2017年7月23日

三人のミストレス 12

 膣口深く潜り込ませた右手の人差指と中指で、捏ねるように膣壁を撫ぜ回します。
 上に伸ばした親指の腹で腫れたクリトリスを弾くように擦ります。
 左手全体で左おっぱいを鷲づかみ、人差し指と中指のあいだに逃した勃起乳首を、挟んでギュウギュウ潰します。

「はっ、はぁん、あっ、あーんっ・・・」
 先ほどの麻縄コブ渡りで、あれだけ激しく何度もイッたのに、いえ、イッたからこそ、敏感になり過ぎたはしたない急所への単純な愛撫だけで、みるみる高まってしまいます。
 目隠しをしてくださったことで余計な視覚的刺激を受けない分、行為に集中出来るので尚更です。
「あっ、だめっ、いやっ、もうだめっ・・・」

「あれ、もうイッちゃうんじゃない?」
「ほんとだ、まさにイキ癖がついちゃった、って感じだね」
「やだ、この子、小指伸ばしてお尻の穴までまさぐってる」
 私の痴態をつぶさに実況してくださるみなさま。

「あっ、んっ、あぁ・・・お姉さ、あっ、いえ、え、絵理奈さま、イッてもいいですかぁ?あふぅぅ・・・」
 コブ縄渡りのときのお姉さまのお言葉を思い出し、見えない絵理奈さまにオーガズムの許可を乞います。

「時間が無いみたいだから、さっさとイクのは構わないけれど、なんかあんたの、その口の利き方が気に入らないわね」
 私の左側のほうから、絵理奈さまの冷たいお声が聞こえてきました。

「イッてもいいですかぁ?じゃないわよ。いいですか、なんて何タメ口利いてんの?あんたは、こんなところで真っ裸になってヨガってるヘンタイセイドレイでしょ?わたしたちはあんたを飼っているご主人様、身分が違うの。もっと丁寧に哀願しなさいよ」
 お尻に一発来るか、と怯えて数秒待ちましたが、来ませんでした。

「ああんっ、はいぃ、ごめんなさい・・・え、絵理奈さま、みなさま、このままイッてもよろしいですかぁ?・・・」
 
 時が経つにつれパワーアップしている絵理奈さまのイジワル度。
 お言葉遣いもぞんざいになり、本気で私を軽蔑、嘲笑なさっているご様子に、憐れなマゾ性をゾクゾクッと滾らせつつ、自分を慰める両手は止めずに懇願する私。

「やっぱりヘンタイドスケベマゾ牝だけあって、教養無いわね。よろしいですか、って、何上から目線になっているの?お願いするんなら、よろしいでしょうか、でしょ?」

「あっ、あっ、はひぃ、ご、ごめんなさいぃ・・・絵理奈さまぁ、そしてみなさま、直子の、直子のグチョグチョ淫乱マゾマンコ、い、イカせて、あんっ、イカせていただいて、よ、よろしいでしょうかぁっ・・・」
 自分から口に出す品の無い淫語で益々荒ぶる昂ぶりは、そろそろ限界に達しようとしていました。

「よろしいわよ。さっさと自分の指でイッちゃいなさい、性欲過多のマゾ牝が、ペッ!」
 絵理奈さまの吐き捨てるようなお言葉。
 下腹部に何かが当たったような感触も微かにしましたから、実際に絵理奈さまからツバを吐きかけられたのかもしれません。

「あーーーっ、いいっ、いいっ、イキますぅ、いきますぅ、いいぃぃぃ---っ!!!」
 どっちにせよ、私はブリッジするみたいに下腹部を盛大に跳ね上げながら、悦び勇んで至福のオーガズムに達しました。

「早いわね、もうイッちゃった」
「始めてからまだ2分も経ってないよ。それに今日だけでイクの何度目?」
「下半身がブルブル震えているのに右手はまだマンコに貼り付いたままじゃん。休む気なんてサラサラ無いんだね」

 みなさまの呆れたお声が聞こえてきますが、弄りつづけることで絶頂の余韻はすぐにVの字に回復し、私はまた性懲りもなく高まり始めていました。

「さあ、一度イッたみたいだから残り時間は、みんなで好きに直子のからだをいたぶってあげて」
 お姉さまの幾分投げやり気味なお声が、私の背中のほうから聞こえました。

「この子、不特定多数からの陵辱願望も持っていて、衆人環視下のエロい人体実験みたいな妄想でもオナっているらしいから、みんなが普段、パートナーとは出来ないような、ハードな責めを試してみるといいわ」

「痛みも屈辱も、何でもオーガズムに昇華しちゃう子だから、面白いわよ。目隠しで誰が何をしたかもわからないしね」
「直じゃ汚いと思う人は、使い捨てのゴム手も用意してきたから」
 お姉さまのお声が消えた、と思ったら、口の中奥深くまで、生温かい何かを突っ込まれました。

「ぐえっ!」
 思わずえずいて、ヘンな声が出てしまいます。
 同時に口腔に侵入してきた異物が何なのか確かめようと、舌をフル回転して異物を舐め回します。
 指?・・・長い?・・・しなやか?・・・三本?・・・

 直感的にお姉さまの右手、と理解しました。
 香り、舌触り、味。
 今まで何度も味わってきましたから、間違えるはずありません。
 わかった瞬間、夢中でしゃぶり始めます。

 私のえずきが合図だったかのように、私のからだをいくつもの手が這い回り始めました。
 おっぱいとマゾマンコに取り憑いていた私の両手は乱暴に払い除けられ、代わりに無数とも思える手や指先が、無防備な全裸の私を陵辱し始めます。

 仰向けな私の右膝と左膝が同時に掴まれ、それぞれ左右に大きく押し広げられました。
 間を置かずに陰唇に複数の指がかかり、これまたそれぞれ左右に、内腿側へと思い切り引っ張られます。
「んぐぅぅ・・・」
 お姉さまの右手を頬張った喉の奥から、だらしない悲鳴がほとばしり出てしまいます。

「ほら、ママも松井ちゃんも、遠慮しないで」
 雅さまの弾んだお声が聞こえました。

 裂けちゃいそうなくらい左右に引っ張られて引き攣る粘膜に侵入してくる指。
 2本?3本?えっ!?5本?6本?
 おのおのが勝手に脈絡なく、モゾモゾと膣壁を引っ掻き回してきます。

 そのあいだ中、乳首もそれぞれ思い切り引っ張られ、ひねられ、潰され。
 クリトリスはずっと、粘土を捏ねるように指先でもてあそばれています。
 
 脇腹を撫でる指、下腹をさする掌、乳房の脂肪をつねる爪・・・
 視界を塞がれたまま素手だったりゴムの感触だったりな人肌に全身をゾワゾワもてあそばれる感覚は、得体の知れない爬虫類と昆虫が群がるプールに放り込まれたみたい。

「んぐぅ、ぬぐぅ、んんぅぅ、おごぅ、あごうぅ・・・」
 アルコールのせいもあるのでしょうけれど、どなたの愛撫も乱暴で荒々しい感じ。
 痛い、くすぐったい、気持ちいい、じれったい、の感覚が入り乱れ、私の全身で同時多発しています。
 粘膜とクリットに対する蹂躙はとくに執拗で、グングン高みに昇っていく私。

「ああぁーっ、いいですぅ、ありがとうございますぅ、もっと、もっとぉーっ!」
 不意に大きく嬌声が洩れてしまったのは、不意に口中の手が抜かれたからです。
 お姉さまの手で声が出せないのをいいことに、私は心の奥底から湧き上がる欲望を、正直に言葉にして喉を震わせていたのでした。

 自分のよだれまみれなはずのヌルヌルな手が、私の顔面を乱暴にまさぐってきます。
「はぅぅ、あっ、いいっ、いいーっ!」
 鼻の穴や耳の穴をグリグリ嬲られ、首を軽く締められます。
「んぬぐぅ・・・」

「すごい、乳首がこーんなに伸びーる」
「ほら、ラビアだってこーんなに」
「直子のマンコって外面は地味だけど、中のビラビラはだらしなくびろーんてよく伸びるよね」
「クリットも小指の先っちょ以上にパンパンに膨れさせちゃって、本当に気持ち良さそう」

 嘲笑混じりの黄色い歓声をあげて、私の恥ずかしい器官を容赦なくねぶり、なぶり、いたぶってくださるみなさま。

「あぅぅっ、え、絵理奈さま、み、みなさまぁ、イ、イッてもよろしいでしょうかあ、どうぞ、どうかイカせてくださいませーっ!」
 どんどん白くなってくる頭と心の桃源郷に一瞬でも早く埋没したくて、本能から湧き出たお願いが悲鳴に近い叫びになってしまいました。

「何、でっかい声でお下劣な願望口走ってるの?ほんと、サカリ切った牝犬マゾは仕方ないわね」
 絵理奈さまらしき冷ややかなお声が聞こえたと思ったら、肛門にズブリと何かが突き挿さりました。

「さっきと同じに、ただマンコとクリットでイクんじゃつまらないでしょう?ほら、こんなふうにグリグリしてあげるから、今度はケツの穴だけでイってみなさい」
 そのお声から一テンポ遅れて、私の他の部分をねぶっていた指や手が一斉に引きました。

 物理的な快感刺激を得られるのは唯一その部分、つまり肛門に挿し込まれた、おそらく絵理奈さまの、ゴム手袋を着けた2本の指だけ。
 仰向け立て膝で横たわっている私は、その唯一の刺激をより奥まで迎え入れるために、お尻をそちらに突き出すように浮かせました。
 
 上がった両膝を大きく開いたままそれぞれ両腕で抱え込むと、先ほどやらされたハッピーベイビーのポーズ。
 いえ、これは正しく、まんぐり返しと呼ぶべきでしょう。

 その姿勢で自ら腰を前後に動かし始めます。
 突き刺さった指が深く浅く腸壁を擦り、肛門筋の戸惑いがそのまま快感へと収束していきます。
 爆発寸前な昂ぶりには、その淫靡な抽送だけで充分過ぎます。

「うわ、直子、また自分で腰振りだしたよー」
「指が根本まで、ズッポリ入ってない?」
「動きに合わせてマンコのラビアまで、魚の口みたいにパクパクしてる」
「本当にお尻の穴だけでもイケちゃうんだ?信じられない」
 みなさまの引き気味なご感想も、被虐のよいスパイスです。

