2016年9月25日

オートクチュールのはずなのに 59

 楽屋に戻ると、すぐにマントを脱がされ、つづいて乳首の輪っかを緩められました。
「あふうっ」
 尖りきった乳首をぞんざいにつままれた上に血流の戻る痛さも加わり、昂りきった淫声がふしだらに漏れました。
 ゴージャスなチョーカーも外されましたが、一番下のチェーンに繋がる部分は、首周りもシルバーのチェーンつづきになっていて、そこだけチョ-カーと別物になっているようで、クリットに繋がったまま残されました。

 あれよあれよという間に、突起付きCストリングとクリットチェーン、それにミュールだけの丸裸にされていました。
 リンコさまが脇腹に両手をあて、学校の体育の先生みたいな姿勢で私の前に立ちました。

「ほら、もたもたしてて5時近くなったら、他の会場のお客様たちがフロアに溢れて、小夜ちんが思いっきり恥ずかしい思いをすることになるよ?」
 背後から、ほのかさまでしょうか、ペラペラのビニールみたいなのが肩に掛けられました。

「袖通して、ボタン留めて、急いで!」
 リンコさまの叱責声に両腕をもぞもぞ動かしました。
 駅の売店で売っているような乳白色で薄っすら透けているようなビニールの使い捨てレインコート。
 着終わると絵理奈さまのゲーノー人サングラスを渡されて、右手を掴まれました。

「さあ、行くよ」
「行くって、どこへですか?」
「どこへって、小夜ちんはこれでお役ご免。お疲れさん。だからお家に帰るのよ」
「お家に・・・私だけ、ですか?」

「そう。きょうのエロ過ぎモデル、夕張小夜は、お客様たちにはマボロシにしときたいの。だからアヤ姉たちが足止めのためにトークで時間を稼いでいる今のうちに、さっさと消えるの。お客様とエレベーターで鉢合わせ、なんてイヤでしょ?」
「それに、うちのスタッフの森下直子は、今日は家庭の事情で欠勤、っていうことになっているんだから、この後の商談会でナオコが登場するのおかしいでしょ?」
「大丈夫よ。お家まで車で送ってあげるから。お家でゆっくり、ショーのこと思い出しながら、存分に思い出しオナニーでも何でもするといいわ」

 からかうような笑みを浮かべておっしゃるリンコさまのお言葉で、つい数分前のランウェイでの快感がよみがえりました。
 ステージに出てから楽屋へ戻るまでの断片的な記憶がフラッシュバックのように現れては消えていきます。

 一歩進むたびに張りつめてはたわむシルバーチェーン。
 張りつめたときにクイッと上へ引っ張られるクリトリスへのもどかしい刺激。
 そのもどかしさに呼応して膣壁を震わせてくるCストリングの突起。
 何度も真っ白になりかける頭の中。
 ちゃんと歩かなきゃ、と快楽に溺れることを律する、ほんのひとかけらの理性。

 食い入るように私の顔とからだを見つめてくるお客様がたの視線。
 満足そうに嗜虐的な笑みを浮かべられたお姉さま、シーナさま、アンジェラさまのお顔。
 両脚をダラダラと滑り落ちつづける淫らなおツユの感触。
 スクリーンにアップで映し出された両乳首を紐で絞られた剥き出しのおっぱい。
 おっぱいが揺れるたびにユラユラ綺麗な波を作るドレープドレス。

 ステージ上で、夕張小夜でした、と大きなお声で紹介してくださった綾音部長さま。
 お声につづいて、みなさまお立ち上がりになり沸き起こった嵐のような大拍手。
 その喝采で今までになく激しく振動を始める股間のローター。
 ついに頭の中が真っ白になり、崩れ落ちるところをリンコさまの腕で抱きとめられた私。

 すべてが夢の中の出来事のようでした。
 そしてまだ、その白昼夢から醒め切れていないみたい。
 全身が快感の余韻に酔い痴れていました。

「ほら、行くよ。さっきも言ったけど、今ならフロアに誰も居ないと思うから」
 リンコさまに強く手を引かれ、出口のドアまでつんのめりました。

「たまほの、あとは頼んだよ。商談会の最中には戻れると思うから」
「はい。お気をつけていってらっしゃい」
「うん」
 ドアを開けてフロアの廊下に出ました。

 フロアは、相変わらず眠たげなストリングスミュージックの低いBGMが流れている以外、しんと静まり返っていました。
 ドアの横に、私をここまで運んで来たダンボール箱と台車が折りたたまれ、壁に立てかけてありました。

