ後ろから響きます。

「そのテーブルの上に置いてくださる?」
 綾音さまのお声につづき、はいっ!という男性のお声が聞こえました。
「こちらがサンドイッチとサラダのランチセット8名様分。スープとお紅茶にお湯を注ぐのは・・・」
 そこで一瞬、お言葉が途切れました。

「えーっと、5名様分でよろしいですか?」
 自信なさげな男性のお声。
「あ、今ひとり席外していてすぐ戻ってくるから、6人分淹れておいてくれる?」
 少し笑いの含まれたようなお声で応えられた綾音さま。
 それからしばらく、お湯を注ぐ音が聞こえるだけの沈黙がつづきました。

 私の目の前にはガラス越しの真っ青なお空。
 剥き出しのおっぱいに刺すような夏の陽射しが降り注いでいました。

 今、私、お外に向けておっぱいもマゾマンコも丸出しなんだ・・・
 いくら地上二百数十メートルの位置にあるとは言え、頭の上から両腿の真ん中くらいまで窓枠の大きな素通しガラスの窓辺に外を向いて立ち尽くすというのは、とても恥ずかしいものでした。
 お外からこの窓を見上げれば、おそらく豆粒ほどの大きさでしょうが、裸の女が立っているということはわかっちゃうはずです。

 一方室内では、私からほんの5メートルも離れていない位置におられる見知らぬおばさまと若い男性に、剥き出しのお尻を晒していました。
 ぜんぜん会話が聞こえてこない分、みなさまの視線が全部、お尻に集まっているような気になってきます。
 
 ドクドクと音が聞こえそうなほどに全身を駆け巡るマゾの血。
 それでもマネキン人形のフリをして、微動だにせずに居なければならない被虐感。

「はい。以上となります。2名様分のスープとお紅茶はこのまま置いていきますので、お手数ですがお食べになるときにご自分で熱湯を注いでください」
 ハキハキした男性のお声とともにガタガタガサガサと何かを片付ける音。

「それでは今夜、よろしくお願いね」
 綾音部長さまのお声。
「まかせて。美味しいお料理たくさん用意して待ってるからねー。このランチのお会計も夜に一緒にねー」
 おばさまのご陽気なお声が徐々に遠ざかりました。
 どうやらバレずにすんだみたい。

「あれケンちゃん、絶対気づいていたよね?最初はチラチラだったけど、帰るときなんか直子のお尻、ガン見してたし」
 綾音部長さまとリンコさまに挟まれる形で、私ひとりだけ全裸で、ご昼食のテーブルを囲んでいます。
 リンコさまがプラスティックのフォークの先で、私の尖った乳首をチョンとつつきつつ、からかうようにおっしゃいました。
「ずいぶん感じちゃったみたいじゃない?乳首コリッコリ」

「ママさんだってわかっていたんじゃない?直子の姿を上から下まで舐めるように見ていたもの」
 向かいにお座りになられたほのかさま、里美さま、ミサさまのうち、私の真正面におられる里美さまが私の上半身をニヤニヤ眺めながらおっしゃいました。

「さーこママは気づいていて絶対ツッコんでくると思ったのだけれど、ケンちゃんもいたからスルーしたのかしら」
 綾音さまが独り言のようにつぶやかれました。

 お弁当は、スモークサーモンとアボガドのサンドイッチとシーザーサラダにポタージュスープ。
 綾音さまがおっしゃるには、夜にパーティなので軽めにしたそうです。
 きっととても美味しいのでしょうけれど、みなさまの前で全裸で食べるという状況だけで胸が一杯になってしまい、あまり味わえませんでした。

 お食事中のみなさまのおしゃべりを総合すると、今日のパーティは先ほどいらっしゃったさーこママさまのお店で開かれるようです。
 営業部の雅部長さまがよく利用される欧風創作料理の個人経営レストランで、小じんまりとした隠れ家的お店。
 オフィスビルから歩いて3、4分位、住宅街の入口にある路面店で、今夜はうちの貸し切りだそうです。

 食べ終えると早速、会議が続行されました。
 午後のアイテムは、ラブトイズ寄りの淫靡なものばかり。
 バスト部分に乳首クリップが付属しているものとか、股間に突起物が付いているもの、バイブレーターを装着出来るホルダーが付いたものなどなど。

 私が身に着けると綾音部長さまが、なんの躊躇いもなくクリップで挟んだり突起物を挿入してきます。
 そのたびに、うっ!と感じてしまうのですが、会議の雰囲気がシリアスなので、あられもなく身悶えたり喘いだりしてしまうわけにいきません。
 結果、必死に我慢することで、却って被虐と恥辱が煽られる悪循環。

 乳首クリップのチェーンをもっと短くしたほうがいいのでは、とおっしゃってチェーンをグイグイ引っ張ってくるリンコさま。
 重りをぶら下げられる機能を付けるのはどうでしょう?と、チェーンをブラブラ揺らしてくるほのかさま。

 素材を透明にして女性器に埋め込まれた突起を見えるようにしたいと、突起付きボトムを何度も穿いて脱いでとくりかえさせる里美さま。
 アナルにも突起を付けるべき、とアナルブラグで肛門を抉じ開けてくるミサさま。

 私はずっと身悶え、小さく喘ぎつづけていましたが、そんなの眼中に無いかのような白熱したディスカッション。
 でもなんとなくですが、私の性感が高ぶっているのを承知の上で知らんぷりをすることで、みなさま一丸となって私への焦らしプレイを愉しんでいらっしゃるようにも思えました。

 乳首を挟むクリップはどんどんキツくなって、乳首をジンジンと潰していました。
 ハーネスが食い込んだ肌を撫ぜられると、鳥肌から羽毛が生えてきてしまいそうなほどゾクゾク感じました。
 マゾマンコから蜜が溢れビチャビチャになるたびに、ほのかさまがウェットティッシュでおやさしく拭ってくださいました。

 ただし、スジの先端でテラテラとピンク色に腫れ上がって飛び出している肉の芽には、決して触れてくださらないのです。
 私の両足のあいだには、大きめの粘っこそうな水溜りと、丸めたウェットティッシュの小山が出来ていました。

「あーっ、ずいぶん愉しそうなこと、やってるねぇ」
 突然、ミーティングルームのドアが開き、ひょっこりお顔を覗かせたのは、シャギーなセミロングのイケメンレディ。
 お会いするのは確か2週間ぶりくらいの雅部長さまでした。

 そのとき私が着せられていたのは、裸身を菱形模様で飾るボディハーネス。
 柔らかくて伸縮性があり、肌にぴったり吸いつくようなレザー製。
 トップとボトムがベルトで離脱出来るようになっていました。

 バスト上部のリングには左右それぞれ乳首を挟むクリップが短いチェーンで付いていて、それに乳首を挟むとおっぱい全体が乳首に引っ張られて持ち上げられる仕様。
 ボトムは、性器用の突起が付いたベルト状で、ちょうどアナル用の突起をどう付けるか議論中だったので、膝までずり下げられた状態でした。

 眼下に、さっきまで私の膣内に埋め込まれていた凶々しい形状の突起が、ぬめりのある白濁液にまみれてテラテラ光っています。
 雅部長さまは、それをしげしげと見つめた後、私の顔に視線を移し、とても嬉しそうにニッコリ微笑んでおっしゃいました。

「ナオちゃんてば、ずいぶんとえっちなお顔で出迎えてくれるんだねえ。そんなにワタシに会いたかったかい?」