「んーーっ、いいぃですぅ、お尻気持ちいぃっ・・・アヌスいいっ、アナルいいっ、イキますぅ、イっちゃいますぅ、イッってもよろしいでしょうかぁぁぁ・・・」
「ほら、イッちゃいなっ!ケツの穴に指2本も突っ込まれてほじられながら、ドヘンタイらしくイクがいいわ、ほれ、大サービスでオマケも付けてあげるっ!」
 バチーンッ!
 穴に指を突っ込まれたまま、左の尻たぶを思いっきりひっぱたかれました。

「あうーっ、いいっ、いいっ、もっとっ、もっとぉーっ!」
バチン、バチン、バチン。
「いいっ、いいっ、イクぅ、イグぅ、ぃぐぅぅぅーっ!!!!」

 お尻をビンタされるたびに目の前で火花がスパーク、やがて意識がトンで真っ白に・・・
 あんまり良すぎて。激しい身悶えにからだがよじれ、気がつけばいつの間にか突っ伏して、四つん這い気味なうつ伏せとなっていました。

「直子ってば、今度は自分から四つん這いになっちゃったよ」
「もっとお尻を叩いて欲しくて仕方ないんじゃない?絵理奈ちゃんにひっぱたかれているとき、本当に気持ち良さそうだったもの」
「マゾの牝犬だからね。首輪もしてるし、やっぱりワンワンスタイルが落ち着くんだよ」

 みなさまの嘲り声に従うように、半端なうつ伏せ状態から両膝を立ててお尻を持ち上げ、高くグイッと突き出します。
 もちろん両膝は大きく開いてマゾマンコも肛門も、みなさまによーくご覧いただけるようにして。

「やだっ、お尻突き出しておねだりしてくる」
「まーだ満足していないんだ?まったく直子の性欲はサキュバス並に底無しだよね。本当に一晩中でもイキつづけるんじゃない?」

 アヌスの指も抜かれ、今はどなたも私のからだを触ってくださっていません。
 なのに性的欲求解消の渇望が全身を駆け巡り、もう居ても立ってもいられない状態。
 仕方ないので自分でまさぐろうと、右手をマゾマンコに伸ばしかけたときでした。

「ちょっとママさん、そこで何やってんですかあ?」
 すぐそばで訝しげな、聞き慣れないお声がしました。

「あらー、みつかっちゃった。ちょっとした余興なの。このかたたちのパーティの、お開き前のメインイベントをわたしもちょっと見学させてもらっているのよ」
 さーこママさまの、微塵も悪びれていない明るいお声。

「うちら、そろそろ帰ろうと思って、トイレ済ませて階段下りようとしたら、こっちがずいぶんと賑やかだからさあ」
「なんじゃろな、と思ってちょこっと覗いたら、四つん這いの裸のお尻が見えて、大勢で取り囲んでるからギョッとしちった」

 それぞれお声が違っているので、闖入者は女性おふたり?
 少し呂律が怪しくなっているので、すでにけっこう酔っ払われているみたいです。

「で、この人、何なんです?こんなところで、こんなけしからん格好して」
「わかった!王様ゲームの罰ゲーム!じゃなかったら集団セクハライジメ!」

 酔いのせいでしょうけれど妙にテンションのお高いおふたりは、お声はそうでもないけれど、はしゃぎっぷりがお若いっぽい?
 そんなことはともかく私は、まったく見知らぬ偶々お店に居られた女性おふたりにも、二穴全開の秘部を至近距離でさらけ出している状況になっていました。
 薄れかけていた羞恥が俄然息を吹き返し、マゾマンコを熱く潤ませます。

「そういうんじゃなくて、単刀直入に言うと、この子はマゾで露出狂なんですよ。この子は、こういうことをやらされるのが大好きなんです」
 雅さまのフレンドリーな営業トークっぽいお声が聞こえてきました。

「うわ、マゾって、痛いのや苦しいのが好きなドMってやつでしょ?最近の若い男に多いらしいわよ。近頃ヘンタイ増えたよねー」
「女の露出狂なんて本当にいるの?AVなんかの印象だと、ろくでもない男に無理矢理やらされているイメージだよねー」
 
 雅さまの身も蓋も無いご説明に、おふたりの元も子もないご感想。
 薄く苦笑いを浮かべられた雅さまが目に浮かびます。
 それでもめげないトーク上手な雅さま。

「それで、ワタシたちはみんな同じ会社の同僚なんですけれど、先月だったかな、この子が大きな仕事をモノにしたんです。社長賞クラスの」
「で、ご褒美に何でも好きなことやっていい、ってことになってこの子が、オフィス以外の、いつ誰が来るかわからない場所で晒し者になって辱められたい、って言い出して」
「で、さーこママさんに無理言って今日、ここを貸していただいいてのパーティなんです。だから、セクハライジメ、とかではぜんぜんないんです」

 ついさっきまで、お仕置き、だったはずなのに、雅さまのご説明では、ご褒美、になっちゃいました。
 まあ、マゾな私にとって、性的なお仕置きは、イコールご褒美でもあるのは事実ですが。

「あ、よく見るとこの人、犬の首輪みたいのしてるー」
「えー、信じられなーい。本当にこの人、イヤがってないのー?」
 面白がってまぜ返すような、どちらかのかたのお声にお応えされたのは絵理奈さま。
「本当よ。今、証拠を見せてあげるわ」
 おっしゃるなりいきなりバッチーンと、右の尻たぶに平手打ちをいただきました。

「ひぃーっ!」
「マゾ子は、これが欲しかったんでしょ?」
 まったく見ず知らずの方々に、私の本名を出すのは不味いと思われたのでしょう、マゾ子呼びしてくださる絵理奈さまのお心遣いにキュンとしちゃいます。

「はいぃ、ありがとうございますぅ、もっとぉ、もっとくださいぃぃ・・・」
 雰囲気を壊さないように、私もマゾ性全開で喘ぎます。
「まったくしょうがない牝犬ね・・・」

 バチンバチンとたてつづけに強烈な掌スパンキングをいただき、その甘美な痛みに闖入者さまの存在も忘れそう。
「あうっ!、あうっ!、あうーっ!!」

「うわー、みるみるお尻が真っ赤っ赤ー」
「お尻の穴がヒクヒクしちゃってるー」
「マンコがこれだけヌラヌラに濡れてるんだから、確かに悦んでるみたいだねー」
「下でたまに聞こえていた手拍手の音って、ひょっとしてこのSMの音だったんじゃない?」

 若干引き気味ながら、心底驚かれているようなおふたりのお声。
 私はと言えば、知らない女性たちに、おねだりスパンキングを目撃され、つい数分前の陵辱で爛れ切ったマゾマンコと肛門を凝視され・・・
 次から次へと蠱惑的な恥辱シチュエーションに見舞われて、もう私の小さな脳味噌では処理しきれません。

「それにしても見事にあられもない格好だこと。あ、ビデオ撮っている人までいるしー」
「オフィス以外、っていうことは、いつもはオフィスでこの人、こんなことされているんだ?ひょっとして全裸勤務?なんだか楽しそうな会社だねー」
「つまり、この真っ裸な彼女はヘンタイで、他の人たちが仕事のご褒美で遊んであげてる、ってわけなのね」
 
 おふたりとも雅さまのご説明と絵理奈さまの実演で、すっかりご納得されちゃったみたい。
 それにミサさまってば相変わらず、ずっとビデオで私の痴態を撮影されているんだ・・・

「もうお店も閉店間近だから、最後にこの子を盛大にイカせてあげましょう、っていうところで、あなたがたがいらっしゃったんですよ」
 お姉さまのお仕事のときっぽい、クールなお声が聞こえました。

「もう下にはあなたたちしかお客さんいないんでしょ?時間があるならあなたたちも見物させていただくといいわ。こんなの滅多に見れないし、すごく刺激的よ?」
 気さくにおふたりをお誘いになる、さーこママさま。

「えっ、いいの?どうせこの後はカラオケでも行こうかと思ってたから、時間はぜんぜん大丈夫」
「おっけー、うち、下行ってミユちんも呼んでくる!」

 お声の後にドタバタと駆け出す足音がつづきました。
 そう言えばさーこママさまが、階下には常連の下ネタも大好きなOLさん3人組しかいらっしゃらない、って、さっきおっしゃっていたっけ。

「よかったわね直子。直子の浅ましく恥ずかしい姿、視てくださるギャラリーさんが増えたわよ。どう見ても、あたしたちよりか五つ六つ歳上に見えるお姉さまがた」
 他のかたには聞こえないように、コショコショっと耳打ちしてくださった私のお姉さま。

「さ、もう本当に時間がないから、ちゃっちゃとマゾ子をヨガらせて、新たに見物されるゲストのみなさんにも愉しんで帰ってもらいましょう」
 お姉さまの呼びかけでパチパチと起こる拍手。
 どさくさに紛れて私の突き出したお尻を叩いているかたもいらっしゃいます。

「ママさん?ちょっと押しちゃったから9時40分お開きでいい?終わり次第、大急ぎで撤収するから」
「うん、だから時間は全然気にしなくっていいって。階下はもう閉店の札掛けちゃって、ケンちゃんがもう明日の仕込み、始めているはずだから」
 お姉さまのご相談に軽やかなお声でお答えくださる、大らかなさーこママさま。

「あと約10分弱っていうところだけど、あと2回はイカせたいわね。ゲストさんたちが揃ったらすぐ、始めましょう」
 お姉さまのお言葉にかぶせるように、雅さまの弾んだお声が聞こえてきました。

「折角四つん這いなんだからさ、今度はこれ、突っ込んでみる、っていうのはどうかな?」

 おおーっ、と、どよめくお声。
 面白そう、やろうやろう、という賛同のお声の他に、太すぎない?、マン汁が溜まっちゃいそう、などなど、不穏なお声も聞こえてきます。

「そっちより、こっちのシャルドネのほうがいいんじゃない?なで肩だから、より奥まで入りそうだし」
 冷静なお声は綾音さま。

「確かに。じゃあこっちはアヌス担当にしようか」
「わたしはこれでお尻をひっぱたくわ」
「四つん這いだと、おっぱい虐めが難しそう」
「洗濯バサミを引っ張れるように、糸を付けておきましょうか?」