「あっ、雨やんだみたい」
 独り言のようにおっしゃったリンコさまにつられて窓を見ると、大きな白い雲の合間に青空が覗いていました。
 まだお外はこんなに明るかったんだ。
 そうよね、5時前っておっしゃっていたし、夏至を過ぎたばっかりだものね。

 そんなことをのんきに考えながらもう一度窓を見て、ビクンッと焦りました。
 お外が見える窓ガラスにうっすら映った自分の姿に。

 素肌の上にペラペラのビニールレインコート一枚の私。
 乳白色のビニール地は曇ってはいるのですが、やっぱりうっすら透けていました。
 からだの中でとくに色の濃いところ、つまりふたつの乳首と股間のCストリングの赤は、それが何なのか職別出来るくらいには透けていました。
 更に、丈が腿の半分くらいまでは来ているのですが、最後のボタンが恥丘の上くらいのところなので、腿が裾を蹴ると前が割れて太腿が付け根まで丸見えになりそうでした。

 まさかこんな格好で、ショッピングモールやお外のスーパーマーケット前をまた、歩かされるのかしら・・・
 夢見心地な気分が急激にフェイドアウトしていくにつれ、代わりに日常に戻ったという現実感と片隅に追いやられていた理性が働き始めていました。
 恥ずかしい、と思う気持ちが膨らむほど、さっきまでのイベント会場での恥辱的なあれこれを、たまらなく愛おしく懐かしく感じ始めていました。

 そんな私の葛藤などおかまいなしに、リンコさまは私の右手を引いて無言でズンズン歩いていました。
 廊下を過ぎてフロアの中央付近まで出ても、お言葉通り人っ子一人見当たりませんでした。
 どの会場のドアもピッタリ閉じられたまま。
 私とリンコさまのヒールの音だけ、カツカツとやけに大きく響きました。

「ふー。計画通り、誰にも視られずに脱出できそう」
 あと少しでエレベーターホール、とういうところまで来てリンコさまが振り返り、お声をかけてきました。
「あ、そうですね」
「ひとりふたりは覚悟してたけど、今のナオコの格好だって、一般常識的にかなりエロい・・・」

 歩調を緩めずに歩いていたリンコさまがエレベーターホールへの角を曲がってすぐ、おしゃべりと足が同時にピタッと止まりました。

 振り向いて、私に向かって唇に人差し指を1本立て、シーッのポーズ。
 繋いでいた手を解き、ヒソヒソ声で、モデルウォーク、と耳元にささやかれました。

 それからカツカツとおひとりでエレベーターホールのほうへ歩き出されたリンコさま。
 私も少し間を置いて、モデルウォークで後につづきます。
 久々のチェーンがクリットを引っ張る刺激に顔が歪みそう。

 エレベータードアの前では、見るからにOLさんという感じなお揃いのグレイのベストの制服を着た女性おふたりがエレベーターを待っていらっしゃいました。
 リンコさまは、そのOLさんたちから5メートルくらい離れたところで立ち止まり、OLさんたちに一度会釈をして、澄ましたお顔でエレベーター待ちの状態に入られました。
 OLさんたちも会釈を返してくださったので、私も会釈して、リンコさまの脇に立ちました。

 OLさんたちがこちらをチラチラ窺い視ているのがわかります。
 おふたりとも20代半ばくらいの髪を濃い目の茶に染めた今どきOLさん風。
 おひとりはキレイ系、もうひとりは可愛い系で仲良さそう。
 可愛い系のかたが社名の入った大きなバインダーをお持ちになっているので、今このフロアの別の会場でイベントか会議をやってらっしゃる会社のかたなのかな。

 おふたりは好奇の瞳でこちらを盗み視つつ、ときどきヒソヒソお話されています。
 タレント?モデルさん?ファッションショー、エロい、といった単語が途切れ途切れに聞こえてきました。
 何をおしゃっているのかすっごく気になりながらの居心地悪い時間が流れ、やっとエレベーターがやって来ました。