 みなさまがガヤガヤ盛り上がっているところに、ワイワイドタバタと近づいてくるお声と足音。
「はーい、お待たせしましたー。オーディエンス、追加でーす」

「あっ!?」

 複数の足音が私のすぐそばまで来て止まり、それに合わせるようにガヤガヤワイワイもピタリと鎮まって、束の間、シーンとその場が静まり返りました。





2017年7月16日

三人のミストレス 11

 中腰になったところで、ほのかさまがツカツカと近づいてこられ、後ろ手錠を鍵で外してくださいました。

「あ、ありがとうございます」
 鍵入りロールパンは、雅さまがお持ちになったので、雅さまからほのかさまへと鍵が渡ったのでしょう。

 久しぶりに自由になった両手が、思わず股間にいってしまいます。
 長時間。食い込みロープに虐められたラビアが、まだジンジン熱を持って疼いていました。

「ううん。チーフに、外してやって、って頼まれたの。早くお洋服、脱いじゃったほうがいいわよ」
 ほのかさまに促され、まず中途半端に脱ぎかけのジーンズを、モゾモゾと足元までずり落としました。
 裾が引っかかるのでスニーカーも一緒に脱いで裸足に。

「ジーンズ、色が変わっちゃうほど濡れそぼってベトベトじゃない?これ、早めに水洗いして落としておかないと、乾いたらガビガビになっちゃうんじゃない?臭いも残りそうだし」
 ほのかさまにそんなおつもりは無いのでしょうが、やってしまった当人にとっては、自分の下半身の貪欲過ぎるだらしなさを揶揄されたような、恥ずかし過ぎるご指摘でした。

「わたしがおトイレの水道で、軽く水洗いしておいてあげる。ほら、そのチュニックも、ワサビの緑色が飛び散っちゃってる」
 私が脱ぎ捨てたジーンズを、乾いた部分を探して指先でつまみ上げながらおっしゃったほのかさま。
「あ、はい・・・」
 言われるままにお腹で丸まっていたチュニックも、足元までずり下げました。

「ボレロは、大丈夫そうね。それはハンガーに掛けて、あそこの壁に吊るしておくね。その下にお靴も一緒に置いておくから」
 キビキビとご指示されるほのかさまのおかげで私は、あっと言う間に赤い首輪ひとつだけの丸裸になっていました。

「ありがとうございます、ほのかさま・・・」
 私のジーンズとチュニックをひとまとめにして片手で持ち、おトイレへと向かわれる、あくまでもおやさしいほのかさまのお背中に深々とお辞儀をして、ふと気がつきました。
 今、あの上下を水洗いしてしまったら、このお店から帰るとき私、何を着ればいいのだろう・・・

「ほら、もたもたしてないで、テーブルに上がりなさい」
 途方に暮れていたところを、お姉さまにピシャリとお尻をはたかれました。
「あ、はいぃ」

 ワイングラス片手のお姉さまに手を引かれ、階段寄りのダイニングテーブルまで連れて行かれました。
 六人掛けくらいの長方形のテーブル三分の二くらいが、白っぽいタオルで覆われています。
 真っ白な部分と薄っすらピンクっぽい部分とがあるので、バスタオルを2枚使ったようです。

 テーブルの周りを半円形に囲むように椅子が並べられ、まさにステージと観客席の趣。
 ほのかさま以外のみなさまが、すでにテーブル周りにたむろしていらっしゃいました。

「はい、上がって上がって。時間があんまり無いんだから」
 お姉さまにペチペチお尻を叩かれ、テーブルの縁まできました。
 テーブルの高さは私の恥丘スレスレくらい。

「お店のお客様がお食事される、本来清らかであるべきテーブルなのだから、タオルの無いところに直子の淫らな生尻乗せて滑らすのはダメよ」
 つまり、タオルの敷かれたところに大きく脚を開いて乗れ、というお姉さまのご指示でしょう。
 右足と左手をタオルのあるテーブルの縁に乗せて、エイッとからだを引き上げている様子を、ミサさまにローアングルから撮影されました。

「はーい、お待たせー」
 私がタオルの上で立ち上がったとき、さーこママさまと松井さまが、幾分ドタバタ気味に階段を上ってこられました。
「あらー、ステージまで用意しちゃって、本格的ねー」
 私が全裸にされたことにも気づかれたようで、まじまじと私を見上げるさーこママさまと松井さま。

「ごめんなさいママさん。勝手にヘンタイ娘を大事なテーブルに上げちゃって。でも一応タオル敷きましたんで」
 雅さまがイタズラッ子のような笑顔で、さーこママさまに事後承諾を乞います。

「あらあら気い遣ってくれちゃって。タオルなんてしなくてよかったのに。うちはちゃんと朝夕毎日、テーブルも椅子もエタノール消毒している清潔第一の優良店なんだから」
 あくまでも大らかなさーこママさま。

「松井ちゃん、早くみなさんにデザートを配ってしまいましょう。じゃないとショーが始まらないわ」
 松井さまと連れ立ってお料理エレベーターに駆け寄り、銀盆にデザートグラスを並べ始めました。

 壇上の私は、みなさまの視線の高さ的に、しゃがんだらはしたないな、と思い、まだ後ろ手錠されているみたいにお尻のところで両手を組み、立ち尽くしていました。
 みなさまがニヤニヤ笑いで全裸の私を見上げる中、松井さまがみなさまにデザートをお配りし始めました。

「お酒の締めにスイーツって、無性に欲しくなるときあるよね」
「アルコールの後に糖分って、ちゃんと理に適っているらしいよ。分解のために肝臓が欲しがっているんだって」
「アタシ、ピスタチオジェラート、大好物なんだ」
 キャイキャイと歓声をあげられるみなさま。

「お言葉に甘えて、おトイレの奥の個室のほうに、干させていただきました。ご指示通りに使用不可のプレート掛けて」
 ほのかさまがおトイレから戻ってこられました。

「うん。下も今、常連さんの女性客しかいないから、干しっぱなしで何の問題も無いわよ。後でちゃんと回収しといてあげるから、週明けにお仕事のついでにでも取りに来ればいいわ」
 さーこママさまのご親切なお言葉で、私が今夜、このお店を出るときに着用出来るお洋服は無い、ということが確定しちゃったみたい。

「いただきまーす」
 デザートグラスが配られた順に、口々におっしゃっては舌鼓を打ち始めるみなさま。
 一口頬張った瞬間、どなたもシアワセそうな笑顔を浮かべられています。

「彼女の分は、どうする?」
 ひとつ余ったデザートグラスを手に、雅さまにお尋ねになるさーこママさま。

「はいはーい。アタシが食べさせてあげるー」
 ご自分のジェラートを早くも半分くらいまでお召し上がりになっていたリンコさまが、ジェラートスプーンを舐め舐めされながら元気良くお手をお挙げになりました。

「またー。そんなこと言って、直子のデザート横取りしようっていう魂胆なんじゃないの?」
 しほりさまが、まぜかえすようにおっしゃいました。

「ちがうもん。アタシとミサミサは、直子の裸なんか毎日オフィスでいろいろさせて、見飽きるくらい知り尽くしているからさ。それこそオマンコ周辺の色素の具合から、アヌスのシワの数まで」
 リンコさまがハイテンションで、私の恥ずかし過ぎる日常を暴露されます。

「えーっ?あたしだってそこまでまだ把握していないわよ?リンコたち、あたしがいないときもちゃんと仕事しているんでしょうね?」
 お姉さまのご冗談めかしたお叱り声。

「チーフがいなくても、アタシたちには早乙女部長様っていう、怖ーいお目付け役さんがいらっしゃいますからねー」
 同じようにご冗談めかしたお芝居声で返されるリンコさま。

「だから、普段ちゃんと視れないみんなに、ドヘンタイ露出狂でドマゾが本性なニンフォマニアック直子のド淫乱オナをじっくり視れもらおうと思って、裏方に回ることにしらのっ!」
 リンコさまってば、えっちな形容詞がスラスラ出てくる割には呂律が怪しくて、けっこう酔っ払われているみたい。
 さーこママさまがニコニコ笑いながら、リンコさまに私のであろうデザートグラスもお渡しになられました。

「なるほどね。それじゃあまず、美味しいデザートを堪能しつつ、直子のイッたばっかりのマゾマンコを、それこそアヌスのシワの数までじっくり観察してみましょうか」
 何が、なるほど、なのかわからない、お姉さまのイジワルなご提案。

「あっ、はいはーい。それならわたし、おあつらえ向きなポーズ、知っているわ」
 ご自分もちゃっかり、デザートグラスにスプーンを滑らせておられたさーこママさまが、ノリノリでお手をお挙げになりました。
 もちろん松井さまも、デザートに舌鼓を打ちながら私をじっと見上げています。

「わたし最近、近所のヨガ教室に通っているのね。それで、2回目だったかのレッスンで衝撃的なポーズにさせられたのよ」
 さーこママさまが私を見上げながらつづけます。

「ウェアを着ていても恥ずかし過ぎて、みんなで笑っちゃうようなポーズだったの。オールヌードでやったらヘンタイそのものよね、ってレッスン終わった後、みんなで言っていたくらい」
 私のほうへと近づいてこられた、さーこママさま。

「足先をこちらに向けて、仰向けに寝そべってくれる?」
 長方形のテーブルの、みなさまが客席にしているほうに両足を向けるようにご指示されました。

「あっ、はい・・・」
 テーブルの真ん中らへんにお尻をつき、お言いつけ通り仰向けになります。

「そしたらね、両脚を上に持ち上げてから、両膝をお腹のほうに引き寄せて」
 ご指示に従い両足を宙空に上げると、嫌な予感が急速に膨らみます。
 両膝をピタッと揃えたまま、仰向けでエア体育座りをしているような、写真で見たことのある胎児みたいな形に丸まる私。

 この体勢でもみなさまに性器のスジとアヌスが丸見えなので、けっこう恥ずかしい。
 みなさまのお顔が、その部分にグッと近づいてきていました。

「足の裏は天井に向けてね、そう。それで、両手を外側から伸ばしてその足の裏をそれぞれ掴んで、外側に開くの。膝がおのおの床に着くくらいグイッと」
 絶望的なご指示・・・
 開くまいと必死に閉じていた両腿の付け根を、自ら抉じ開けろ、ということです。