 空のエレベーターにOLさんたちが先に乗り込み、階数パネルの脇に陣取って、開、のボタンを押してくださっています。
 リンコさまと私は会釈をしつつ奥へ。

「何階ですか?」
 可愛い系のOLさんが可愛らしいお声で尋ねてくださいました。
「あっ、恐れ入ります。地下3階をお願いします。ありがとうございます」
 
 リンコさまがバカ丁寧に答えると、OLさんは1FとB3のボタンを押しました。
 そっか、駐車場はこのビルの地下なんだ。
 この格好でショッピングモールやお外を歩くことは回避されたようで、ホッとするような、ちょっぴり残念なような。

 奥に乗り込んだ私は、OLさんたちに背中を向けるために、必然的に正面奥に貼られた大きな鏡と向き合う形になりました。
 綺麗に磨かれた鏡には、私の破廉恥な姿がクッキリと映し出されていました。

 乳白色のビニールの下にうっすらと透ける私のボディライン。
 バストの頂点二箇所で目立つ薄紅色の乳輪と突起。
 両脚の付根を逆三角形に狭く隠す赤いCストリング。
 首から股間へと一着線に走る不自然なシルバーチェーン。
 誰が視ても、レインコートの下にはそれしか身に着けていないことが明白でした。
 セミロングボブのウイッグとタレントサングラスで素顔が窺い知れないことがせめてもの慰め。
 さっき、この格好でお外を歩けないのがちょっぴり残念と思った気持ちを、全面的に取り消しました。

 OLさんたちは、私が背を向けているのをいいことに、薄いビニール一枚越しの私の剥き出しなお尻をジロジロ眺めているのが鏡越しにわかりました。
 ひょっとすると、お尻の穴にまで何か挿入されているのもわかっちゃうかも。
 時々する上を見上げる仕草で、鏡に映った私の正面を、天井隅の凸面鏡で盗み視ているのもわかりました。
 リンコさまは、ツンとお澄まし顔で階数パネルをじっと視ていらっしゃました。

 恥ずかしさにどんどんからだが熱くなってくる中、頭の片隅ではショーでの極まりすぎた羞恥がもたらしてくれた快感がぶり返していました。
 私はモデルだから、こんな格好でもぜんぜん恥ずかしくないの。
 さあ、視て、じっくり視て、私のからだ・・・
 この状況でそんなふうに思っている自分自身に驚きました。

 ポーンという音がして一階に着きました。
 ドアが開くと、そこには10人くらいの見知らぬ人たちが待ち構えていました。
 大半はスーツ姿の男性たち、それに着飾ったおばさまがたが少々。
 ああん、いやんっ。
 来るときも通った見慣れた景色とも相俟って、白昼夢気分が掻き消え、一気に現実に引き戻されました。

 OLさんたちが降りると、我先にと乗り込んできたひとりのおばさま。
「まだ下に行きますよ?」
 やんわりと追い出して、閉、を押すグッジョブなリンコさま。
 扉が閉まる寸前に、露出狂か?と誰かに問うような男性のお声が聞こえた気がしました。
 ふたりきりになって更に下降をつづけるエレベーター。

「危機一髪だったみたいね。そろそろ他の会場で入れ替え時間だから」
 リンコさまがやっと、愉快そうにお口を開かれました。

「もう一本遅れていたら、フロアに今のサラリーマンたちがごちゃごちゃいたはずだから、ナオコのからだは、さっきのOLさんたちとは全く質の違うオトコどもの好色な視線の餌食になってたはず」
「もっとも、さっきのOLさんたちだって、自分たちのオフィスで、さっきエレベーターにスケスケの露出狂女が乗ってた、って言いふらすでしょうけどね」
 ニヤニヤ笑いのからかい口調。

 エレベーターのドアが開くと、今度は誰もいませんでした。
 明るいエレベーターホールを抜けると、冷たそうに静まり返ったコンクリートの広い駐車場。
 その薄暗さが妙に心地よく、ホッと息をつきました。

 幸い駐車場内にも誰もいないようでシンと静まり返った中、カンカンカンとリンコさまと私がヒールの音を響かせて駐車場を進みます。
 壁際に見覚えのある青っぽい色の自動車。
 有名なサイダーのマークに似たエンブレムの、お姉さまの愛車でした。