「んんっ!」
 羞恥と屈辱、合わせて恥辱にさいなまれつつ、足の裏を掴んだ両腕に力を込めます。
 閉ざされていた裂けめが割れていくのを感じながら、被虐の炎が潤んだ部分を熱してきます。
 最終的には、両腿が180度に開いた状態で、私のマゾマンコもお尻の穴も、ポッカリ口を空けてみなさまの目前に晒されました。

「うわーっ。これは凄いやっ!」
「ヨガにこんなポーズ、あるんだ。それにしても何の為?って感じのポーズ」
「でもほらヨガって、カーマスートラとか、えっち方面にも展開しているから」
「まさに生殖器と肛門が、御開帳、って感じだね」

 俗に言う、まんぐり返し、の途中のようなポーズを自らキープしている私に向けて、身を乗り出してその部分を覗き込みながらの、みなさまのご感想。

「ヨガ的にはアーナンダバラーサナっていう立派な名前が付いているんだけど、一般的には、ハッピーベイビー、のポーズって呼ばれているんだって」
 さーこママさまが私を見下ろしながら、解説してくださいます。

「生後半年くらいの赤ちゃんが、ごきげんなときによくこういうポーズをするところから、名付けられたそうよ。太もも痩せやヒップアップ、あとリラックス効果もあるって先生がおっしゃっていたわ。恥も外聞も捨てて自分を解放する、みたいな?」

「それにしても直子ちゃん、ポーズを取るまでの所作も完成後も、すごくキレイに決まっているわね。股関節が見事に開ききって、まるで講師の先生みたい」
 その股関節の部分をしげしげと見つめながらの、さーこママさまからのお褒めのお言葉。

「この子は、ちっちゃい頃からバレエやってましたからね。Y字バランスも180度開脚もラクショーなんですよ」
 ちょっぴりご自慢そうなお姉さまのご様子に、私もなんだか嬉しくなります。

「ここまであけっぴろげに見せられちゃうと、却ってこっちが恥ずかしくなってきちゃわない?共感性羞恥、とかいうんだっけ」
「ナオちゃんはツルツルのパイパンだからさ、尚更生々しいよね。まさに剥き出しとか赤裸々っていう表現がピッタリな感じ」
「さすがにさっきあれだけイッた後だから、クリちゃんは大人しくなって・・・って言ってるそばから膨らみ始めちゃってる・・・」
 
 ジェラートをスプーンで舐め舐めしつつ、私のマゾマンコ観察のご感想をあけすけに投げつけてくるみなさまのお言葉責めに、私のマゾ性も敏感過ぎる反応を示しちゃっています。

「考えてみれば他人のマンコなんて、強いて言えば恋人の以外、こんなふうにじっくり見る機会なんて無いのが普通よね」
「アタシちっちゃいとき、お医者さんでマンコ見られるより、お尻の穴を診られるほうが恥ずかしかったな」
「ああ、わかる。肛門なんてお医者さんか夜の営み以外には、見たり視られたりしないものだもんね、普通・・・」

「でも直子は、みんなが視ているこんなところで大股開きで、肛門のシワをヒクヒクさせちゃってるんだよねえ。あ、おツユが一筋、溢れ出た」
 ご愉快そうなみなさまの笑い声に、ますます被虐が募ってキュンキュン咽び泣いてしまう私のふたつの穴。

「ハッピーベイビーっていうくらいなんだからさ、そんなせつなそうな顔じゃなくて、もっとニコニコ笑うべきなんじゃない?」
 リンコさまがおっしゃりながら、私の顔のほうに近づいてこられました、

「ほら、おいしージェラート、食べさせてあげるから」
 銀色のスプーンで掬い取った、ちょっとだけ緑色がかったベージュ色のクリームを、私の口に近づけてきました。

 唇の裏側が冷たいと感じた途端、口腔に広がる芳醇な甘さとナッツ類特有の香ばしい風味。
 美味しいっ!
 火照ったからだに染み渡るようなひんやりした甘み。
 二匙、三匙とたてつづけに味わせていただき、恥ずかし過ぎる我が身を一瞬忘れて、うっとりシアワセ気分になりました。

「そうそう、やわらかくていい表情になった。まさにハッピーベイビーって感じよ。もっと舐めたい?」
 はい、とうなずいた私にニッと笑顔を返されたリンコさま、ジェラートの乗ったグラスはテーブルに置いて、スプーンだけを持って私の下半身のほうへと移動されました。

「ちょっと味変してみようか。特製シロップをトッピングして」
「はうっ!」
 開ききった陰唇に冷たい金属質のものが触れたと思ったら、ズブリと淫穴に挿し込まれました。

「ああん、そんなぁ」
 しばらくグリグリと粘膜が嬲られ、スポッと抜けました。

「たっぷり採れた、っと」
 まっすぐ持ったスプーンを揺らさないよう慎重な足取りで戻られたリンコさま。
 スプーンの中身を私のジェラートグラスに垂らしてから、あらためてその部分をジェラートごと掬い取りました。

「はい、あーん」
 ベージュ色のクリームの上に少し白濁気味のトロリとしたシロップが乗っていました。
 躊躇なく開けた私の口に挿し込まれるスプーン。
「んんーっ・・・」

「どう?自分から溢れ出たいやらしいマン汁をトッピングした、ピスタチオジェラート直子の愛液スペシャルのお味は?」
「あぁんっ、美味しいですぅ」

 本当でした。
 芳醇な甘さの中にほんのりしょっぱさと酸っぱさが加わり、冷たさと生温かさが醸し出す、なんとも言えない官能的なお味。

「へー、そうなんだ?」
 リンコさまがおっしゃるなり、同じスプーンで一掬いされ、ペロリとお口に入れられます。
「本当だ!甘さに適度な酸味の刺激が加わって、木の実の味が引き立つような気がする」

「へー、ワタシもやってみよう!」
 雅さまが口火を切られ、次々に金属スプーンが私のマゾマンコに捩じ込まれました。
「あっ、あんっ!、いやっ、ああんっ、だめぇっ、ひぃっ、もっとっ・・・」
 関係の無いクリトリスまでスプーンで虐めるかたもいて、私はハッピーベイビーのポーズをキープするのに必死。

「うん、確かに甘みに奥行きが出た感じ」
「悪くないわ。ひょっとしてさっきのワサビがいい隠し味になってるのかしら」
「直子のマン汁だけだと、さすがにちょっと生臭いんだけどね」
「今度アイスクリーム買ったら、自分のでも試してみようかな」

 みなさまが私の愛液を喜々として味わってくださっているのを見るのは、恥ずかしさ四割、嬉しさ六割で、マゾペット冥利に尽きる光景でした。

「おーけー。直子もいい感じで悶え始めたし、ここからオナニーショーに移りましょう」
 お姉さまは空になったデザートグラスを、再びワイングラスに持ち替えられていました。
「直子、もうヨガのポーズは解いていいわよ。オナニーしやすい姿勢になりなさい。普段しているみたいに」

 急にそうおっしゃられても・・・
 とりあえず両腕を下ろし、寝そべっていた上体を起こします。
 すると期せずしてM字開脚のポーズになっていました。

「オモチャは無しで、自分の指だけで、普段やっているみたいにしてイクのよ?」
 寝そべっているあいだに乱れた私の髪を、お姉さまがおやさしく直してくださいました。

「もうあと10数分しかないから、大急ぎで思う存分イッちゃいなさい。あ、声は塞いだほうがいいですよね?」
 お言葉の最後の部分は、さーこママさまに向けられていました。

「気にしなくていいわ、今、下には常連の下ネタも大好きなOLさん3人組とケンちゃんしかいないから」
 さーこママさまがデザートグラスを片付けながらお答えされます。
「それにわたし、直子ちゃんの声、気に入っちゃった。ずいぶん可愛らしく乱れるじゃない。もっといっぱい聞かせて欲しいわ」

「わかりました。じゃあ直子、始めていいわよ。まず自分の指だけで一回イッたら、その後はギャラリーの参加フリーということで」
 お姉さまが私の背後に回られ、私の右肩をポンと叩きました。

「はいっ」
 おずおずと右手を股間に伸ばし始めます。
 左手は左おっぱいへ。
 そのとき視界が真っ暗になりました。

「あっ!」
「気が散って集中出来ないと可哀想だから、目隠し。自分だけの世界で思う存分イキまくるといいわ」

 お姉さまが隠し持たれていたアイマスクか何かをされたようです。
 今は両手も自由ですから嫌なら外す事も出来るのですが、もちろん私がそんなことをするはずありません。

「あんまり感じ過ぎて、暴れてテーブルから落っこっちゃったりしないでね?」
 耳元にこそばゆい吐息と共に吹き込まれました。
 その艶っぽいお声にもはや辛抱たまらなくなり、右手の人差指と中指を勢い良くマゾマンコにズブリ。
「あふぅんっ!」

「それでは、弊社オフィスで飼育しているヘンタイマゾペット、森下直子の目隠しオナニーショーを、みなさまお時間までじっくりお愉しみくださーいっ!」
 お姉さまの愉しそうにお道化たお芝居声が、高らかにお部屋に響き渡りました。


三人のミストレス 12


2017年7月9日

三人のミストレス 10

 ここまで窓辺に近づくとロープの張りつめ具合も、半端なキツさではなくなっていました。
 
 窓のクレセント鍵に括り付けられたロープの端は、私のおへそくらいの高さですから、ロープ端と私の股間とのあいだにかなりの高低差が出来ているためです。
 ここまで来るとバレエのポワントの要領で爪先立ちしたとしても、股への食い込みを回避することは一切出来ませんでした。

 淫唇を引き裂いちゃいそうな勢いでめり込んでくる角度のついた麻縄が常に、腫れ上がった肉芽を圧迫している状態。
 歩を進めるたびに、情け容赦なく乱暴にマゾマンコ全体を擦り上げられていました。

「あんなに窓に近づいちゃったら、見事に外からも丸見えね、直子ちゃんのハダカ」
 背後からさーこママさまのお声がしました。
「あ、やっぱお店的にマズかったですか?カーテン引きましょうか?」
 ちょっと焦ったような雅さまのお声がつづきました。

「いいわよそのままで。だって直子ちゃんは、たくさんの人に視てもらいたい人なのでしょう?自分の恥ずかしい姿を」
「そういうタイプの子は、誰かに視られちゃうかもしれない、っていう状況なほど感じちゃう、って聞いたわよ」
 あっけらかんと朗らかなさーこママさまのお声。

「このへんは、お店少ない住宅街の入口だから夜はそんなに人通りは無いけれど、家路を急ぐ人がふと、灯りの点いた窓を見上げちゃう、なんてことはあるかもね」
「すぐ前の通りの信号待ちの人とか、向こうの公園の喫煙所でタバコ吸っている人とか、気づいた人はラッキーよね。まさにラッキースケベ」

「もし視た人が何か言ってきたら、うちの店、たまにインテリアでマネキン人形飾っているから、マネキンの着替え作業でも見間違えたのではないですか?って誤魔化しとくわ」
 背後におられるのでご表情は拝見出来ませんが、さーこママさまの人懐っこい笑顔が想像出来る大らかな口調でした。

 ここからゴールのロールパンまでのあいだに、ロープのコブは五つ。
 そのうち三つがライトグリーンのお帽子をかぶっています。

 カーテンレールに吊るされたロールパンに口が届きそうな窓辺寸前のコブは、ご丁寧に二重結びでもしたのか、今までよりとくに大きく出っ張っていて、更に今まで以上にたっぷりとワサビが盛り付けてありました。
 その大きなコブのすぐ手前にも、ワサビのお帽子をかぶった普通の大きさのコブ。
 
 大きなコブと普通のコブとの間隔は、まるで私の膣口とお尻の穴の距離を測ったみたい。
 あそこまで行ったら大小のコブが、過去最大の張力で私の恥ずかしいふたつの穴にめり込んでくることでしょう。

「あのパンにかぶりつくことがお仕置きのゴールなんでしょ?でもさ、彼女、ベロ出しっ放し状態だから、かぶりつけなくない?」
 さーこママさまが、さっきから私も気になっていた疑問を、率直に問題提起してくださいました。

「そう言われてみれば、それもそうね」
 雅さまが、今気づいたみたいに、目から鱗的なお声を出されました。

「だけど舌を自由にしちゃうと、あんなに大きなコブだし、直子がお店中に響き渡るようないやらし大声をあげちゃいそうで、ちょっと怖いわね」
 お姉さまが、お言葉の内容とは裏腹の面白がっているようなお声でおっしゃいます。

「あら、それは気にされる必要ないんじゃないですか?さっき、社長さんもおっしゃったじゃないですか、あられもない声あげて見物人が増えても自己責任だ、って」
 絵里奈さまが、嘲るような冷たいお声で、私の顔を覗き込みながら吐き捨てました。
 もちろん、お尻への鞭もセットで。

「それもそうね。じゃあ仕方ない、取ってあげよっか・・・」
 お姉さまがソファーから腰を浮かせかけたのを、手のひらを向けて制されたのは、ほのかさま。
「チーフはそのまま座っていてください。わたしが代わって取って差し上げます」

 雅さまの傍らを離れたほのかさまが、スタスタと私の目前にいらっしゃいました。
「あともう少しだから、がんばってね、直子」
 ニコッと微笑まれ、白い指を伸ばして私の舌の洗濯バサミを外してくださいました。
 舌全体に血流が戻るジンジンする疼痛。

「・・・ありあろうほらいやすぅ・・・」
 やっと口中に戻った痺れる舌をうまく使えず、覚束ない呂律でお礼を言う私。
 そんな私の口許に濡れおしぼりを押し付け、顎まで溢れ出たよだれを拭ってくださる、おやさしいほのかさま。

 おしぼりが私の口許から離れると、しばし無言で見つめ合うふたり。
「ありがとう・・・」
 やっと正常に戻った舌で、もう一度きちんとお礼を言おうとしたとき、ほのかさまの瞳に妖しい光が揺れているのに気づきました。

「うふふ」
 私を見つめながら小さく妖艶に微笑んだほのかさまが、左手を私の右おっぱいに伸ばしてきます。
 そのまま下乳の皮膚をつねるみたいにつまみ上げると、今度は右手が。
 ほのかさまの右手の指先には、さっきまで私の舌に噛み付いていた洗濯バサミ。

「あうっ!」
 右おっぱいの下乳に洗濯バサミがぶら下がり、つづけて左おっぱいにも。
「あつぅ!」
 皮膚を浅めに噛み付かれたらしく、針で刺されたような鋭い痛みがしつこく消えません。

「直子のえっちなバストに洗濯バサミ、初めて挟んじゃった」
 小走りに雅さまの傍らに戻られ、嬉しそうにご報告されるほのかさま。

「やりたくなる気持ち、わかるよ。ナオちゃんほどおっぱいに洗濯バサミが似合う女の子って、いないもんね」
 よくやった、とでもいうふうに頭を撫ぜながら、最愛のパートナーを甘やかされる雅さま。

「さあ、これでパンにもかぶりつけるようになったし、さっさとクライマックスを見せてもらいましょうか」
 お姉さまがお仕事のときみたく鶴の一声でその場を引き締め、アイコンタクトで絵理奈さまを促します。

「ほら、さっさとあの最後のコブを、あなたの淫乱マゾマンコで咥え込みなさい」
 絵理奈さまのお言葉に、みなさまの視線が私の股間と窓辺の最後の大きなコブとのあいだを、あらためて行ったり来たりし始めます。
 パシッ、とお尻に鞭をいただき、ヒーッ、と大きく息を飲み込む声が出ちゃう私。

 そうでした。
 もう自由自在に声が出せちゃうんだった。
 絶対がまんしなくちゃ、と唇を真一文字に結び直しました。

 一歩踏み出すと、再開後最初のコブ。
 このコブにはワサビは乗っていません。

「んっ!」
 それでも陰裂を通過するとき、膣口を抉じ開けるようにコブが蹂躙してきて、思わず淫ら声が出てしまいます。

 次はワサビ付き。
 まずクリトリスにベッタリ貼り付き、それから潤んだ粘膜になすり付けられます。

「んあぁっ」
 ピリピリな刺激を感じ取る時間も短かくなっていて、すぐにマゾマンコ全体がジンワリ熱くなってきました。
 更にここでは、腰振りダンスを10回しなくてはなりません。

「んっ、んぁ、んーっ、あ、あっ、あっ、はぁっーっ・・・」
 どんなに一所懸命口をつむごうと思っても、だらしなく半開きになってしまう唇。
 喉の奥から淫らな嬌声がほとばしり出てしまいます。
 だって、そのくらい気持ちいいんです。

 粘膜が柔らかいのをいいことに、ねぶるように暴れまわるコブのゴツゴツ。
 肉芽、膣口、肛門まで、ワサビまみれの愛液を行き渡らせながら陵辱してくる麻縄の凹凸。
 またもや頭の中が真っ白になりかけたとき、無情な鞭でストップをかけられました。

「あなた今、本気でイこうとしていたでしょ?」
 バラ鞭でお尻を乱打しながらの、絵理奈さまの蔑んだお声。

「あぁんっ、ごめんなさいぃ・・・」
 口では謝りつつも、腰振りダンスを止められておあずけを食らい、刺激に飢えているマゾマンコですから、お尻に感じる痛い鞭の打擲さえ、気持ち良くてたまりません。
 もっと、もっととおねだり出来ない分、浅ましくお尻を突き出してしまいます。

「ほら、もうあと三歩くらいでパンに口が届くんだからさ。パンを咥えたら、好きなだけ腰振って、イッていいから」
 呆れ果てたような絵理奈さまの嘲り声。
「は、はいぃ」
 私も早くイキたい一心で、左足を大きく踏み出しました。

「あうぅっ」
 コブが無いロープ部分でも、皮膚を引き絞る勢いで両脚の付け根に食い込んできます。
 私のおへその高さから、私のからだ全体を股間で持ち上げようとするみたいに、ピンと張りつめた麻縄。
 すぐ目前にワサビをたっぷり乗せた大小のコブ。
 そこから視線を上げると、間近に迫る大きなガラス窓。

 ガラスには等身大の自分がハッキリ映っていました。
 赤い首輪、洗濯バサミを左右ともにふたつぶら下げたおっぱい、股の割れ始めにクッキリと深い溝が出来るほどマゾマンコに食い込んだロープ。
 そんなみじめでヘンタイな自分の姿は半透明。
 その向こう側に、お外の様子もしっかり見えていました。

 お店前の道路をヘッドライトを灯した自動車がまばらに、右へ左へ走り過ぎていきます。
 視界左側に見える横断歩道の信号は赤で、通りの向こうで三人ほど信号が変わるのを待っています。
 こちら側の舗道にもちらほらと歩行者。
 近くに見える大小いくつかのビルにも、あちこちの窓に光が灯っています。

 今、私のこの浅ましい姿、お外から丸見えなんだ・・・
 そんな今更な現実を、あらためて思い知ります。
 あの信号待ちの人がふとこの窓を見上げたら、向かいのビルの窓が開いて何気なくこちらを見たら・・・
 たったそれだけのことで、自分のヘンタイ性癖がいともたやすく見知らぬ人に知られてしまうのです。

 狼狽と恥辱と被虐と愉悦が入り混じった得体の知れない衝動が、心の奥底から湧き上がっていました。
 お願いだから誰も見ないで・・・ううん、もっと見て、たくさん見て・・・

 今すぐここから逃げ出したいのに、一方では、窓をドンドン叩いてお外の人たちの注目を惹いてみたいような、アンビバレントな衝動。
 結果的にそれは、どうにでもなれ、という刹那的な感情へと収束し、つづけざまに二歩大きく踏み出す、という行動となって顕れました。

「んあーーっ!いぃぃぃーっ!!」
 ワサビまみれの大きなコブは、跨いだ途端に膣口にズッポリ嵌り込み、どんなに腰を振っても抜けなくなりました。
 強烈なワサビのビリビリ刺激が、粘膜から腰全体へ灼けつくように広がります。
 肛門にもワサビがべっとり張り付いているのが、ヒリヒリ加減でわかります。