「ナオコは後ろね。ナオコが朝、持ってきたバッグとかも全部、もう積んであるから。脱がされたスーツもね」
 お姉さまのお車の両端のライトが電子音とともにピカッと光り、リンコさまが右側の後部座席を開けてくださいました。
 私が乗り込むのを見届けて、自らは運転席にお座りになるリンコさま。

「リンコさまが送ってくださるのですか?」
「うん。送り届けたら速攻で戻って、商談会やパーティ。まだまだ仕事は終わらないよ」
「そうですか・・・」
「パーティ、出たかった?」
「うう・・・微妙です、ね」
「だろうね。あんな格好をお客様に披露しちゃった後だしね」
 愉快そうに笑うリンコさま。

「連絡事項ね。そのチェーンとCストは、ナオコのものだから、私物として使っていいって。ナオコの穴の間隔に合わせた、まさにオートクチュールだしね。ただし、どちらもオフィスに置いておくこと」
「あ、では今、外したほうがいいのですか?」
「ううん。今日はいいの。今外されたら車のシートがベトベトになってクサくなっちゃうでしょ?」
「月曜日にオフィスに持ってきて、それからは着けるのもオフィス限定、っていうこと」
 私、今後これをオフィスで着けるようなこと、あるんだ・・・

「あ。それから、そのウイッグはチーフがしほりんから買い取ったから、それもナオコの私物にしていいってさ。これは別にプライベートでもご自由に」
「はい」
「それ、ほんと似合うよね。アタシ今度、そういう髪型のアニメキャラのコスプレ、作ってあげる。これがナオコに超合いそうなんだ」
 久々に見る、普段のリンコさまのオタクっぽい笑顔。

「あと、7時位にケータリングが届くから。パーティに出れないナオコのために、ご馳走のお裾分け」
「だから7時までに一段落しときなさいよ?オナニー真っ最中だったとか、お店の人にうちらまで笑われちゃうから」
 あはは、って屈託ない笑い声。

「それで月曜は朝9時集合で、イベントの反省会議してから通常業務に戻るから。いつもより早いけど遅れずに来ること」
「はい」
 そこでお話が途切れ、しばし沈黙。

 それでもリンコさまは、お車を発進させません。
 誰か待っているのかしら?
 あ、ひょっとしたらお姉さまが・・・

 お尋ねしようと思ったとき、リンコさまがお声をあげました。
「ああ、来た来た」
 ルームミラーで後方を覗かれていたのでしょう、ドアのロックが外される音が微かにしました。
 私はあえて窓から覗かず、ドキドキ。

 カタッと軽い音がして左側の後部座席のドアが開きました。
「お待たせー」
 お声と共に乗り込んで来られたのはシーナさま。
 その意外なお顔にびっくりと一緒にちょっとがっかり。

「あ、今ナオコ、あからさまにがっかりしたー。チーフじゃないかって期待してた?」
 すかさずツッコんでくるリンコさま。
「あ、いえ、そんなことは・・・」
 図星を突かれてうろたえる私。
「あら、せっかくクリュッグロゼの誘惑を振り切って抜け出してきてあげたのに、ずいぶんなご挨拶ねえ」
 いつも通りなシーナさま。

「それにしても今日の直子さん、すごかったー。あ、そうか、直子さんじゃなくて、何だっけ?えっと帯広サトコさん?」
 シーナさまがズズっとお尻を滑らせて私に寄り添い、私を視つめて勢い込んでトンチンカンなことをおっしゃってきました。
「帯広じゃなくて夕張です。夕張小夜さん」
 すかさずリンコさまがツッコミました。

「そう。その夕張さんが出てきたとき、わたし、あれ?って思ったんだ。このからだには見覚えあるな、って」
「それで暗くなってヌードが見えたとき、確信したの。絶対直子さんだって」
「それで、直子さんだって思いながら視ていたら、どんどんワクワクしてきちゃって」
 シーナさまにしては珍しく、ちょっと興奮気味の口調でたたみかけてきました。

「直子さんたら、あんなにキワドイ衣装取っ換え引っ換え着せられちゃって、内心恥ずかしくて仕方ないクセに、一生懸命ツンと取り澄ました顔して歩いているんですもの」
「もうマゾオーラ全開。そっと忍び寄って、ウイッグひっぺがしてやろうか、って思うくらいムラムラしちゃった」
「最後のほうでは、完全に歩きながらイッちゃっているし、本当、ヘンタイマゾ女として一皮も二皮も剥けちゃった、っていう感じ」
 
 シーナさまの指がビニールレインコートの上から、私のまだ尖りつづけている左乳首をピンと弾きました。
「あうっ」

「やっぱり、今だにサカっているのね?わたしの見た感じではショーのあいだにお客さんの前で5、6回はイッてるように見えたけれど」
「楽屋でも2、3回、イッてましたよ」
 リンコさまがお口を挟みます。

「でしょ?なのにまだこんなにサカっちゃっているドヘンタイマゾ女。それでね、考えたんだって、このまま直子さんをひとりで家に帰したら危険だって。直子さんのお姉さまが」
 おっしゃってから、私の顔をじっと覗き込むように見つめてくるシーナさま。

「さすが直子さんのお姉さまね?性癖をよくご存知でいらっしゃること。それでエミリーに頼まれたのよ、明日まで直子の面倒を見てくれって」
「エミリーは社長さんだから、この後も商談会だ、パーティだってお客さんたちのご機嫌伺いで大変なのよ。地方から出てきたお得意さんたちに連れ回されて、おやすみなさいは明け方になるのじゃないかしら」
「わたしは、クリュッグロゼは飲みたかったし、アンジーたちとゆっくりおしゃべりもしたかったけれど、大人数のパーティは苦手でさ。直子さん虐めるの久しぶりだし、二つ返事で引き受けちゃった」

「エミリー、すごく心配していたわよ?直子をひとりにしておいてムラムラが極まって、あられもない格好で週末の夜の街をフラフラされたりしたら取り返しがつかないから、見張っていてくれって」
「その代わり、今夜は直子さんに何してもかまわないとまで、言ってくれたの。たぶん今の直子は、激しく虐められることを望んでいるはずだからって。そうなの?」
 私の顔を覗き込んでくるシーナさま。

 確かに今の私は、誰かにめちゃくちゃに虐めて欲しい気持ちでした。
 麻縄でギチギチに縛られて、身動きの出来ない格好でマゾマンコをぐちゃぐちゃに掻き回されたい・・・
 熱い蝋をおっぱいにダラダラ垂らされて、お浣腸を我慢して、お尻にバチバチ鞭打たれて・・・

 たくさんの人たちの前であんなに破廉恥な姿をさらけ出してしまったどうしようもないヘンタイマゾ女には、そのくらいのお仕置きは当然でした。
 もちろん、出来ればお姉さまの手で、それらをしていただきたいのですが・・・
 シーナさまに言葉でお返事する代わりに、コクリと一回うなずいて、すがるように見つめました。

「部下思いのいい上司じゃない?直子さんのお姉さまは。それにドレイ思いのいいご主人様でもあるし」
 シーナさまがしんみりとおっしゃいました。
「エミリーは、明日の夕方には直子さんのお家に駆けつけるそうよ。よかったわね直子さん、いいパートナーとめぐり逢えて」
「はい・・・」
 私もなんだかしんみりしてしまい、視界がちょっぴりぼやけそう。

「おーけー。それじゃあ直子、今夜はわたしがエミリーの代わりだから。帰ったらまず何して欲しい?」
「あ、はい、M字開脚で両手両足動かせないように縛られて床に転がされて、鞭でバシバシお尻を叩かれたいです」
「わかったわ。やってあげる、覚悟しなさい、小生意気な夕張さん?」
 おっしゃると同時に、私の首からたわんで垂れていたシルバーチェーンをグイッと上へ引っ張ったシーナさま。
「あうっぅー!!」
 クリトリスが千切れそうなほど引っ張られ、膣の中でローターが大暴れ。

「あははは」
 乾いたお声で愉快そうに笑われたリンコさまがブルンとエンジンを掛け、キュルキュルキュルとタイヤを鳴らして、3人を乗せたお姉さまの愛車が薄暗い駐車場をゆっくり滑り出しました。

 そんなふうにして、降って沸いたような私のヘンタイ性癖お披露目イベントショーモデル体験は、幕を閉じたのでした。


非日常の王国で 01


0 件のコメント:

コメントを投稿