「あふぅ、あうふぅーっ、んーっ、ぅふぅーっ・・・」
 声を出すまいと歯を食いしばるほど、代わって淫らな鼻息が洩れ出てしまいます。
 そのあいだ中も、意志とは関係無く腰が前後に激しく動きつづけ、みるみるグングン高まっていきます。

「ほら、いつまでもヨガっていないで、パンを咥えなさい。咥えないうちはイッたら駄目って言ったでしょ?」
 絵理奈さまの鞭に、あぅっ と喘いで、目の前に夜景が広がりました。
 あまりの気持ち良さに、いつのまにかギュッと目を瞑ってしまっていたようです。
 目前すぐそこ、ちょうど目の高さのところにロールパンがぶら下がっていました。

「咥えたらパンごと引っ張って糸を引きちぎりなさい。糸が切れたらお仕置き終了。好きなだけイッていいわよ」
 絵理奈さまのお言葉が全部終わらないうちに、顎を思い切り上に突き出して、ロールパンにむしゃぶりついていました。
 
 歯応えを感じると同時に、イヤイヤをするように思い切り顔を左右に振ります。
 つられて洗濯バサミごと、おっぱいもブルンブルン。

 残念。
 パンの切れ端だけが食いちぎれ、糸は繋がったまま。
 モグモグ、ゴクン。
 パンの切れ端を飲み込んで再チャレンジ。

 大きく口を開けてパンの真ん中くらいにかぶりつくと、パン生地の中で歯に何か硬いものが当たる感触。
 そこを噛み締めたままもう一度首を振ると、いとも簡単にプツンと糸が切れました。
 もちろん、そのあいだも腰は絶えず前後に振りっ放し。

「おおおっ!」
 と、ざわめくみなさま。
 いつの間にか雅さまやリンコさまたちが、私の至近距離、窓辺までやってきていました。

「あー、あそこに見えてるのが、部室の前にある公園の木陰なのね」
「週末だからか、それなりに人通りもあるじゃない」
「今までで何人、気がついたかな?」
 窓からお外も見つつ、無責任に盛り上がるギャラリーのみなさま。

「無事ミッションクリアだから、直子はイッていいんだよね?」
「外の人たちに、これからこの子、オマンコにロープ擦り付けながらイキますよー、って教えてあげたいわね」
「ジーンズに溜まった愛液が、ほんのりワサビ色に染まっちゃってる。あれだけの量だもの、無理ないかー」
「本当。白濁液に黄緑色が混ざって、一見クリームソーダみたい」

「それにしても、これだけからかわれてもずっと腰は振りっ放しなんだ。ほんとドスケベヘンタイマゾ女子なんだね、ナオちゃんは」

 雅さまのおっしゃる通りでした。
 みなさまが周りに集まってきても、目前のお外の様子が目に入っても、私の腰はまるで別の生き物みたいに、激しく前後に動きつづけていました。
 マゾマンコに潜り込んだ大コブがくださる陵辱が、気持ち良すぎて止められないのです。

 昂ぶりはそろそろ頂点を迎えようとしていました。
 もうすぐ・・・もうすぐ・・・ああ、もうだめ・・・

「んっんんんーんんんっ?」
 ロールパンを咥えたままの不自由な口で、イントネーションだけでお許しを乞いました。

「ヘンタイちゃんが何か言ってるよ」
 雅さまの可笑しそうなお声。
「何言ってるかわからないよ。もう一度言ってみ」
 リンコさまが笑いながらお尻をピシャっと叩きます。

「んっんん、んーんんんっ?!」
「えー?語尾が上がってるから、何か聞いているんだよね?んっんん、んーんんんっ?」
「妙に切羽詰まって、いやらしい声」
「そんなふうに目で訴えたって、わからないものはわからないよ」

 みなさま、わかっていてイジワルされているのか。本当にわかっていただけないのか・・・
 だけど、こんなときに頼りになるのが、おやさしいほのかさま。

「わたし、わかりました。イッてもいいですか?って、わざわざ懇願しているんですよ。イントネーションが同じですもの」
「あー、なるほどね。たまほの、よくわかったねー」
 リンコさまの白々しいお声。

「さすがチーフのマゾペットだね、躾がよく行き届いていること。どんなときでも勝手にイッたりせずにちゃんとお許しを乞うなんて、まさしくマゾの鑑だね」
 茶化すような雅さまのお道化声。

「どうします?お姉さま。お姉さまのマゾドレイがイッてもいいですか?って生意気言ってますけど」
 絶好調な雅さまがお姉さまにお声をかけ、わざとらしいお芝居がつづきます。

「あら、今回のお仕置きの仕切りは、この場のご主人様にすべてお任せしていましてよ。絵理奈さまにお聞きなさい、と伝えておいてちょうだい」
 わざわざ窓辺にはいらっしゃらず、私の後方のソファーで優雅に寛がれているはずのお姉さまも、ノリ良くお芝居声で返されました。

「だってさ。ナオちゃんの愛するお姉さまは、ああおっしゃってるよ」
 雅さまが私に聞いてきます。
「んんんんんーっ、んっんんんーんんんっ?」
 私は絵理奈さまのほうを向き、腰を振りつつ懇願します。
「あーっ、もうまどろっこしい!」
 雅さまが私の鼻をつまみ、私が口が開くと同時にロールパンを引っこ抜きました。

「絵理奈さまぁ、イッてもいいですかぁぁっ」
 口が自由になると同時に、泣き出しそうなおねだり声が絞り出ていました。
「仕方ないわね、約束は約束だから、思う存分イクがいいわ」
 忌々しそうなお声と共に、鞭を振り上げる絵理奈さま。

「あーーーっ!!!」
 パシッとお尻に鞭が振り下ろされるのと同時でした。
 高まりきった快感が頭の中で爆発して火花を散らす感じ。
 それが最初のオーガズム。

 それでも動きの止まらない腰。
 たてつづけに振り下ろされる鞭。
「んーーーっ、いいいーーーーーっ!!!」

「あっ、イッたね」
「イッたよ、両脚がヒクヒク震えてる」
「あ、またビクンて」
「あ、またイクんじゃない?」

 みなさまの驚きと呆れが入り混じったお声の中。
 快楽の渦に飲み込まれて溺れ、高まっては堕ち、またすぐに高まっては堕ち、快感に翻弄されつづける私。

「んーっ、んーーっ、いぃぃ、いぃっ、いいぃぃーっ!!!」

 目の前にぼんやり広がる夜景の中で動き回る人たち。
 そのすべての人たちが、軽蔑しきったお顔でこちらを見上げているように見えました。
 すべての理性が弾け飛んでしまったかのような開放感と高揚感の中、下半身のあちこちで快感スパークが炸裂し、何度も何度もイキつづけました。

 気がつくと窓辺の床に、内股でへたり込んでいました。
 さっきから耳についているハアハアという荒い息遣いは、自分の口から出ているものでした。
 まだぼんやりとしている頭で、目前の窓辺を見ました。

 さっきまで私を翻弄しつづけていたロープは、窓辺から解かれたようで見当たりませんでした。
 カーテンもいつの間にか全部、閉じられていました。

 お尻に直に触れているジーンズがひんやりして気持ちいい、と思いながら顔を上げると、みなさまが私を取り囲むように見下ろしていました。

「あ、気がついたみたい」
「凄かったね。何回イッた?」
「声を一所懸命我慢していたのは、偉かったんじゃない」
「途中、明らかにこの窓を見上げている人影みつけたから、そっとカーテン閉めちゃったわよ」
 頭上から一斉にお声が降ってきました。

「いやあ、面白かった。直子って底無しのど淫乱だよね。何度も固唾呑んだから、おかげで喉が乾いて乾いて、お酒が進んじゃった」
「凄く気持ち良さそうにイッてたよね。またそのイキ顔がエロいんだ。ずっと視ていたい感じ」
「絵理奈っちもずいぶん貢献していたよね?イキそうなとき、鞭で洗濯バサミ払い落としたりして」

 そのお言葉にふと自分のバストを見ると、おっぱいを飾っていた4つの洗濯バサミは全部消え、代わりにまだらな赤い打擲痕。
 最後にほのかさまが挟んだ左下乳の噛まれ痕は、やっぱり内出血したようで、薄く紫色になっていました。
 ラビアの洗濯バサミも、激しい腰振りダンスでのロープとの摩擦と、溢れ出た愛液の潤みに耐えきれなかったようで、床に転がっていました。

「あのう、みなさん?とても盛り上がっているところ大変申し訳ないのですが、そろそろデザートをお持ちして、よろしいでしょうか?」
 とても言い辛そうなお顔で、おずおずとご提案されたメイド姿の松井さま。

「あら、もうそんな時間?」
 さーこママさまとお姉さまが同時に、同じお言葉をおっしゃいました。

「ママさん、ここって何時までだっけ?」
「普段はラストオーダー10時で、後は成り行きなのだけれど・・・」
 お姉さまのお尋ねに歯切れの悪いお返事の、さーこママさま。

「生憎、明日の昼、夜と貸し切りの大人数パーティが入っていて、今夜中にある程度仕込んでおかないと明日バタバタになりそうなのよ」
「だから、今日は10時くらいに締めて、いろいろやっておこうと思っていたから、ミャビちゃんたちのご予約も、9時半までってことにしちゃったの」

「こんなに愉しいショーが見れるなら、11時でも12時でも何時まででも騒いでいって、って言いたいところなのだけれど、明日があるのよねえ・・・」
 本当に申し訳無さそうな、さーこママさまのお顔。

「ううん。こんなに自由にさせてくれるお店って、そうそう無いから、あたしたちだってワガママ言えないわ。お店の営業第一だもの」
「今、9時ちょっと過ぎでしょ、さっさと切り替えて、デザートいただきながら直子のオナニーショーを時間まで愉しみましょう」
 お姉さまのお言葉に、お口をポカンと開けたビックリ顔になられた、さーこママさま。

「えっ、今あんなにイキまくったのに、まだそういうことするの?この子」
 私の顔をまじまじと見つめてくるさーこママさま。
 
「あたし、予定していたことは、極力実行したいタイプなんです。まだ30分もあるし、ちゃんと時間通りに終わらせますから、安心してください」
 さーこママさまに向けてお姉さまが、お仕事のときみたいな自信満々のお顔でおっしゃいました。

「それに、こうなってからの直子が凄いんだ。イキグセがついちゃうっていうか、ノンストップで何してもイキまくるの。みんなも視たいでしょ?そういう直子」
 お姉さまのお言葉に、うんうんと勢い良くうなずかれるみなさま。

「そういうことなら、わたしも下をさっさと片付けちゃって、また見物させてもらおうっと。さあ松井ちゃん、みなさんのデザートの準備、超特急でしちゃいましょう」
 松井さまと連れ立って階下へ下りられようと階段方向に向かいかけた、さーこママさま。
 ふと立ち止まって振り向かれました。

「今夜のデザートはイタリア仕込みの特製ピスタチオジェラートなの。ゆっくり味わって欲しいから、特別に10時まで延長してあげる」
 パチンとウインクされたさーこママさまに、ワーッと歓声をあげるみなさま。

「ママさんもああ言ってくださったから、ご迷惑をおかけしないよう、すぐお開きに出来る準備もしつつ、愉しみましょう」
 お姉さまの号令で、空いたグラスなどをテキパキと片付け始めるみなさま。

「直子のステージは・・・ここがいいわね」
 お料理が並んでいたダイニングテーブルのうち階段側のテーブルは、すでに綺麗に片付けられて何も乗っていませんでした。
「汚しちゃ悪いからここにタオルを敷いて、その上に直子」
 バッグから白いバスタオルを引っ張り出し、手早くテーブルに敷き始めるお姉さま。

「ほら、直子も早く立ち上がって、着ているもの全部脱ぎなさい。首輪以外全部」
 お姉さまの有無を言わせないご命令口調に、あわてて立ち上がろうと腰を浮かせます。

 お尻の下になっていたジーンズ地から剥き出しのお尻が離れたとき、ジーンズ全体がまるでお漏らしでもしちゃったみたいに、グショグショに湿っていることに、あらためて気がつきました。


三人のミストレス 11


2017年7月2日

三人のミストレス 09

「二代目のアユミちゃんは、ずいぶんと見せたがり度がパワーアップしちゃったみたいね」
 人懐っこい笑顔を浮かべたさーこママさまが階段を上がり終え、ゆっくりと私たちのほうに近づいてこられます。

「それに、ずいぶんとマニアックなお仕置き?をさせられているじゃない」
 さーこママさまのお姿を見て、あわててテーブル上の空いたグラスやお皿のお片付けを始められる松井さま。

「ああ、ママさん。ひょっとして階下から、うるさい、って苦情出ちゃった?」
 雅さまが指で洗濯バサミのお口をパクパクさせながら、おもねるような笑顔でさーこママさまにお尋ねになりました。

「ううん。階下にはここの物音、そんなに聞こえてこないわよ。客足が一段落したから、みなさんの様子を見に来ただけ」
 さーこママさまが縄の食い込んだ私の股間にジーっと視線を張り付けつつ、ざっくばらんな口調で雅さまにお答えされました。

「金曜日はデートとか、カップルのお客さんが多いから、みんな自分たちだけの世界で盛り上がっていらっしゃるのよ」
 雅さまが差し出されたグラスを受け取り、白ワインをクイッと一口飲まれました。

「そうそう、さっきパチンパチンて手拍子みたいな音が聞こえたとき、カウンターに座ったOL三人組の常連さんが、なんだか今日二階、賑やかですね、なんて聞いてきたけれど」
「上は貸し切りで、何かおめでたいパーティみたいよ、って答えておいたわ・・・それの音だったのね」
 絵理奈さまが持たれているバラ鞭を指さされる、さーこママさま。

「うふふ。まさか彼女たちも、自分たちが飲んでいる同じ店の二階で、女の子が裸同然の格好になって、プッシーにロープを食い込ませて鞭打たれているなんて、思ってもみないでしょうね」
 さーこママさまのご愉快そうなお声に、みなさまの警戒心も一気に緩んだようで、場の雰囲気もリラックスした雑談ムードに戻りました。

「それにしてもあなた、大胆ね。よく、いつ誰が来るかもしれないこんなところで、そんなあられもない格好になれるわね?」
 さーこママさまのお問い掛けにお答えしようと思っても、舌に木製洗濯バサミをふたつ挟まれているので、ちゃんと言葉を発することが出来ません。

 もっとも口が利けたとしても、何てお答えすればいいのかわかりませんが。
 ちなみに今、私のからだに残っている洗濯バサミは、舌のふたつの他に、左右の乳首にひとつづつ、それとラビア左右にふたつづつの合計8個です。

「アユミちゃんのときは、せいぜい脱いでも下着姿までだったわよね?ここでファッションショー始めちゃって、知らないお客さんの前でも構わず生着替えしちゃって。もう2年前くらい?」
 さーこママさまがどなたに問うでもないご様子で、お話を振りました。

「あのときも二階だったけれど、貸し切りではなかったのよね。確かアユミのイメビ撮影にスタイリングやら雑用でみんなで付き添った帰りだったわ。確か季節もちょうど今くらいじゃなかったかしら」
 綾音さまが思い出されるように宙空に視線を漂わせ、おっしゃいました。

「そうそう。テンション上がっちゃったアユミが周り女性客ばかりなのをいいことに、撮影に使ったドレスとかランジェリーとか引っ張り出しちゃって」
 お姉さまもお懐かしそうに相槌を打たれます。

「あれ、ファッションショーって言うより、ほとんどストリップショーでしたよね。別のお客さんたちもノリ良くて、ちょっかい出しながらキャーキャー盛り上がってましたっけ」
 あ、里美さまもアユミさまのことをご存知で、その場に参加されているんだ。

「あのときは、ママもかなり酔っ払って絶好調だったから忘れちゃってるみたいだけど、アユミ、しっかり下着、脱いでたよ」
 雅さまが可笑しそうに異議を唱えました。

「下着姿のアユミをみんなで寄って集って弄ってその気にさせちゃった後、もっともっと、っておねだりするアユミに、それならお店のお手伝いしなさい、って命令したら」
 雅さまが私の顔を見つめつつ、つづけます。

「アユミったらサッと立ち上がって、傍らにあった銀盆持って、空いたお料理のお皿とか片付け始めたじゃん。ブラのホックが外れてて床に落ちたのも気にしないで、トップレスなのに、いかにも、出来るウェイトレス、気取りで」

「唯一穿いていた下着だって、ギリギリはみ出ちゃいそうな紐Tバックだったし」
「それで、そのまま銀盆持って階段を下りようとしたから、みんなであわてて止めたじゃん」
 雅さまのご説明に、大きくうなずかれたさーこママさま。

「ああ、思い出したっ。それでその後、二階のお客さんにだけ、その格好のままサーヴしてもらったんだっけ」
 雅さまからおかわりのワインを注いでもらいながら、懐かしむようなさーこママさまのお顔。

「シュールな光景だったわよね。着飾ったお客さんたちがテーブルを囲む中、ほとんど裸で歩き回るウェイトレスのアユミちゃん」
「なんだか外国映画のいかがわしいカジノの一場面みたい、って思ったのを思い出した。綺麗だったわよねぇ、アユミちゃんのおっぱい」
 おっしゃってから私の上半身に目線を移す、さーこママさま。

「あ、あなたのおっぱいも、もちろん、とっても魅力的よ」
 少しあわてたようにお言葉を繋げられたさーこママさまが、ジーっと私のバストを凝視してきます。
 そのはしたなく尖った頂点に、ふたつの木製洗濯バサミが噛み付いている、私の剥き出しおっぱい。

「直子ちゃん?でしたっけ。あなたはアユミちゃんとはまた別のタイプの、見せたがりやさんのようね?」
 ずり下げられたジーンズ、お腹に絡まるチュニック、はだけたボレロと視線が動き、再び洗濯バサミをぶら下げたおっぱいへと戻りました。

「アユミちゃんみたいに、私のセクシーなからだ視て、的な、開放的なお色気タイプじゃなくて、何て言うか、ねっとりしたえっちな羞じらいが素肌から滲み出ている感じ」
「それに、バストならともかく、プッシーまでこんなところで丸出しに出来ちゃう、ある意味の度胸は、たいしたものだわ」

「この子は、筋金入りのマゾヒストですからね。辱められれば辱められるほど快感が膨らんじゃう、どうしようもないヘンタイ社員なんです」
 お姉さまが冷たく言い放ち、ウンウンとうなずかれるみなさま。

「なるほどね、その首輪や洗濯バサミ見れば、虐められポジションなのは一目瞭然よね。さっきのオフィスでの裸マネキンごっこも、どうせこの人たちが面白がってやらされていたのでしょ?」

「違うよママ。全裸とかキワドイ格好とかは、ヘンタイナオちゃんだけに許されたオフィスでの制服なの。つまり、ママさんが視たナオちゃんの姿が、普段の我が社でのマゾっ娘ナオちゃんの普通の姿なんだよ」
 雅さまのわかったようなわからないようなご説明に、あははと大笑いされる酔っ払いのみなさま。

「あなたがアユミさん二代目って聞いて、でもなんとなくモデルさんぽくはないな、と思ったのよ。どちらかと言えば同じような背格好の・・・」
 おっしゃりながら私の横に立たれている絵理奈さまに視線を移動されたさーこママさま。
「こちらのゲストさんのほうが、モデルさんぽいオーラをお持ちよね」

「さすがママさん!人を見る目も確かだよね。こちらは絵理奈さんといって、まさにプロのファッションモデルなんですよ、うちともお仕事している」
 雅さまが営業のお仕事のときのようなお芝居口調で、さーこママさまを持ち上げられます。

「絵理奈さんとうちの直子のあいだで先月、とある一悶着がありまして、それで今日、絵理奈さんに思う存分、直子を虐めてもらおう、っていう会をセッティングしたんです」
 なんだか誤解されまくりそうなご説明で、お話をまとめにかかるお姉さま。

「そんな経緯だったの。だから絵理奈さんが鞭をお持ちになっているのね」
 おそらく誤解されたまま、ご納得顔のさーこママさま。

「ごめんなさいね、わたしがしゃしゃり出てきて、愉しいお仕置きを中断させてしまったみたいね。どうぞそのままおつづけになって」
 さーこママさまが絵理奈さまに向けてニッコリ微笑まれた後、お姉さまに視線を戻されました。

「わたしも見物させてもらっていいかしら?こういうの、キライじゃないのよ、ボンデージとかエスエムとか」
「どうぞどうぞ、ごゆっくり愉しんでください。見慣れたスタッフ以外のゲストの視線が多いほど、露出狂直子は悦んで、普段以上に濡らすはずですから」
 おっしゃりながら傍らの椅子をさーこママさまに勧められるお姉さま。

「そういうことなら松井ちゃんも、空いたお皿リフトに乗せたら、こっちにいらっしゃい。一緒に見物させてもらいなさいな。こういうの、めったに見れないから後学のために」
「あ、はいっ!」
 おやさしいさーこママさまのお言葉に、嬉しそうな松井さまのお返事。

「そう言えば、今までに下のお客様で、そこのおトイレを使ったかた、いらっしゃったのですか?」
 ほのかさまが、ふと気づいた、みたいに、さーこママさまにお尋ねになりました。

「たまほのちゃんのご質問は、今まで誰かが二階に上がってきたのか?っていう意味よね?」
「ああ、なるほど。誰か下のお客さんがトイレに上がってきて、この直子ちゃんを視ちゃったら、ひと騒動起こるんじゃないか、っていうことね?」
 
 おっしゃってから、さーこママさまは、しばし顎を少し上げて考えるポーズ。

「何人か上がったように思うけれど、戻ってきたときに驚いたり騒いでいたお客さんはいなかったわね」
 さーこママさまのお答えに、ホッとする私。

「でも、今いるお客さんは常連ばかりだし、下ネタも嫌いじゃない人ばかりだから、喜んでノッてきて、見物に加わると思うわよ」
 さーこママさまの屈託ない笑顔。

 階段を上がりきってすぐ左に折れればおトイレ、右へ一歩踏み出して柱の陰から覗き込むと、このお部屋が見渡せます。
 そのお部屋のほぼ中央で、両脚のあいだにロープを食い込ませ、窓辺に向かって後ろ手錠で立ち尽くしている私。

 周りをみなさまが取り囲んではいるものの、ロープと手錠と剥き出しのお尻とで、一見して異様な雰囲気には気づいちゃうことでしょう。
 見物人が増えるということは、それだけこの界隈、私の生活圏で私のヘンタイ性癖をご存知な人物が増え、日常生活で遭遇しちゃう確率も増えるということ・・・
 どうかこの綱渡りが終わるまで、どなたもおトイレに来られませんように、とお祈りせずにはいられません。
 
 散らばっていたみなさまの視線が、再び私に集中していました。

 私は、ライトグリーンの小山がちんまり乗った結び目のコブの前で、おあずけを食らっていました。
 イキ果てる寸前にまで昂ぶっていた全身の官能は、おあずけのあいだに幾分鎮まっていました。
 でも、みなさまの視線が自分に戻り、目前のコブを通過しなくてはいけない、と思った途端、尿意にも似た疼きが下半身から全身へ、ジワジワ広がり始めます。

「それじゃあ再開するわ。まだロープ半分しか来てないわよ?ママさんも松井さんもお仕事中断してわざわざ視てくださっているのだから、がんばりなさいっ!」
 最後の、なさいっ!、という絵理奈さまの励ましとともに、バラ鞭が左の尻たぶに思い切りよく振り下ろされました。

 パシンッ!
 強烈な一発。
 絵理奈さまも待ちくたびれてうずうずされていたのでしょう、以前にも増してノリノリなドSっぷり。

「ひゃぅっ!」
 洗濯バサミのおかげで機能しない口腔の代わりに、喉の奥から吐息だけでお返事し、鞭を入れられた競馬のお馬さんのように、右足を大きく踏み出します。
 食い込みっ放しのロープがラビアを擦りつつ、大きく出っ張ったコブがまず恥丘を撫で上げます。

「あの縄の上の緑色のは、なあに?」
 さーこママさまのお声。
「うふふ、ワサビです。ワタシのアイデア」
 雅さまのお答え。

「あらあらー、プッシーにワサビまで、なすりつけちゃうんだ?悪いけどうちのは長野産天然モノだから、相当効くわよー」
 呆れたようなお声のさーこママさま。

 恥丘を撫ぜ擦りワサビをなすり付けてくるコブは、すぐに腫れ上がったクリトリスを潰し、洗濯バサミを揺すりながらラビアを抉じ開け、膣口の粘膜の中へと潜り込みました。

「ちょっとそこでストップ」
 絵理奈さまがバラ鞭で軽くお尻を叩いてのご命令。
 ちょうどコブが膣内にめり込んでいる状態のときでした。

「そこで腰を前後に10回振りなさい。結び目にあなたのいやらしいマゾマンコを擦り付ける感じでね。前、後、で一回よ」
 実際に絵理奈さまが、腰を前に突き出し、すかさず今度はお尻を後ろに突き出し、の動作をやってみせてくださいました。

「うわー、絵理奈っちの腰使い、卑猥ぃ」
 すかさずまぜかえすリンコさま。
 みなさまの笑い声。

「ワサビの付いた結び目に来たら、必ずこのダンスを10回くりかえすこと。ロープとワサビの陵辱をたっぷり下の口で味わいなさい」
 完全にエスモードに入られた絵理奈さま、リンコさまのおちゃらけにもまったく動じません。

「ただし、イクのは禁止ね。いくら気持ち良くてもがまんしなさい。イキそうになったらわたしに言いなさい。思いっきり鞭をくれてあげるから」
 
 そうおっしゃった絵理奈さまを頼もしげに見て、ニンマリとお顔を緩めて私を窺い見るお姉さま。
 相変わらず冷静にビデオカメラのレンズを向けつづけているミサさま。
 綾音さまも絵理奈さまのお見事な女王様ぶりに、ご満悦そうに目を細めていらっしゃいます。

「ほら、やりなさい」
 パシンとお尻に鞭をいただき、ぎこちなく腰を振り始めます。

 コブと縄の凸凹が両腿付け根の裂けめを満遍なく陵辱してきます。
 自分の溢れるばかりのおツユで、ゴツゴツザラザラなはずなのに、なめらかに滑るコブの、その乱暴な摩擦が気持ちいい。
 ロープと愛液と粘膜とが奏でる、クチュクチュクチュという卑猥な摩擦音が聞こえています。

 ワサビの洗礼は、擦り付けた当初はさして何も感じなかったのですが、腰を振ってコブを味わっているうちにジンジンと感じてきました。
 無数の細かい針に刺されたような、痛みと痒さがごちゃまぜになったようなもどかしい刺激が、クリトリスとラビアと粘膜から、やがて腰全体へとせり上がってきました。

 熱いような冷たいような、スースーするお薬を塗ったときみたいだけれど、それより何倍も強くてフクザツにヒリヒリする刺激。
 口から食べたとき鼻の奥にツーンと抜けていく、あの涙が滲んじゃうような痛みに似た刺激が、粘膜全体に行き渡る感じ。
 マゾマンコが奥から熱く疼き、どんどん高まってしまいます。

「みるみるうちにエロい顔になっていくわね」
「腰の振り方、どんどん早くなってない?まさしく、サカっちゃっているケモノね」
「あのまま放っといたら、勝手にイッちゃうんじゃない?」
 頭の中が白くなってきて、もはやどなたのお声かも聞き分けられません。

「いつまで腰振っているのよっ!」
 パシンッとお尻を鞭打たれ、一気に目の前が真っ白に。
「んーっ!!・・・んふぅ、ふぅ、ふぁー、ふぅーん・・・」
 内緒ですけれど、小さくイッちゃいました。

「腰振りダンスは10回でいいって言ったでしょ?さっさと進みなさい」
 絵理奈さまから、急き立てるようにお尻にバラ鞭を振るわれます。
「まさか、イッちゃったりしてないでしょうね?」
 よろよろ歩を進めながら、ブンブン左右に首を振る私。
 顎を汚しているヨダレが小さく飛び散ります。

 何も乗せていないコブをひとつ超え、次のワサビ付きコブへ。
 ワサビの刺激は長続きはしないようで、最初の腰振りの途中で消えていました。
 それを自覚した途端、より強いワサビの刺激を欲している自分がいました。

 次のコブには、さっきよりたくさんワサビが乗っています。
 まさに悦び勇んで、という感じで浅ましくその上に跨り、鞭をいただく前に腰を動かし始めていました。
「んふぅー、んっ、んっ、んーーっ・・・」

「直子のオマンコ、愛液、ダラダラー」
「それも白く濁ってネットリしてて、完全に本気汁になっちゃったね」
「直子が跨ってきたロープが、ナメクジの這った痕みたいにヌラヌラ光ってる」
「えっちなおツユでお店の床を汚さないように、っていう配慮で、あんなふうにジーパンを半脱ぎにさせて床まで垂れないようにしてくれたのね?さすが、ミャビちゃんの会社って気配り上手じゃない」

 最後に聞こえてきたのは、さーこママさまのお言葉でしょう。
 でもそんなことは、もうどうでもよくなっていました。
 私はグングン高まり、自分の腰の動きを止められません。

 そんなふうにして、内緒で小さくイッては、絵理奈さまの鞭で腰振りを止められながらよたよたとロープを進み、やがて、吊り下げられたロールパンまであと1メートルくらいのところまでたどり着きました。

 目前の大きな素通しガラス窓からは、街路を照らす外灯の光と、眼下の夜道を行く人影が肉眼でも判別出来るくらいに見えていました。
 夜になってガラス窓は、明るい室内を映し出す鏡のようにもなっています。
 私の正面の窓ガラスに、今の私の姿が映り込んていました。

 赤い首輪にはだけた胸元、剥き出しのおっぱい。
 膝までずり下げたジーンズで丸出しの下腹部。
 乳首とラビアに揺れる洗濯バサミ、無毛な陰裂に食い込んだ麻縄のコブ。
 舌にも洗濯バサミを挟まれ半開き、よだれまみれの口元。
 なのに、悦楽に酔い痴れたように眉間に深くシワを寄せた、淫らな煩悶顔

 お洒落なレストランの窓辺で性的な見世物にされ、イキ果てる寸前まで欲情している淫猥マゾ女の姿。

 その姿はお外の夜陰からも、まるでスポットライトに照らし出されるようにハッキリと見えてしまっていることでしょう。


三人のミストレス 10